【Deti親子留学体験記】海が目の前!憧れのリゾート生活のスタート【4日目】

フィリピン親子留学をきっかけに、子育てを楽しめるようになったモモシロ(@totovito)です。
 

2歳と6歳の子供を連れて、2019年1月にフィリピンネグロス島の「サンボンギータ」の語学学校「DETi(デティ)」に2週間の親子留学をしました。

この記事は、その時の親子留学体験記です。

DETi親子留学4日目のまとめ
  • 学校の朝食は各自セルフスタイル、昼食はみんな一緒に、夕食はオプション
  • 昼食のお皿は子どもが自分で洗うルール♪
  • 午後は遊びクラス(スイミングもあり)
  • ベビーシッターさんはプールに入れられない
  • ビーチ沿いの夜のお散歩は最高♥

朝から元気な子供たち

目が覚めたら筋肉痛になってる。。。

昨日、飛行機に乗る前にあーすけを抱っこして走ったからだ…

子供は6時前に目を覚まし、外に行きたいと言うので1人で外に行かせました。

外と言っても学校敷地内で、窓から遊んでいる様子も見えるので安心です。

終始目を配っていなくてはいけない緊張感から解放されるので気楽です。

中庭

中庭

 

中にいても声が聞こえてくるし、様子がわかります。

東京のマンション暮らしだとこうは行かないですよね。

 

犬が三匹いるので興味津々で近づいたものの、りぃ子追いかけられていました。

仲良くなれるといいね。

犬

 

朝食は冷蔵庫から自分でパンを出して焼き、卵を使って調理して各自食べるスタイル。

昨日到着した新しい家族が何人かいるので、勝手がわからないですねーと言いつつなんとか準備して食べました。

私たちの滞在する部屋のある建物が共有ダイニングになっていて、ここで昼食や夕食は一緒に食べます。

ほかの家族は、同じ建物の上のフロアに一部屋(トイレ・バス専有で眺めのいいVIPルーム笑)、それから敷地内の別の建物の部屋に数組が滞在しています。

 

レッスン開始

ご飯を食べたらあーすけはシッターさんにお願いして、りぃ子はレッスンです。

あーすけははじめましてのシッターさんにも抵抗なく、素直にキッズルームへ行きました。

(日を追うごとにママママとぐずぐずになっていくのですが、、、)

 

私も今日からレッスン開始です。

今回は私は2コマだけにしてもらいました。

今日は1コマ目にオリエンテーションもあるので3コマ。

オリエンテーションでは、日本人スタッフの方の説明や施設の案内をしてもらいました。

ここで、ボホールで忘れたiPadを回収!

ボホールのホテルから送ってもらって、預かってもらっていたのです。

よかった~助かりました!

教室 教室

大人のレッスンやイベントが行われる教室

オリエンテーション後のレッスンは、フリートークとディスカッションのクラスでした。

ディスカッションはグループレッスンだったみたいだけど、一緒に参加予定の生徒さんがキャンセルしたので結局マンツーマンになりました。

(その後、滞在中のレッスンはずっとマンツーマンでした。)

 

事前の申込書に翻訳者であることを書いたので英語がそれなりにできると見なされたらしく(全然そんなことはない)レベルチェックテストはなく、英語をがっつり勉強するより楽しく過ごしたいと書いたことも加味されたのか、レッスン自体は雑談ベースの楽しい内容でした。

前回のKredo KidsではPC画面に表示されたテキストに沿って進められましたが、今回は先生があんちょこのようなプリントを持っていて、それに沿って進められる感じでした。

 

ランチタイム

3コマ終了後にダイニングでみんなで昼食。

お昼ご飯はダイニングで専属シェフが用意してくれた大皿のお料理を、みんなで食べます。

お昼ご飯 お昼ご飯

そして、いいなと思ったのは食後に子供が自分が食べたお皿を自分で洗うことになっていること。

お皿洗い

お皿洗い中の子供達

日本では日々忙しくて、お手伝いをしてもらう時間も惜しくささっと私がやっちゃうんです。

というか基本食洗機だしね。

あーすけも初めてお皿洗いをしました。

 

ここでこういう経験をさせてあげられるのはいいですね。

 

昼食後の2コマは遊びタイム

お昼休み後はりぃ子は2コマ(遊び)、あーすけは引き続きシッターさん。

私はその間部屋で事務作業をしたり、敷地内をぐるっとお散歩しました。

海

学校の目の前は海です!

 

こうやって自分の時間が持てるのがありがたい!

本を読んだり日本でできなかったことをする時間にあてよう!

 

りぃ子の最後のレッスンはスイミングでした(スイミングレッスンという一応レッスンだけど、遊びのようなクラス)。

プールで遊ぶ楽しそうな声が部屋にも聞こえてきました。

プール

プールタイム

先生はスイミングの講習を受けているそうだけど、シッターさんだけでは子供をプールに入れられないそうなんですね。

あーすけがプールで遊ぶには、私が入れてあげないといけません。

プールサイドにあーすけがいなかったので探しに行ったら、赤ちゃんと2人でキッズルームにシッターさんといました。

1人だけプールで遊べないのはかわいそうに思い、急遽着替えてプールに合流しました。

 

他の子たちが遊んでいる横で、私にぎゅっとしがみついて離れないあーすけ。

プール久しぶりだったからか、足が着かないところが怖いみたいで、ずっと抱っこです。

こんなんで海でのシュノーケリングは大丈夫かな、とちょっと不安になりました。

 

それに、私が毎回プールに入れてあげなくちゃいけないのも大変です。

プールで遊ばせてあげたいけど、毎回は付き合えないし。。。

スイミングの時間だけあーすけも追加で先生をお願いできないかスタッフの方に相談してみようと思います。

 

夕食タイムにぐずぐずになる

お昼寝を拒否していたあーすけも、さすがにプール後にガクンと就寝。

お昼寝を始めたのですが5時という中途半端な時間になってしまいました。

りぃ子も疲れたようで一緒に寝落ち。

昨日学校に着いたばかりだから、疲れるよね。

2人とも6時の夕食時間になっても起きず、無理やし起こしたらあーすけは大泣き。

泣いて泣いてみんなとご飯を食べられず、落ち着かせてしばらくしたら離れたソファの席で食べさせました。

とりあえず月曜日と火曜日はオプションで夕食をお願いしてたけど、時間が決まっているとこういうことがあるのね。

共同生活。

子供のペースに合わせられないのはちょっと大変なときもありますね。

とにかくあーすけは午後お昼寝させないと夜まで持たないことがわかりました。

 

夕食後のお散歩

夕食を食べたら子供達もそれなりに元気になってきたので、少しだけ敷地内をお散歩しました。

学校で飼っている大きなジャーマンシェパードの餌やりを手伝わせてもらいましたが、りぃ子は怖がって部屋に戻ってしまいました。

あーすけはまったく怖がらず。

こんなに犬が好きだったなんて知りませんでした。

 

その後、3人で学校の周りをぐるっとパトロール。

目の前の海の波の音が心地よく、田舎に来たんだなあと実感しました。

そしてやはり、田舎に来ると星が綺麗です。

このフィリピンの綺麗な星空を子供達に見せてあげたかったんです。

セブは夜景は綺麗だったけど、星はあまり見えなかったからね。

私の夢が1つ叶いました。