5/8(金)フィリピンおやこ留学お話会(オンライン)を開催します。

ワーママの時間管理は超重要!働き方を変えてみました

 

4月に仕事復帰してから2ヶ月ちょっと経ちました。

しかし、仕事がどうにもならなくなってきたのでテコ入れしました。

 

最初のほうは慣れない保育園生活で息子(0歳クラス)がたびたび発熱。

私のほうも生活のリズムに慣れるので精一杯でしたが、ゴールデンウィーク明けから本腰を入れて仕事をしてきました。

 

効率が上がらない

 

私はフリーランスなので家で仕事をしています。

ところが、本格的に仕事復帰したのに、何かがおかしいと感じ始めました。

 

効率が悪いというか仕事をしていても頭が回っていない感じなんです。

一生懸命やっているはずなのに進まない、集中力がすぐ途切れる。

 

そして長らく居住空間オンリーだった我が家で作業をすると、生活モードから仕事モードへの切り替えに時間がかかる。

休みに入る前もこんなだったかしら???

もうちょっとうまくやっていた気がするんですよね…

産後だからか、仕事を休んでいたからか、老化のせいか。

 

今まで通りのように仕事が進められないことに焦り始めました。

 

時間が足りない

 

そして、昼間の仕事時間ははあっという間に時間がすぎ、すぐ保育園にお迎えに行かなくてはならない時間になってしまいます。

遅れを取り戻すため子供を寝かしつけた後の夜も作業していたのですが、まーこれが効率が悪い。

寝かしつけで寝落ちしそうになったのを何とか起き出すとすでに22時23時、さあ仕事にかかるぞと思うと子供が泣き出して授乳で中断。

そしてやっとPCに向かっても眠気と疲れでコックリコックリ。

 

そんな思うように進まない状況にイライラして過ごしていました。

睡眠不足が重なりヘロヘロに

 

それでもなんとか仕事を進め、やっと寝ようとすると、PC画面の刺激のせいかなかなか眠れなくなるんです。

夜中の授乳も重なり朝にはぐったり。

そして昼間は眠くて仕方ないという悪循環を繰り返しました。

もうずっと疲労困憊で体調も崩すし、このままではいけないと感じてはいたんですよね。

 

もう何のために仕事をしているのか分からない状態。

 

それでも毎日がんばって保育園に通ってくれている子供達には感謝しかなく、この子達のためにもがんばろうと気持ちを奮い立たせていました。

 

私を変えた時間管理の本

 

そんなときに運命的に出会った本がありました。

時間管理の本なんですけど、慢性的な時間不足で消耗している状態を解決するヒントがもらえるんじゃないかとKindle版をすぐに購入しました。

それがこちら、ちきりんさんの「自分の時間を取り戻そう」というものです。

 

 

このタイミングでこの本に出会えて本当に良かったと思います。

 

生産性という考え方、時間についての概念など、私の固定観念を変えてくれました。

社会人になってからしばらく経ちますが、私はここで書かれている生産性についての考え方は身についていなかったな~と反省。

 

そしてタイトルにある通り自分の時間を取り戻すため、仕事のやり方を見直すことにしました。

 

時間管理のための対策

 

まず夜に作業するのは生産性が悪すぎるのでやめました。

自分では仕事が終わらないから仕方なく夜作業していると思っていましたが、よく考えたら終わらなそうだから夜もやろうと自分で決めていたところがあると思います。

 

いや、はっきり言うと終わらなければ夜やればいいやと思っていたかも。

そして何が何でも昼に終わらせるため、集中力を途切れさせない、作業の効率を上げる、気力と健康維持の点から改善をしようと考えました。

 

集中力維持

 

私の作業を邪魔するものは排除しなければいけないと考えました。

たとえばこんなことです。

  • 宅配便などへの対応(席を立つたびに作業を中断しなくてはいけなくてそこでいったん集中力が途切れる)
  • 電化製品の買い取りや畳の張り替えなどの勧誘電話
  • トイレに立つたびに目に入るやりかけの状態の家事(ちょっとホコリや髪の毛を拾うとか、お風呂の栓を抜くとか、些細なことでも別なことに時間を割いてしまう)
  • 何かのたびに目に飛び込んでくる子供の写真など仕事とは関係ないものすべて(気が散る)
  • ちょっと休憩したいなと思ったときにそばにあるソファ(ごろりん・・・)
  • 小腹が空いたときについつい開けてしまう冷蔵庫(今日のご飯どうしよう、家にあるこれでなんとかなるかなと気になってしまう)
  • なんだか静かだからBGM代わりにとつけてしまうテレビ

