日本からフィリピン・セブへの行き方と飛行機情報

飛行機
フィリピン親子留学をきっかけに、子育てを楽しめるようになったモモシロ(@totovito)です。
 

この記事では日本からセブへの飛行機情報について書いています。

モモシロ
セブの良いところは日本から直行便があるところ!
フィリピンでの乗り換えなしで5時間程度で到着しますよ~
2018年7月に新しい国際線ターミナルがオープンしたばかりです!
飛行機

ANAのマイルでフィリピン航空の特典航空券を利用する際の注意点(失敗談あり)

2018年8月16日

 

 

日本→セブの飛行機情報

日本からセブへの直行便が出ている航空会社とフライトは次の通りです。

 

セブ→日本の飛行機情報

セブから日本に帰国する際の日本への復路の便はこちらです。

航空会社 便名 到着地 出発時間 到着時間 備考
フィリピン航空 PR 434 東京(成田) 08:00 13:25
PR 480 名古屋 09:10 14:20 曜日限定
PR 409 大阪(関西) 09:15 14:25
PR 436 東京(成田) 14:45(15:00) 20:30
セブパシフィック航空 5J 5062 東京(成田) 05:30 11:10 曜日限定

セブパシフィックは運行曜日や発着時間が頻繁に変わるので注意が必要です

 

セブ直行便の不便な点

 

直行便はあることにはあるのですが、日本<->マニラ便と比較すると航空会社も便数も少なめです。
LCC2社が成田、レガシーキャリア1社が成田、関空、名古屋からの直行便となっています。

 

JAL・ANA便がない

日本の航空会社からはセブ直行便は出ていません。

ANAはフィリピン航空とのコードシェア便を出しています。ただし、上記PRで始まる便名のフィリピン航空がメイン(機体等フィリピン航空のもの)となっています。

ANAとフィリピン航空は提携しています(スターアライアンスではない)ので、フィリピン航空に乗ってANAのマイルを溜めることはできます。

また、ANAでマイルを貯めている場合は、ANAのマイルでバニラエアとフィリピン航空の特典航空券を取得することができます。

モモシロ
ただし、バニラエアは必要マイル数が多いので、バニラエアにするならマイルを利用せず通常購入した方がいいように思います。

JALをメインでマイルを貯めている人には、マイル獲得という意味では直行便は絶望的です。

 

日本国内の搭乗地が東京(成田)・大阪(関空)・名古屋のみ

マニラ直行便であれば東京(成田・羽田)、大阪(関空)、福岡、札幌からも直行便が出ていますが、日本からセブへの直行便は成田・関空・名古屋の3箇所からのみです。

それ以外の空港からセブに行くには、日本国内で上記3つの空港に乗り換えるか、マニラに行ってから国際線に乗り換えるか、日本国外のどこかの空港からセブ便に乗り換えます。

 

乗り継ぎが必要な場合はどこで乗り換えるか

 

では、直行便を利用しない場合のセブへのアクセス方法にはどのようなものがあるでしょうか。

以下の3通りの方法が考えられます。

 

日本国内で乗り継ぎ

日本国内から成田・関空・名古屋のいずれかで乗り継ぐ方法が一番簡単で便利で安心です。

私はこの方法を一番にお薦めします。

 

マニラで乗り継ぎ

マニラ乗り換えも選択肢としてありますが、マニラ空港は4つのターミナルが非常に離れているために注意が必要です。

マニラで乗り換える場合は国際線と同じ航空会社にしないとターミナルが別になってしまう可能性があります。

慣れない場合は非常に難易度が高い乗り継ぎとなりますので、事前の綿密な調査と乗り換え時間に十分な余裕を持たせることが必要です。

 

フィリピン以外の国で乗り継ぎ

ちょっとマニアックな行き方として、フィリピン以外の海外の国を経由する方法があります。

たとえば、アシアナ航空を利用してソウルからセブに向かうなどです。

時間に余裕があれば経由地の国を観光してからセブに向かうというのも楽しめるかもしれません。

 

最適な便を探すには

 

時間や諸条件を細かく指定して、最適なルートを探すには、SkyscannertJetradarといった航空券検索サイトが便利です。

最適なルートと最安の販売サイトを検索してくれます。

そこから、航空会社のサイトで購入したり、Expediaなどの旅行サイト経由での購入が可能です。

どちらもWebサイトだけでなくスマホアプリが用意されていますので検索してみてください。

Jetradarに関してはスマホアプリの方が日本語対応しているので便利です。)



航空券を予約するには

 

予約したい日程とルートが決定したら、航空券検索サイトで見つかった最安サイトでそのまま購入する前に、念のため各航空会社の正規ページで直接購入の場合の料金も検索します。

意外と直接購入の方が安い場合がありますし、便の変更ができるなど融通が利くこともあります。

特にLCCであれば旅行サイトを経由して購入するメリットはありません。

航空会社のサイトで直接購入するほうが良いと思います。

まずはSkyscannertJetradarでルートや便の確認をし、その後、目的に応じたサイトで航空券を購入するのが賢い方法です。

また、LCCでできるだけ安くチケットを購入したい場合は、各LCCのサイトをチェックしたり、メールマガジンに登録しておくと、プロモーションのお知らせを受け取ることができますよ。

LCCは不定期でキャンペーンを行っているので、タイミングによってはとても安い料金での購入が可能です。

出発までに期間がある場合は、しばらく様子を見て安くなるタイミングを待つのもひとつの手です。

ホテルも一緒に購入したり手配の手間を省く場合は旅行代理店に依頼することもできますが、特にマニラ乗り換えの場合などはフィリピン旅行に精通している旅行会社のほうが実績もあり事情も分かっているので安心です。

東南アジアでのダイビングツアーをメインに扱っている旅行会社などがおすすめです。

 

モモシロ
子連れ移動は何かと大変だから、できるだけ最短ルートで到着したいですよね。安くて楽ちんなルートを見つけて、快適な空の旅を♪

 

飛行機

ANAのマイルでフィリピン航空の特典航空券を利用する際の注意点(失敗談あり)

2018年8月16日