【完結編】家政婦さんとの別れとマクタンセブ空港のプラザプレミアムラウンジ【セブ島親子留学18日目】2018年9月

記念写真

 

こんにちは、モモシロです。

2歳と6歳の子供を連れてセブの語学学校「Kredo Kids」に2週間の親子留学をしました。

 

今日はついに帰国の日

フィリピン航空の朝8時の便(PR 434)に乗る予定。

6時前には着いていたい。

順調にタクシーが捕まって渋滞もなかったら30分で到着するけど、念のために5時には出たいところ。

ということで4時過ぎに目覚ましをかけたけど、3時くらいは目が覚めてしまったのでそれからずっと起きてた。

 

4時半くらいにアラームが鳴ったので家族を起こす。

子供達もぐだぐだしながらも何とか起きた。

冷蔵庫のヤクルトを飲ませている間にパジャマなどをスーツケースにしまい、ゴミを出す。

学校から借りたガラケーやポケットWiFiをテーブルの上へ。

忘れ物がないように何度も確認。

 

いつでも出られる準備をしてからスマホでGrabタクシーを呼ぶ。

すぐつかまって1分でくるって。

エアコンを止めたことを確認して出発。

 

鍵は1階エントランスのキーボックスに入れて退出することになっていたんだけど、真っ暗で自分たちの部屋番号が分からない!

ということでフロントのガードマンに鍵を渡して出発しました。

 

コンドミニアム

2週間ちょっとお世話になったコンドミニアムともお別れ

カリックス

 

荷物が多いので大きめのバン。

外に出ると道は空いているんだけど真っ暗。

真っ暗なんだけど結構人が歩いている。

フィリピンの人は朝早いよね。

 

シャーメイが空港まで見送りに来てくれると連絡があった。

こんなに朝早くていいの?と聞いたらいつも4時に起きてるから大丈夫と。

それに、シャーメイの家は空港から10分くらいの所なんだって。

タクシーに乗った旨をメッセンジャーで送る。

 

車が走っている間にちょっとずつ明るくなってきた。

セブ島からマクタン島に入ると、セブ市街地では見なかったトライシクルがたくさん走っていた。

りぃ子は初めてトライシクルを見たときに乗ってみたい!と思ったんだって。

でも乗れたのはボホールで1つめの病院から2つめの病院への移動、さらに2つめの病院から3つめの病院への移動の2回だけ。

めちゃめちゃ調子悪かったときで楽しめなかったね。

次は元気な時に乗ろうね!

 

5時半頃には無事空港に到着。

 

空港

早朝のマクタンセブ空港

 

シャーメイはまだ来ない。

出発フロアの建物に入れるのはチケットを持っている人だけ。

入場するときにチケットをチェックされます。

ここから中に入ってしまえばもう出られないかな、と思い入口で聞いてみたら、出てもOKと言われたので中に入って先にチェックインしてしまうことにした。

 

2時間以上前だけどもうチェックイン受付をしていた。

ここで問題2つ発生。

スーツケースが25キロで制限の23キロをオーバー。

スーツケースを開けて中に入れていたバッグを出して荷物を移し、急遽手荷物にすることになってしまった。

 

それと、りぃ子のお薬。

飛行機で耳が痛くなったら飲めるように、痛み止めの薬を持ち込みたかったんだけど聞いたら液体だからダメだと言われてしまった。

まさかのその場で飲ませるという事態になり、飲んだ後の瓶をスーツケースに押し込む。

やれやれだ。

 

チェックインが終了してしばらくしたらシャーメイが到着。

いったん外にでて最後のお別れ。

あーもうホントにこれが最後だね。

使い切れなかったラップとか調味料とかを渡す。

本当はボホールでお土産を買ってきたかったんだけど、バタバタしてて買えなかったよ。。。

 

シャーメイはお嬢さんからのプレゼントだと言ってりぃ子にプーさんのぬいぐるみとお手紙をくれた。

あとで読んだら「私のママに優しくしてくれてありがとう」って書いてあった。

わざわざお見送りにきてくれてありがとう。

短い間だったけど本当にいろいろ助けられた。

なんだかウルウルしてしまうけどここでお別れ。

また会えるといいな。

 

記念写真

最後に記念写真

 

シャーメイと別れたあと、入国審査を通過。

朝出発するときにバッグに入れておいたパックのジュースが引っかかる。

ここで飲むか置いていかなくてはいけないと言われたので置いていくことにした。

成田から出国するときは小学生以下の子供がいる場合は飲み物は持ち込めたのにな。

 

