家政婦さん付き親子留学は育児のストレスゼロだった♪フィリピンの親子留学専門Kredo Kidsの紹介

3回に渡るフィリピン親子留学をきっかけに、子育てを楽しめるようになったモモシロ(@totovito)です。
 

2018年9月に2歳と6歳の子供を連れてセブ島の語学学校「Kredo Kids」に2週間の親子留学をしました。

初めてのフィリピン親子留学は、私たちにとって実りのある素晴らしい経験でした!

 

モモシロ
特に小さい赤ちゃんのいるお母さんにおすすめ!

赤ちゃんと2人きりで家にこもって悶々とするよりは、思い切って海外でリフレッシュしてみませんか。

家政婦さんに赤ちゃんを見てもらいながら復職前に英語もスキルアップ

自分のごはんも離乳食も作ってもらえますよ♪

今回は実際に2週間(とちょっと)母子で留学しての感想をまとめました。

 

Kredo Kidsを特におすすめしたい方はこちらです。

 

産休・育休や退職で仕事を離れているが時間はたっぷりある♪

子連れで海外なんて無理!言葉の壁や治安も不安

子育てから解放されて自分のリラックスタイムが欲しい

 

Kredo Kidsの評価

私モモシロの「Kredo Kids」評価はこちらです。

2週間通っての満足度を評価しています。

全体的に満足度の高い留学となりました。

サポート体制
星4.5
家政婦システム

学校生活とレッスン内容
星3
滞在施設(コンドミニアム)
星3.5
周辺環境・治安
星4.5
全体のおすすめ度
星4

 

セブ島親子留学「Kredo Kids」詳細

私たちの初めての親子留学の詳細は次のとおりです。

  • 滞在先:フィリピン、セブ島
  • 留学期間:2週間
  • 留学時期:2018年9月
  • 留学当時の子供の年齢:2歳4ヶ月男児(あーすけ)、6歳年長女児(りぃ子)
  • 留学目的:子供の異文化体験、英語の勉強がてら休暇を楽しみ、親子で思い出作り
  • 学校:親子留学専門学校「Kredo Kids」(Kredo Kids
  • 英語レッスン:私(マンツーマン4コマ)、りぃ子4コマ(マンツー2コマ、グループ2コマ)、あーすけ(レッスンなし)
  • 滞在先:セブシティ内コンドミニアム(Calyx Residences)
  • 利用した留学エージェント:留学情報館Panatag
  • 留学費用:約35万円(航空券別途)プラス滞在中の生活費

 

それでは、それぞれの項目について順番に説明していきます。

 

サポート体制

 

ママ・赤ちゃん留学の語学学校「Kredo Kids」は小さなお子さん連れ(特に赤ちゃん)を対象としていることもあり、滞在時の不安や不便を最小限に抑える万全のサポート体制が整っていました。

小さなお子さんがいる場合の苦労をできるだけなくし、言葉や生活の不安を感じさせないように配慮されています。

  • お子さん情報を事前に連絡して共有
  • 同じように子どものいるママなど、日本人スタッフが複数在籍
  • 24時間LINEで連絡が取れる
  • 学校にも日本人スタッフが常駐
  • 初日の空港送迎や買い物サポート
  • 家政婦さんによる生活のサポート
  • 赤ちゃんグッズなどのレンタル

 

といったようにサポートが手厚かったため、生活で困ることはほとんどありませんでした。

サポート体制については別の記事に詳しく書いています

家政婦

1.子連れ海外の不安なし!親子留学専門校「Kredo Kids」は日本人スタッフと家政婦さんで万全のサポート体制

2019年1月8日

 

家政婦サービス

 

家政婦さん

 

私が親子留学先として「Kredo Kids」をおすすめしたい一番の理由が、この家政婦サービスがあることです!

1つの家族に1人、専属の家政婦さんが付いてくれて、平日の8時間お世話をしてくれます

家政婦さんというか、家事全般をがっつりやってくれて、さらにベビーシッターとして子供も見てくれるんです!

