迫り来る納期と子供の病気!そんなときフリーランスママは…

子ども
フィリピン親子留学をきっかけに、子育てを楽しめるようになったモモシロ(@totovito)です。
 

 

私はフリーランスで翻訳の仕事をしている、いわゆる個人事業主です。→モモシロのプロフィール

 

モモシロ
子供が生まれてから、自宅で自由が利く在宅翻訳の仕事に興味を持たれている主婦の方が多いことを知りました。

仕事のことや子供を持つフリーランスの実態についてもブログで紹介していこうと思います。

 

さて、今週はずっと2歳のあーすけの発熱に振り回された1週間でした。

最初の計画では海外に出発するはずだったので、予定通り決行していたらどうなっていたことか。。。

 

金曜日に1日だけ保育園に登園できましたが、回復まで4日かかりました。

今回は、仕事の納期を抱えながら子供を看病した、修羅場ウィークを時系列にご報告します。

モモシロ

思い出しただけでもぞっとするわあ

もうこんな経験はしたくないわあ

(と言いつつ子供の体調不良は定期的に訪れるんだよなあ。。。)

 

1週間の経緯

 

【月曜日】明け方の発熱

  • AM4:00頃 楽しい週末を過ごした月曜日の明け方、ふと目を覚ますととなりで寝ているあーすけがなんだか熱い。そっと体温を測ると38.5度

  • そっと起き出し、前の週の金曜日に打診があった仕事のキャンセルメールを取引先のA社に送る。
    先方からまだ返信がなく、確定していないため今回は仕事が成立していないとの判断から。
  • 5:00 単身赴任中の夫が赴任先に出発。熱があることを伝えるがどうしようもない。
    夫そのまま出発。
    さようなら~~~
  • 7:00 りぃ子起床。事情を話す。
    私も仕事をキャンセルしお休みになったので必然的に上のりぃ子も休ませなくてはいけない。
  • 8:30 あーすけの保育園にお休みの連絡。
    相変わらず38度台
  • 9:30 取引先A社から連絡があり、作業量が減ったからとの再打診。
    納期は水曜日の13時。
    まあこれくらいの量なら看病しながらでもなんとかなるかなと受けてしまう。
  • 10時過ぎ メインの取引先B社から翌週までの打診。
    これが来ると分かってたらA社の仕事やらなかったかも。
    しかも慣れた案件。
    逃したくないがスケジュール的に無理。
    量を減らしてもらうか納期を1日延ばしてもらえないか問い合わせ→1日延長できるとのことでやることに→作業開始。
    しかし私の読みが誤っていたことに気がつく。
    1日程度の延長じゃ厳しいことが判明!!!!やっちまった~
  • 12時前 A社の関連書類が届く。
    こちらの方が短納期のため先に着手。
  • お昼ご飯、子供たちに何を食べさせたのかさえ思い出せない状態。
    子供2人にテレビを見せ続けるしかなく、その横でひたすら作業。。。

  • 午後になりあーすけ寝る。元気な上のりぃ子が暇すぎてひたすら話しかけてくるがテレビを見せてとにかく仕事を前に進める。
  • お昼寝から目覚めたあーすけ、39度!!!
  • かかりつけの小児科が月曜休診のため、別の近所の小児科へ。
    熱以外の症状が見られないので今のところ夏風邪としか判断できないと言われる。
    解熱剤のみもらい帰宅。
  • やはり翌日も絶望的なので、病児保育のベビーシッターの手配を依頼する
    https://twitter.com/totovito/status/1016227460281610240
  • 診察後コンビニで買ってきた適当な物を晩ご飯として食べさせる。
    あーすけは熱のわりにはそれなりに食べた。
  • 22時半頃、子供の寝かしつけを完了し、仕事再開。
    月曜日からすでに疲れているが2時頃まで作業。

 

【火曜日】病児保育ベビーシッター依頼

 

  • この日は9時から17時まで病児保育のシッターさんをお願いすることができました。
    家のことを一通り説明してからりぃ子を保育園に送り、私は家の近くのワークスペースでとにかくひたすら作業。

 

  • 午前中、お昼とメールで状況報告のメールあり、熱は37度台で落ち着いており、とてもいい子で過ごしているようで安心する。
  • ところが!!!お昼寝後の連絡で39度に上昇
  • 片方の子がお休みで仕事をするときは16時半お迎えという保育園ルールのため、やむなく仕事を切り上げお迎え。
  • 帰宅するとあーすけ顔真っ赤!!
  • 今までは熱はあっても機嫌は悪くなく、それ以外の症状はなかったのが、ケンケンとした咳が出てきて辛そう。
    心配なので昨日とは違うかかりつけの小児科へ。
    やはり夏風邪の症状と言われるが喉が腫れているとのことで、解熱剤以外の薬をもらう。
  • 再度病児保育のベビーシッター手配以来。
    しかし希望の時間では見つからず13時半~17時のみになってしまう。
  • 生協の宅配日だったため、夕食は届いた食材で何とかしのぐ。
  • 22時半頃、寝かし付け完了し作業再開。ワークスペースで集中して作業できたのでA社の案件を前倒し納品。
    B社の案件に取りかかる。
    しかし疲れが出てきたのか全然進まない。
    途中でウトウトして中断、なんとか再開しようとしてもすぐにウトウト、、、効率が悪いのであきらめて25時前に就寝。
    この時点の作業進捗、目標の40%ほど。
  • 夜中にあーすけ39.8度!!!!!
    恐ろしくなってさすがに解熱剤を使う。
    とても喉が痛いみたいで咳をしては痛くて目を覚まして泣くを繰り返す。
    眠れなくて辛いね。

