フィリピン親子留学での賢いエージェントの選び方と活用方法

留学エージェント
フィリピン親子留学をきっかけに、子育てを楽しめるようになったモモシロ(@totovito)です。
 

親子で語学留学をしようと決心したとき、最初に必要なのはどのような手続きで、どのようにして手配すれば良いのでしょうか。

留学の申込み方法としては希望の語学学校に直接申し込む方法と、いわゆる「留学エージェント」経由で申し込む方法があります。

その前段階の留学先学校の決定に当たって、留学エージェントをうまく活用し、希望を叶える留学先を見つけることが重要です。

私は留学を決めるに当たってたくさんのエージェントを調べた上で、数社に問い合わせをしました。

エージェントとやりとりをする中で、直接申込みではなくエージェント経由での申込みが何かと便利だと判断しました。

モモシロ
私のおすすめは留学エージェントを利用した語学学校の決定や申込みです。

留学エージェントって何?

留学エージェントは、旅行代理店の留学バージョンと考えると分かりやすいかもしれません。

留学エージェントは、留学先の決定と手配に関する代行を行います。

留学先決定に関して、カウンセリングを行ったり、留学全般に関するアドバイスやサポートをしてもらえます。

  • 留学を希望する人に対して、複数の語学学校を紹介や仲介をしてくれます。
    (ただし、航空券の取得や保険の加入などは各自で手配するのが一般的です。また添乗員などの引率はありません。)
  • 多くの会社(留学エージェント)は、日本にオフィスを、対面でのカウンセリングや説明会を開催しています。
  • フィリピン留学に関しては、仲介手数料を取るケースは少なく、直接申込みでもエージェント経由でも、料金上の差がないところがほとんどのようです。

 

留学エージェント経由で留学を手配するメリットとデメリット

実際にいくつかのエージェントに問い合わせをしたり、説明会に出席したりカウンセリングを受けましたが、そこで感じたメリットとデメリットをお伝えします。

留学エージェントのメリット

  • 留学全般に関する疑問や不安点についても相談に乗ってくれる
  • たくさんの語学学校の中から、希望にあった学校をいくつか提案してくれる
  • 学校側との間に入ってくれるため、不満や要望を伝えやすい
  • 日本語でやりとりできる
    (語学学校に日本人担当者がいる場合は、直接問い合わせる場合でも日本語で問題ありません。日本人の生徒が多い大手の学校は大抵日本人担当者が在籍しています。)
  • 複数の語学学校を比較した上での客観的な意見を聞くことができる
  • 送金代行を行ってくれるため、入金手続きがスムーズ
モモシロ

「Aの学校とBの学校で迷っています。」

「Cの学校の●●なところが引っかかるんですよね」

「○○については生徒さんはなんと言ってますか?」

という学校には聞きにくいことも気軽に質問できます。

留学エージェントのデメリット

  • 問い合わせに対して語学学校に確認してから回答するなど、回答までに時間がかかったり、質問を右から左に流すだけになってしまうことがある
  • 扱っている語学学校について詳しくない場合、詳しいことがわからないことがある
  • 学校側の情報(制度の変更など)が伝わっていない場合があり、情報が古かったり間違った情報を教えられる可能性がある
  • エージェント側の利益の高い学校を推薦されたり、バイアスがかかった主観を伝えられることがある
  • エージェントに登録していない語学学校や取引のない語学学校は、必然的に選択肢から漏れてしまう
モモシロ

実際に私も、「聞きたかったのはそういうことじゃないんだけど~」と対応に歯がゆい思いをしたことがありました

逆に、「もう絶対ここの学校!」と決まっている場合は、あえてエージェント経由で申し込む必要はないかもしれないですね。

親子留学に適したエージェントを選ぼう

「フィリピン留学」「親子留学」などのキーワードで検索すると、たくさんのエージェントがヒットします。

ここで気をつけなければいけないのは、大手や評判の良いエージェントに申し込めば安心というわけではないことです。

大人だけでの単身留学で定評があるエージェントでも、子連れでの親子留学については知識や実績がない場合もあるためです。

なんと、「フィリピン親子留学」を専門に扱っているエージェントもあるんです。

そのようなエージェントは多数の親子をフィリピンに送り出しているため、話しも通じやすく親子留学に適した学校を取り扱っていますのでおすすめです。

また、私が問い合わせをしたところでは、対応してくれた担当者が小さな子供がいるお母さんで、自身もお子さんを連れて親子留学をされた経験があるというケースが多かったです。

そういう担当者であると、子連れ特有の不安についてもよく理解していて話が通じやすく、非常に安心感がありました。

ご自身の経験から、持ち物や飛行機移動についてのアドバイスもしてもらうことができました。

それ以外に、信頼できると思えるエージェントのチェックポイントは次の5点です。

  1. 親子留学先紹介の実績がある
  2. ネガティブな面についても伝えてくれる
  3. 現地の学校に頻繁に視察に行っている(各学校と深く連携し、関係を築いている)
  4. 取引する語学学校を厳選している(広く浅くではなく、選りすぐった学校を扱っている)
  5. 親子留学の事情に精通しており、親身になってくれる、気軽に相談できる

資料請求や問い合わせをして、エージェントの対応に不安を感じるようでしたら他のエージェントに切り替えても構いません。

複数のエージェントにコンタクトして、同じ質問をしてみるのもひとつの方法です。

留学エージェントを有効活用しよう

出発前の英会話レッスンや、帰国後のキャリア相談、格安チケット情報の提供など、各エージェントで独自のサービスを提供している場合もあるので、自分にメリットのあるエージェントを探してみてください。

なんと言っても申し込むまでは無料ですので、遠慮することなくいろいろと質問をして情報をもらい、不明点は必ず明確にしておきましょう。

エージェントを上手に利用することで、フィリピン親子留学をより充実させ、満足度の高いものにすることができますよ。