★新入園児が通る道~保育園の洗礼~在宅ワーカーはどうやって乗り切るか

フィリピン親子留学をきっかけに子育てを楽しめるようになり、留学エージェントになったモモシロ(@totovito)です。
3月4日(水)にオンラインでフィリピン親子留学お話会を実施します。  

覚悟はしてたけど早速来ました!
突然の発熱…。

免疫のない赤子が集団生活を始めると、入園早々何かしらもらってきてお休みになるという例のアレです。

熱を出している子供

 

下の子が発熱!

1日無事に保育園を終え、お迎えに行ったときは元気だったんですが、夜中に熱いと思い体温を測ったら40度超え!

保育園入園後の試練ですよね。

お休みの電話を園にしたときに聞いてみたら、0歳児クラス6人中3人が高熱でお休みと言っていたので間違いなく園でもらってきたようです。

 

上の子のときは人数の少ない保育園だったのであまりこういうのなかったんですけど、ある程度の人数がいる保育園だと仕方ないですね。

あと我が家は上は女児、下は男児なので、そのせいもあるかもしれません。男の子より女の子の方が強いらしいですから。

 

そうやって熱を出したりしながらだんだん免疫をつけて強くなっていくものだそうだから、保育園児の通る道と思ってなんとかやっていくしかないですけどね。

 

今回困ったことは、上の子の区立認可園は兄弟が病気で休むようなときは預けることはできないということ。

公立園はこういう部分が本当にシビア。

兄弟が病欠=保護者が病気の子を看病する=保育に欠ける状態ではないと判断されるのです。

 

仕事は休めない

しかしその日私はそこそこ大きなボリュームの案件の納品を控えていて、仕事は絶対にしなくてはいけなかったんです。

子供を病院に連れて行ったり看病をしながら合間合間に作業をしなくてはいけないという過酷な状況の上、上の子まで家にいたらまさしく修羅場です。

 

元気なのにおとなしくしてられるわけがないですよね。

病気の子と元気な子を家に閉じ込めて、2人見ながら仕事なんて、、、

 

困った末だした結論は…

その日ちょうど出張予定だった夫に上の子を同行させ、夫の仕事中は出張先の近くに住んでいる義母に見てもらうことに。

 

下の子は家で看病するけど仕事はあるという状況を保育園に相談したら、もしかしたら預かってくれたかもしれません。

 

しかし翌日夫は朝の7時に家を出発してしまうため、保育園に相談できる時間にはもういなくなってるんですね。

万が一断られでもしたら大変なことになってしまうので、出張同行のほうを選択しました。

 

幸い今回は娘もばあばのところに行くと乗り気になってくれて、私の出産入院以来初めて、私のいないお泊まりもがんばると言ってくれました。

心配しましたが夜も泣かずに泊まれたそうです。

(実際は淋しくて淋しくて、泣きそうになったのを堪えていたそうです。夫の話だと、泣かないように自分から夫に背を向けて寝て、肩をふるわせていたそう。)

 

夫と娘が元気に出張に出発した後、赤がまだ寝ていたのでそのすきに必死に作業。

起きてからはなかなか仕事ができず、母乳飲みっぱなしで寝ないし、、、最後はギャン泣きしているところをおんぶして、立ちながら作業。

ギリギリで何とか納品できました。

時間はせまってきて焦るし、子供は寝ないし、熱は下がらないしで、いろんな意味でスリリングな納品でした。

 

いやあもうこんな思いはしたくないですね。

仕事があまり忙しくないときはいいんですが、切羽詰まってるときに子の発熱が重なると大変です。

こういうのは在宅ワーカーのデメリットと言えますね。

仕事を誰かに任せて退勤、なんてことができなくて、自分でうけた仕事は自分で何とかしなくちゃいけないですから。

日中作業できなかったら夜寝かしつけた後に遅れた分を取り返すとか、柔軟に対応できる場合もあるんですが、今回はタイミングが悪かったです。

 

納期を延ばしてもらうというのも1つの方法ですが、それが無理な場合もありますし、取引先にも迷惑がかかるので納期延期はホントに最後の手段ですね。

それと「子供が熱を出した」というのは言い訳にしたくないと思っています。

社内だとお互い様なところもあるんでしょうけど、相手が取引先だとそうはいきません。

んな状況であろうと納期だけは絶対に守らなくてはと心に誓っています。

 

納品後の子供の様子

納品後もなかなか熱が下がらず、40度以上をキープしていて解熱剤の座薬を入れたら少しは下がるもののしばらくしたらまた40度超え。

本人も辛そうだし触るとびっくりするくらい熱くてかわいそうでした。

お医者さんにも何度も連れて行きましたがインフル、RS、肺炎は陰性

 

このまま熱が5日続くなら髄膜炎の可能性もあるので大きな病院でみてもらうようにとのこと。

そして突発の可能性も残っているので熱が下がった後湿疹が出たら再度受診と言われました。

 

食事も水分も拒否、母乳だけは飲んでくれたので助かりましたが嫌がる我が子を押さえつけて粉薬を口に入れたら嘔吐するし、夜も私と下の子だけなので何かあったら1人で救急に連れて行かなくてはならないしで気が休まりませんでした。

なんとか悪戦苦闘して一夜を過ごし、今日の夕方娘は帰宅。

 

下の子も夜になってちょっと体温が下がり、回復の兆しが見えてきました。

まだ熱いし嘔吐もあるので油断は禁物ですけどね。

明日も休ませた方が良さそうです。

 

 

今回は夫がたまたま出張だったので、そして同行できる状況だったのでお願いしてしまいましたが、今後また下の子が病気になって私が仕事で、上の子を何とかしなくてはいけないという状況が出てくるかもしれません(ちなみに上の子だけが病気になった場合は、下の子の私立園は預かってくれそうです)。

あらかじめ対策を考えておかないといけませんね。

実は病児保育をしてくれるシッターサービスに登録だけはしていたのですが、まだ一度も頼んだことがなかったので今回は依頼を躊躇してしまいました。

 

何かあった時じゃなくて、普段の何もないときに、試しに来てもらっておくと安心だな、と思いました。

 

 

 

 

親子留学、マイルで旅行にがある人とつながりたい!

友だち追加

LINEでブログ更新情報をお知らせします。親子留学の無料相談もこちらからどうぞ。