などなど

要するに家にあるもろもろすべてが私の仕事の妨げになっているので、もうここを離れようと決心しました。

そして、思い切って家の近くにワークスペースを借りました。

 

まだそこで作業を始めて1週間程度ですが、集中力を持続するという意味ではかなり良いです。

雑音が入らないし、お迎えの時間までの目標を決めてひたすら作業できます。

夜はやらないと決めたので今までとは比べものにならないくらい必死でやっています。

 

効率化

作業効率化のために、環境の整備とツールの導入をすることにしました。

多少の投資は必要になりますがここはケチってる場合ではないですよね。

まず、腱鞘炎ぎみだったこともあってトラックボールを新たに購入しました

まだ操作に慣れませんが、これにマウスジェスチャーソフトも併せて使用しようと思っています。

 

それとワークスペースにはノートPCを持ち込んでいるのですが、画面が小さくて作業がしづらいんですね。

自宅の使い慣れた外付けモニターは大きすぎて持って行くことはできないので、ワークスペース用にモニターを購入しようかと思っています。

 

翻訳作業では辞書ツールやWeb、翻訳ツールなどいくつもソフトを立ち上げて処理することになるので、画面は断然大きい方がいいです。

ロッカーを借りてそこに入れておく必要があるので、ロッカーに入るサイズでできるだけ大きいモノを探していますが、できるだけ早く購入したいと思っています。

 

気力・体力

睡眠時間の確保

ここまでで書いた方法で仕事の生産性を上げ、時間を確保し、しっかり寝ることを一番に考えました。

絶対に夜は仕事をしない!と決めてしまえればいいのですが、

子供がまだ免疫が十分でない状態なので、すぐに熱を出したりしてお呼び出しがかかりやすい状態です。

あと1年くらいはそんな状態が続くのではないかと思っています。

子供が保育園を休むと仕事ができなくなってしまいますので、やはり何かあったときのために前倒しで進めておきたいとどうしても焦ってしまいます。

「原則は夜は作業しない、ただし仕事のめどがつくまでは多少前倒しにするため不安なら夜もあまり無理しない程度でOK」ということにしています。

ただ何もしないで寝た方が確実に体は楽だということは分かりました。

 

家事は無理をしない

体力確保もそうですが、自分に余裕がなくならないようにすることを第一に考え、家事などお金で解決できる部分はすることにしました。

具体的には電化製品、調理器具、調理セットの活用、家事代行の利用などです。

とりあえずテレビショッピングでやっていた水拭き用モップは購入してみました。

 

ブラーバが欲しかったんですが予算的にこちらで。

でもそれなりになかなかいいですよ。

床にへばりついた子供の食べこぼしを掃除するのにいいです。

買って良かったです。

 

それでも片付けられず散らかっているときはもう家族にも目をつむってもらい、私も気にしないことにしました。

全部やるの無理ですから。
開き直りも必要ですね。

 

効果

 

まだ仕事環境を変えて日が浅いのですが、オンオフの切り替えができるようになったことで気持ち的にだいぶ楽になりました。

そして、体も楽で日中の作業に集中できるのも、体力的な部分で改善されたかもしれません。

 

何より良かったのは、夜の子供の寝かしつけのとき、この後仕事をしなくてはいけないという焦りから、なかなか寝ない子にイライラして叱りまくってしまっていたのがその必要がなくなったこと。

子供だって眠れなくて辛いのに、優しくトントンなんてできなかったんですよね。
悪かったなと反省しています。

これから長く仕事を続けて行くには、しっかりと睡眠を取ること、精神的な余裕を持つことがとても大切ですね。

 

公園

今までは日々の作業に追われて何とか期日までに納品することでいっぱいいっぱいでしたが、生産性を上げて空いた時間ができたら、それをインプットのための時間に充ててレベルアップを図りたいと思っています。

本との出会いに感謝。
そして協力してくれている家族にも感謝です。

 

●息子がぐんぐん英語を吸収した幼児のおすすめ英語アプリは楽天 ABCmouse
ABCマウスの詳細レビューはこちら

●サンプル動画がおすすめの英語DVD「ミライコイングリッシュ
ミライコイングリッシュの詳細記事はこちら

セブ島・フィリピン親子留学、マイルで子連れ旅行についてもっと知りたい?

友だち追加

LINEでブログ更新情報をお知らせします。親子留学の無料相談もこちらからどうぞ。