こんにちは、モモシロ(@totovito)です。

2歳と6歳の子供を連れて、2019年1月にフィリピンネグロス島の「サンボンギータ」の語学学校「DETi」に2週間の親子留学をしました。

この記事は、その時の親子留学体験記です。

DETi親子留学6日目のまとめ
  • ニンニク料理に注意!
  • 水曜日はミッションデーで学校の外へ
  • 大人のクッキングクラスはかなり楽しい!
  • ベビーシッターの子も先生をつけてプールに入れることは可能
  • 隣のホテル(Kav’s Resort Hotel)は、のんびり過ごすのに最適

ニンニク恐るべし

遂に体調を崩しました、私が。

子ども達は元気です。

実はおとといの夜くらいから頭が痛かったんですよね。

軽い日射病かもしれません。

薬を飲んでも良くならないし。

 

それに加えて明け方からムカムカも始まりました。

昨晩の餃子、ニンニクが生で子どもの残した分も食べたから胃に負担がかかってるのかも。

疲れが溜まってきているのと重なって体調悪し。

 

日本から持ってきたムカムカの薬を飲んで少し良くなりましたが、1コマ目のフリートークのクラスは休むことにしました。

自分の部屋で横になっていたら少し楽になりました。

 

りぃ子ミッションデーでマーケットへ

りぃ子は今日の午前中は「ミッションデー」です。

DETiでは毎週水曜日は、学校の外に出かけて地元の体験をする日になっていて、朝から地元のマラタパイマーケットへ出掛けていきました。

水曜日は市場があるんですって。

家畜の売買も行われていたり面白そう。

出発前、先生に「これはあなたのお金だからね」と、お財布に入れた少額のお金を渡されて、首にかけました。

私は市場には行かないので、デジカメを私写真をたくさんとってきてね~とお願いして送り出しました。

 

私のクッキングクラス

私の2コマ目はクッキングクラスです。

キッチンで毎食ご飯を作ってくれているシェフがフィリピン料理を教えてくれます。

私は「Talogue with minced pork」を作りました。

お料理の手順

最初に材料の説明

 

タロゲは日本のもやしのようなもの。

野菜

材料のお野菜。彩りを考えた組み合わせにしたそう。

 

タロゲ(いわゆるモヤシ)。日本のより小さくて細いですが先生が全部ひげを取ってくれました。

シェフと一緒にお野菜を切りながらお話しをして、フィリピン料理について教えてもらいました。

しかし、ここでもニンニク登場。

体調イマイチだったのでにおいが若干きつかったですが何とかクリア、、、

カット済み野菜

切りました。

 

お野菜を切ったらお鍋で炒めます。

まずはニンニク、そしてお肉(今回は豚肉)、その後他のお野菜、そして最後にモヤシです。

お料理中

炒めます

 

私も手伝いながら味付けなどはシェフが行い完成しました。

できあがり

できあがり♪

 

日本のモヤシより細くて小さいため、ひげ取りは大変そうですが(私は最初ちょっとだけやって残りは先生が・・・)、

シャキシャキしておいしかったです。

どっちかっていうとアルファルファ的な歯ごたえ。

 

ポイントは次のとおり。

  • 味付けは塩、醤油とシンプル。化学調味料は使用しないのでヘルシー。
  • タロゲのシャキシャキ感を残すため、あまり炒めすぎない。フタをして余熱で蒸らすと野菜のうまみアップ!

 

シェフのこだわりで化学調味料はできるだけ控えているそうです。

シンプルな味付けで簡単にできるので、日本でも作ってみようと思います。

ポークじゃなくてもアレンジが効くし、スープに入れたり、麺とあえたり、ご飯と一緒に丼物にしたり、応用できるんだそう。

 

すごーく楽しいレッスンでした。

このレッスンに備えるために1コマ目休んで体調を整えておいて良かった。

このメニューは昼食のときにみんなに出されました。

 

お昼ご飯

作ったお料理はこの日のお昼として出されました。

 

りぃ子のマラタパイマーケットの意外な感想

市場に行っていたりぃ子も帰ってきました。

もらったお金で自分でおもちゃを買ったと嬉しそうに見せてくれました。

市場では家畜も売っていたみたいで、臭かった~と。。。

そういうのも貴重な経験だよね。

 

食卓に並ぶ食材がどのように売られて自分たちの目の前に届くのか。

日本ではさせられない経験で非常にありがたいです。

そして、あまり期待していなかったのに、結構写真を撮ってくれていました。

「だってママ、ブログでお金が入ったら、りぃ子にいろいろ買ってくれると思ったからがんばってたくさん撮ってきたよ」と。。。

そ、そうか、ありがとう。

こちらが取ってきてくれた写真です。

    