まだ時間が合ったのでラウンジで休むことにした。

マクタンセブ空港には2つのラウンジがあり、1つはフィリピン空港のビジネスクラス用「マブハイラウンジ」、そして「プラザプレミアムラウンジ(Plaza Premium Lounge)」。

 

プラザプレミアムラウンジ

プラザプレミアムラウンジ

マブハイラウンジ

お向かいはマブハイラウンジ

 

私たちは「プラザプレミアムラウンジ」へ。

夫のダイナースプレミアムカードと、ついでに作ってもらった私の家族カードで入場。

子供の年齢を聞かれて2歳と6歳と答えると、2歳は無料だけど6歳は同伴者料金がかかるんだけど、と言われる。

「あの、私もう1枚カード持ってるんだけど」

とダメ元でプライオリティパスを出してみたらそれでりぃ子の分もオッケーだった。

言ってみるものね、ラッキー♪

同伴者料金30ドルくらいしたはずだから助かった~

(しかし事前にWebサイトでチェックしたときは「2歳未満は無料」という記載があった。あーすけは2歳。あれ? ここら辺は担当者によって違ってくるのかもしれません。カード2枚使いも次はダメかもね)

 

軽食

ホットミールがかなり充実してました。

 

ここのラウンジは軽食が充実しててとってもよかった♪

ちょっとした朝食ビュッフェって感じで、朝ご飯代わりにがっつり食べちゃったわよ。

 

ヌードル

こんなワンタンヌードルやお粥もその場で作ってくれます

 

シャワールームもあるし、ガラス張りになったキッズルームもありました。

ちょっとゆっくりしたかったので、キッズルームのとなりの席に座った。

子供達が遊んでいるのを見ながらコーヒー飲めるなんて最高♪

 

キッズルーム

ガラス張りのキッズルームが嬉しい

 

しかしこのキッズルーム、カーペットになっていて靴のまま入っていいのか迷った。

よくわからないので靴を脱がせて入りました。

 

とにかくできたばかりの空港なのでなにもかもキレイで気持ちがいい。

しかし居心地が良すぎて長居しすぎた。

ラウンジを出たら最終搭乗案内になっていてちょっと焦った。

ちゃんとラウンジ内にも案内板があったから、それをチェックしていれば良かったんだけどね。

 

でも成田と違ってラウンジを出てからゲートまでも遠くなかったので大丈夫だった。

私たち最後じゃなかったし笑

セブの新しいターミナルは、シンプルでわかりやすくていいな。

 

 

さあいよいよ出発

台風を通り越していくので途中ちょっと揺れたけど、それ以外は快適な空の旅でした。

モニターがついてないので帰りもKindleにダウンロードした動画が大活躍。

これでなんとか時間稼ぎができました。

座席が3席ずつだったので3席と通路挟んでもう1席をとっていたんだけど。

後ろの方の席が空いていたのでチーフらしき人が気を利かせてくれて、同じ並びの別の家族を後ろに移動させてくれた。

それで私たちは1列を広々と使うことができてすごく楽でした。

 

キッズミール

キッズミール。これにココアドリンクのパックも付いてた。甘い物多過ぎ!

機内食

こっちは大人用の機内食。味はまあまあおいしかった。

 

13時半頃に予定通りに成田に到着。

心配だったりぃ子の耳も痛くならなかった。

荷物もスムーズに出てきた。

 

空港でトイレに行ったら、りぃ子が「ママー、トイレの紙って流していいんだっけ?」と聞いてきた。

すっかりフィリピンかぶれね笑

外は肌寒くていつの間にか夏がいなくなっちゃった感じでちょっと驚いた。

 

 

 

今回の親子留学で得られたもの。

お金には換えられない貴重な経験。

愛しい我が子との時間。

 

 

 

朝、空港に向かうタクシーでりぃ子に「このまま3年くらいここに住みたいね」と言ったら、「えーーー私は1年くらいでいいよ」と言われた。

ということは1年は住んでいいのね笑

1年住んだらまたいろいろと見える世界が違うんだろうな。

まずは来年。

また行くよ!フィリピン♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今回のまとめ記事もご覧ください。

家政婦さん付き親子留学は育児のストレスゼロだった♪ママ赤ちゃん留学まとめ

 

※ママ・赤ちゃん留学の紹介制度を利用すると留学費用が割引きになります。
紹介できますのでお問い合わせフォームからご連絡ください。