他の親子留学でも小さいお子さんにはベビーシッターを付けられる場合はありますが、見てくれるのは基本的には親の授業時間のみ。

さらに家事もお願いできるというのは他にはなかなかないのではないでしょうか。

家政婦サービスについては別の記事に詳しく書いています

家政婦さん

2.家政婦さんが家事・育児・掃除・洗濯を全面バックアップ♪セブ島「Kredo Kids」のママ赤ちゃん留学

2019年1月8日

 

学校生活とレッスン内容

 

 Kredo Kids

 

学校は滞在コンドミニアムから徒歩で通える場所にあります。

日本人経営ということもあり、生徒さんは100%日本人でした。

親子留学専門の校舎なので単身留学の生徒さんに気を使う必要がなく、気楽な環境でしたよ。

子供と同じフロア内でレッスンを受けることができるので、子供の様子も何となくわかります。

授乳・おむつ替えスペース、簡易的な休憩スペース兼キッズスペースがあり赤ちゃん連れでも安心です。

 

レッスンの質は講師によってばらつきがあるように感じましたが、総体的に満足です。

何を求めるかによりますが、中上級者以上や過度に期待してしまうと不満を感じる部分があるかもしれません。

レッスンなどの感想については別の記事に詳しく書いています

マンツーマンレッスン

3.親子留学専門校舎って?セブ島の【Kredo Kids】英語カリキュラムからランチ事情までご紹介

2018年11月7日

 

滞在施設

 

学校指定の滞在先は学校から徒歩圏内にある高級コンドミニアムでした。

食事の提供はなく、外食または自炊(家政婦さんに作ってもらう)です。

ワンルームだと少々狭いですが、便利で快適に過ごすことができました。

ただ、設備に関しては多少トラブルを経験しています。

コンドミニアムについては、別の記事に詳しく書いています。

コンドミニアム

4.セブ島親子留学「Kiredo Kids」滞在先高級コンドミニアムは最高の立地

2019年1月14日

 

周辺環境・治安

星4.5

 

スーパー

 

学校やコンドミニアムがあるビジネスパークというエリアは、立地に関してはとにかく文句の付けようがないくらい便利な場所にありました。

買い物を楽しみたい、おいしいものを食べたいという人には便利です。

公園などはあまりありませんが、ショッピングモールには子連れで利用しやすいフードコートや、子どもが遊べるキッズスペースなどが豊富にあります。

 

タクシーもすぐつかまりますし、高級エリアのため治安の心配もあまりありませんでした。

子連れですと移動もなにかと大変ですし、ビジネスパーク内だけで生活できるというのは便利です。

せっかく留学にきたのだからリゾート感覚を味わいたいと言う場合は、向いていないかもしれません。

 

ビジネスパークについては、こちらの記事に詳しく書いています。

周辺環境

5.セブ島ビジネスパークってどんなところ?治安や周辺環境について

2019年1月14日

 

最後に

 

Kredo Kidsの特徴は、親子留学でも「赤ちゃんのいるママ」をメインターゲットにしているところ。

赤ちゃんがいても勉強したい!買い物やスパなど自分の時間を作りたい!というママを協力にサポートする体制が整っていることを実感しました。

 

産休・育休や退職で仕事を離れているが時間はたっぷりある♪

仕事をしていないからこそ、この時期を生かして留学するチャンスです!

仕事復帰してしまうとなかなか長いお休みは取れないですからね♪

育休期間を利用して復帰前にスキルアップ(英語やITスキル)できるとても良い機会ですし、この期間を利用しての留学はとても有意義ですよ。

子供をみてもらえるので自分の自己啓発に集中できますよ。

 

モモシロ

とはいえ、実際は留学というのは建前??

リラックスタイムも大事です!

他のママさんたちも学校の後は各自かな~りリラックスして好きな事をして過ごしていましたよ♪

 

子連れで海外なんて無理!言葉の壁や治安も不安

英語もあまりしゃべれないしわからないことだらけ、子供連れで海外は不安、という人でも大丈夫です。

家政婦さんと日本人スタッフがセブの空港に到着したときから、日々の生活も協力にサポートしてくれます。

行くまでがちょっと不安ですが、飛行機に乗ってしまえば何とかなりますw

分からないことは何でも聞いて、安心して頼っちゃいましょう。

 