「Orange」とか「Apple」とか単語が書かれた紙は、先生が持参したものを置いたみたい。

こうやって単語を覚えるんだね。

 

バナナキューというお砂糖をまぶした串に刺した揚げバナナを買ったそう。

 

ライブストック(家畜の売買がされているところ)への入場のスタンプ

 

レチョンという豚の丸焼き。

フィリピンではお祝いの時に食べます。

ちょっと味見させてもらったらとってもおいしかったそう。

 

おもちゃやさん。

りぃ子はここでオモチャを買ってきました。

 

これね、40ペソ(90円くらい)だったそうです。

写真たくさんありがとう笑

とっても楽しそうだったから、私も一緒に行きたかったな。

 

あーすけスイミングレッスンのために昼寝

今日の午後もスイミングクラスがあります。

あーすけもプールに入れたいので、事前にお願いしてプールの時間のみあーすけにも先生をつけてもらい、プールに入れてもらうことにしました。

なのでその前にお昼寝は絶対させたい!

お昼ご飯を食べさせた後にあーすけを説得し、プール入るならお昼寝しようね、と説得を試みたのですが、犬と遊びたくて仕方ない。

だいぶ苦戦しましたがなんとかプールクラスの1時間前に就寝。

 

ホテルで1人時間

あとはシッターさんに託して、私は仕事のためにとなりのホテルにきました。

(今回は翻訳の仕事は完全にお休みしましたが、夫から頼まれている仕事やブログ作業を少々)

ここのレストランでまとまった作業をしようと思ったのですが、気持ちよすぎてやる気が出ず。。。

ぼーーーーと過ごしたあとに少し仕事をしました。

目の前が海で気持ちよすぎます。


こんな贅沢な時間がアイスティー65ペソで手に入ります( ̄∇ ̄)

のんびり過ごした後学校に戻ったら、スイミングクラスが終わったばかりでした。

あーすけは先生に浮き輪をひっぱってもらえて楽しめたみたいです。

よかった~。

 

ホテルで夕食

今日は学校の夕食を頼んでいないので、昼間に行ったホテルで3人で夕食を食べるつもりでいました。

ちゃんと事前に話していたのに、急にりぃ子が学校で食べると言い張って聞きません。

前もって頼んでいないとお料理の準備がないから食べられないよ、と説得を試みたのですがそれでもダメ。

1人でもいいから学校で食べると言うので、ダメ元で聞いてみたらりぃ子1人分なら何とかなると言ってくれたのでお願いすることにしました。

ホントに1人で大丈夫?と心配でしたが、これも成長の証なのかもしれないですね。

 

わたしとあーすけはビーチを歩いて隣のホテルへ。

日が沈みかけのビーチもいいね!

夕方のビーチ

ご飯を食べられるホテルがすぐ隣というのも、ビーチを突っ切って行けるというのも最高♪

 

ビーチ

景色が気持ちよすぎて思わずパノラマ撮影♥

 

こちらはホテルのレストランからのビーチの景色。

薄暗くなってきましたがそれもまたいい!

 

サンミゲルビール、飲んじゃいましたw

ほんのり良い気分♪

あーすけはマンゴージュースを一気飲み

マンゴージュース

とっても嬉しそうね。お姉ちゃんも来れば良かったのにね。

 

お食事はおすすめのフライドチキンとハンバーガーを頼みました。

フライドチキン
ハンバーガー

ハンバーガーはかなり巨大でした。

 

たまには2人でのお食事もいいなあなんて思っていたのもつかの間。。。

 

頼んだハンバーガーを小さくカットしようとしたらそのまま食べると言い張り、でもあーすけの口には大きすぎてどんどん崩れていくバーガー。

途中まで食べてグチャグチャになりましたが、それでもバラバラにするなと主張したので困りました。

 

そのうち天井にヤモリを見つけて怖い怖いと大騒ぎ。

バタバタした食事になってしまいました。

 

やっぱり子どもがいるとのんびりできないなあ。

でも頼んだハンバーガーもフライドチキンも、とてもおいしかったです。

全部で745ペソ(1700円くらい)でした。

 

学校に戻ったらりぃ子も他のご家族やスタッフの方と楽しく会話しながら食事していました。

なんだよ、この社交性・・・
見習いたいわ~。。。

 

そして娘がお世話になりました!