子連れ海外で絶対必要なのは「お薬」!おすすめの市販薬・衛生用品のご紹介

持ち物
 

海外に行くのに絶対必要なものってありますよね。

パスポートとか航空券とか。

それ以外はぶっちゃけ忘れても、現地でたいていの物は手に入るんですよね~。

モモシロ
日本と同じ機能やクオリティを追求しなければですが。。。

 

特にセブでは、日本の食べ物なんかも(割高だけど)売っています。

子連れだとあれもこれもとどんどん荷物が増えていきますが、まあ何か忘れても買えばいいか、と気楽に考えてください。

でもね、お薬だけは別!

特に子供!

 

子供の急な発熱や体調不良はつきものです。

さらに、気候や生活の変化で普段よりも体調を崩しやすくなりますから、日本で使い慣れているお薬は絶対必要です!

短期間でもしっかり備えておきましょうね。

この記事では、親子留学で持参するべきお薬類について説明しています。

モモシロ
ドラッグストアで買える物をまとめています。

 

親子留学の完全リストはこちらです。

フィイrピン親子留学の持ち物リスト

子連れ海外(フィリピン)の持ち物リスト完全版!親子留学前に必ずチェック

使い慣れたお薬は絶対手元に必要

持ち物

お薬は使う機会がないのが一番ですが、いざという時のために持っているだけでも安心です。

心配な症状が続く場合は病院を受診した方がいいですが、お医者さんに診てもらうまでもない場合は使い慣れたお薬が一番です。

使わなかった場合は長期滞在の生徒さんに譲ったり、語学学校に置いていくと喜ばれます。

 

お薬に関しては、おおげさかな、というくらい用意するのが丁度いいのかもしれません

我が家がフィリピン親子留学の際に用意したお薬をご紹介しますね。

 

【市販薬】はいつもの常備薬を持参

こちらは持参した市販薬の一覧です。

ご家庭によって多少違ってくると思いますが、使い慣れている物が一番です。

 

 

【処方薬】もしものときの処方薬はお守り!

上記以外に、以前胃腸炎や発熱などで受診したときに処方された薬を持参しています。

  • 解熱剤(カロナール)
  • 抗生剤
  • 吐き気止め(座薬も)
  • 咳止め(ホクナリンテープ)
  • 抗アレルギー薬

これはお子さんによってですが、よくなる症状があれば、現地でも対応できるよう、日本で事前にかかりつけ医に処方してもらうことをおすすめします!
ホント、使う機会がなければ一番なんですけどね。

 

虫除け・日焼け・空気汚染対策

お薬ではありませんが、虫除け対策も一通り持参しています。

 

その他衛生用品

その他にもドラッグストアで購入できる商品をご紹介します。

外出先でトイレに紙がない場合やあまりキレイではない場合があるので、持ち歩くようにしてください。

トイレットペーパーは学校の寮で備え付けのものがなくなったら後は自分で用意するよう言われる場合があります。

除菌シート以外は現地でも買えますが、荷物に余裕があれば持って行くといいでしょう。

 

自然療法グッズ

これ以外に、薬ではありませんが我が家ではうがい用のアロマオイル(カレンデュラ)、免疫力対策のレメディディウムなど、自然療法的なものも持参しています。

 

最後に: お薬だけはしっかり持って行こう

モモシロ

とにかく備えあれば憂いなし

何もなければそのまま日本に持って帰って使えばいいしね♪

 

もし忘れてしまった物があっても、他の生徒さんが持ってきていたりする場合があるので聞いてみてください!

こういう時は助け合いたいですね。

 

子供の体調不良って、かわいそうだし心配で心配で本当に疲弊するので、できれば元気いっぱい過ごして欲しいものです。

それから親もしっかり健康に気をつけないと、自分がダウンしたら何もできなくなっちゃいますので本当に注意が必要ですよ。

 

親子留学の便利グッズを楽天ルームにまとめています♪荷物準備のご参考にどうぞ。

医薬品は楽天ROOMには載せられませんでした。このページの商品リンクを参考にしてください。)

楽天Roomバナー

 

 

●息子がぐんぐん英語を吸収した幼児のおすすめ英語アプリは楽天 ABCmouse
ABCマウスの詳細レビューはこちら

●サンプル動画がおすすめの英語DVD「ミライコイングリッシュ
ミライコイングリッシュの詳細記事はこちら

セブ島・フィリピン親子留学、マイルで子連れ旅行についてもっと知りたい?

友だち追加

LINEでブログ更新情報をお知らせします。親子留学の無料相談もこちらからどうぞ。