夏休みのドゥマゲテ親子留学体験記はコチラ、マイペースで更新中♪

食料品の準備は超大事!子連れ留学の持ち物はコレを用意しとけば安心!

キッチンでお料理
3回に渡るフィリピン親子留学をきっかけに、子育てを楽しめるようになったモモシロ(@totovito)です。
 

※この記事は2歳と6歳を連れてのセブ島親子留学を計画していたときに書いたものです。

セブ留学での滞在先はコンドミニアム!

寮ではないのでご飯は出てきません。

基本、コンドミニアムのキッチンで自炊するか外食です。

 

 

モモシロ

まあ私はあまり料理するつもりはないんですけどね。

シッターさんにお願いしようと思っています。

和食にどの程度対応できるかは不明です。

 

エージェントさんに確認したところ、日本の調味料も現地で買えるけどサイズが大きかったりして短期間の滞在には向かないそうです。

ということで、キッチンで使うための最低限の調味料やごはんの供などを持って行くことにしました。

(お鍋や調理器具などは設備として用意されているそうです。)

 

私が用意した食材はこちら。

 

 

ミニサイズの醤油

 

ミニサイズのマヨネーズ

とりあえず野菜茹でてこれかければなんとかなるかと。

 

ほんだし小袋

ほんだし小袋(こんぶダシ)

 

コナミソ

これ、なんとお味噌が粉になってるんです。

超便利で日本でも最近愛用しています。

普通の味噌を持ち運ぶのはちょっと大変だけどこれならいいですね。

 

バター醤油ふりかけ

ふりかけですがお料理にも応用できそう

 

ポケモンふりかけ

子供がご飯にかけるため

 

ノリ

こちらも白ご飯対策。

おにぎりは、、、作る機会があるのかしら?

 

雑穀和えの素

 

スポーツドリンクの粉

 

これはお料理用じゃないけど、子供が発熱した際の脱水予防に。

 

 

これらの調味楼類を全部保冷バッグに詰め込んでみたら、ちょうどぴったり入りました!

保冷バッグも使うかどうかわからないけど。。。

 

コンドミニアムの近くに高級スーパーがあるので、そこで何でも揃っているみたい。

日本で言う明治屋とか紀伊國屋とか、成城石井のようなスーパーが。

飲み物、お菓子類はそこで現地調達予定!

バナナや南国系のフルーツはぜひともスーパーで購入して食べてみようと思っています♪

 

子供たちはパンはあまり食べず白米派なので、ご飯を食べさせるならお味噌汁も作りたいですものね~。

 

日本から持って行くか迷ったのはおうどんとかおそうめんとかの乾麺。

それから病気になって食欲がない場合のお粥のレトルト。

荷物がギリギリになりそうなので、必要なら現地購入することにします。

 

モモシロ

本当はお米も持って行くか迷ったんですよね~

でも重いのでやめました。

フィリピンのお米でもいいし、そんなに高くなければ日本のお米を現地で買う予定です。

フィリピン米は子供が食べてくれるといいんですが、、、

ふりかけでごまかして食べさせたいと思います。

 

親子留学の便利グッズを楽天ルームにまとめています♪荷物準備のご参考にどうぞ。

楽天Roomバナー