子育てから解放されて自分のリラックスタイムが欲しい

日本では育児に追われ、自由にゆっくりお買い物をしたり、美容院に行くことも難しいお母さん。

今までやりたくてもできなかった1人でのカフェ、ランチタイム、ネイル、マッサージなんかも楽しめます。

私はこれがとても嬉しかった♥

私のように子供を2人以上連れて留学する場合は、普段淋しい思いをさせている上の子とべったり過ごす時間を作る上でもとてもよかったです。

あなた

そうは言ってもママだけで子連れの海外はやっぱり不安。。。

 

「Kredo Kids」は、体験者として不安いっぱいのお母さんの最初の親子留学先として一番におすすめしたいです。

現地についてからのサポートが至れり尽くせりなので、小さいお子さんがいても安心して楽しめますよ。

私もやはり不安なことが多かったため最初に申し込んだ留学先をキャンセルして「Kredo Kids」に変更したんです。

結果的に大正解でした。

 

また、申込みの前に気になることをカウンセリングで相談できたので、それもよかったです。

カウンセリングは対面だけじゃなく電話でも可能ですし、子連れOKの説明会(交流会)も定期的に開催されています。

一度カウンセリングを受けてみて、不安や疑問点を相談してみるのがおすすめです。

 

 

注意すること

実際に利用してみてわかったこともいろいろありました。

残念だったたこともありますので、注意事項として書いておきます。

 

赤ちゃんではない小さな子の日中の過ごし方に困った

赤ちゃんでもなく、まだ英語のお勉強はさせなくていいいかな、という年齢だった2歳のあーすけは学校には入学させず、家政婦さんに日中のお世話をお願いしました。

しかしそのせいで、ママやお姉ちゃんとお出かけもできず、お友達とのふれ合いもなく、狭いコンドミニアムで退屈な思いをさせてしまったかもしれません。

 

モモシロ

学校に通わせるのは高額になってしまうし悩ましいところです。

同じ期間2歳のお子さんを学校に入れていたお母さんもいましたが、イヤがって結局ほとんど登校できませんでした。
もちろん2歳でもレッスンを楽しんでいる子もいます。

子どもが2~3歳の場合は、お子さんの性格も考えて、事前にどのように過ごさせるのがベストかよく考えておいたほうがいいかもしれません。

 

ルールの変更

到着したら、聞いていたことと違う!ということがいくつかありました。

ルールが変更になったり、エージェントには伝わっていなかったことがあり、初めて聞いた!と困惑しました。

上に書いた子どもを自由につれていけないこともその1つですし、通学していない子は学校のキッズスペースでは遊ばせられない、など不自由なことがありました。

事前に聞いていたことと違うことは覚悟が必要です。

 

コンドミニアムの設備トラブル

コンドミニアムの詳細記事にも書きましたが、高級コンドミニアムでもいろいろとトラブルがありました。

フィリピンの建物は見た目はキレイでも、日本よりも設備の劣化が激しいようです。

築5年はガタが出てくる頃だそうです。

 

自然と触れ合えない

子どもを自然に触れさせたい、自由にのびのびと過ごさせたい、とお考えであれば、セブ島はおすすめできません。

近隣に公園もほとんどなく空気も悪く渋滞がひどいです。

教室も狭かったです。

普段の遊び場はショッピングモールメインになってしまいました。

運動が足りないのでプールで遊ばせたりしました。

自然に触れさせるには、休みの日に遠出をしてアイランドホッピングに行ったり、ボホールなどに1日観光を計画することをおすすめします。

 

 

留学費用について

あなた

良いのはわかったけど、、、、お高いんでしょう?

 

Kredo Kidsは他のフィリピン留学と比べると確かに高めの料金になります。

それでも、セブの一等地のコンドミニアムに滞在し、一家に1人専属の家政婦さんが付くというサービスを考えれば決して高くはありません。

また、フィリピン留学はハワイなどの欧米圏で同じような生活レベルで親子留学をする場合の半額以下ですし、同じようなレベルのサービスを別の国で受けようとするととんでもない金額になってしまいます。

 

↓こちらに「Kredo Kids」や他の語学学校の具体的な金額を載せていますので参考にしてください。

留学費用

【2019年版】いくらかかる?フィリピン親子留学5校の実際の見積もりを公開

2018年7月25日
 ※お友達紹介制度を利用すると留学費用が割引きになります。
紹介できますのでお問い合わせフォームからご連絡ください。