 

この日のベビーシッター料金 22,400円プラス交通費(自治体の助成で一部返金される見込み)

 

【水曜日】熱の乱高下と4回目の診察

 

  • 朝は37度台。仕方なくあーすけも連れてりぃ子を保育園に送る。

  • 引き続きあーすけにテレビを見せながら隣で作業。
    やはりたびたび中断するので進みが悪く焦り始める。
  • あーすけの咳もなかなか良くならず心配になり、今度は耳鼻咽喉科に連れて行く。
    小児科の薬を見せたところその薬を飲ませ続けるように言われる。
  • お昼ご飯、必死すぎて何食べさせたかやはり覚えてない。家にあった物を適当に。。。
  • 12:40 あーすけ寝る。
  • 13時すぎ シッターさん到着。寝ているあーすけをシッターさんに託してワークスペースへ。
  • 約3時間、ものすごい勢いで仕事。もちろん予定より遅れている。
    少しでも遅れを取り戻すべくひたすらタイピングしていたら両手が腱鞘炎気味になる。痛い。痛いが打ち続けるしかない。。。
  • 前日同様にりぃ子をお迎えに行き帰宅。
    お昼寝から目覚めたあーすけまた熱が38度台に再上昇
  • 咳が出ていたあーすけ、遂に声が出なくなる!!!
    内緒話のこそこそ声で話しているので「あーと言ってみて?」と言わせてみると、「はーーー」とかすれた息しか出ない。
    これはおかしいんじゃないかともう一度受診しようとしたのがかかりつけの小児科の終了5分前!!!
    ダメ元で家を出てひたすらダッシュしたけど、あーすけを抱っこしている私は早く走れない。。。
    りぃ子に頼んで診察券を渡し、先に走って行ってもらってギリギリで滑り込みセーフでした。
    りぃ子ありがとう。汗だくだくでした。
    鬼の形相で走っていたと思いますが、あーすけはキャッキャキャッキャとはしゃいでいました。
    診察の結果、肺炎にならないようにと強い薬に変えてもらいました。
  • 生協の調理セットで夕食。
    あーすけあまり食べず。
    薬を嫌がるのでバニラアイスに混ぜてごまかして与える。
  • 月・火とお風呂に入れていなかったけど熱自体は下がっていたのもあり久しぶりにシャワー。
  • うっかり寝かしつけ中に子供たちより先に寝てしまう。りぃ子の「あーちゃん、ママ寝ちゃったね」という声で我に返る。
    5~10分程度か。。。
  • なんとか起きて寝かし付け、その後後仕事に戻る。
    このままだと納期に間に合わないのでかなり焦って作業。
    26時過ぎまで作業して就寝。この時点の作業進捗、目標の50%ほど。

 

この日のベビーシッター料金 9,800円プラス交通費(自治体の助成で一部返金される見込み)

 

【木曜日】回復傾向も機嫌悪し

  • 前日まったく声がでなくなったあーすけ。
    朝起きるとハスキーではあるものの少し声が出るようになっていた!薬が効いたのかな。
  • あーすけの熱は37.4度。無理して登園させるのには不安が残る体温のため、やはり休ませることにする。
  • 休みも4日目、シッター料金もかさむため、この日は私が看病しながら仕事をすることに。
    案の定午前中はまったく作業が進まない。
  • お昼は移動販売のパン屋さんで購入。あーすけ全然食べず。
  • 午後になってお昼寝した!!!
    この間に追い上げ作業!!
    まったく進まないかと思っていたがお昼寝中に挽回できました。
  • だいぶ元気になっていたので、りぃ子帰宅後習い事のピアノ教室に同行。
    元気いっぱいでお姉ちゃんのピアノに合わせて身体を動かしていました。
  • この日はなぜかなかなか寝ない。
    隣の私のお腹の上に乗ったりグリグリして1時間ほど。
    仕事をしなくちゃいけないので早く寝ろ早く寝ろとイライラ。
    看病疲れも出てきて、同じように寝ないりぃ子に辛く当たってしまう。
    久しぶりに何もかも投げ出したい衝動に駆られる。
  • やっと寝たと思ったら23時過ぎ。
    疲れすぎて仕事がまったく進まない。
    ちょっと一休みと思ってソファに横になったらうっかり寝てしまった。
    がんばったよね、私頑張ったよね。
    25時前には就寝。

 

この時点の作業進捗、目標の50%ほど。

 

【金曜日】ようやく登園と疲労蓄積

 

  • あーすけ、久しぶりの登園。先生たちに痩せたね、と言われてしまう。笑顔でバイバイしてくれた。

  • お呼び出しを覚悟しながら仕事をしたが、いつものお迎え時間まで頑張ってくれました。
  • お迎えに行くと「まだ本調子ではなかったようで元気がありませんでした」と言われる。
  • 夜から急に「ママ、ママ、ママ」と言ってつきまとい離れない。グズグズ。ご飯の準備もできない。
  • お風呂も歯磨きも全力拒否(あきらめました)。パジャマを着替えさせるのに30分以上かかる。最後は泣き叫ぶのを羽交い締め。寝かし付け時もあっち行くとリビングに行くことを主張して大暴れ。

 

モモシロ
これが熱が下がった後の不機嫌症状か。。。。(´・ω・`)

元気になって安心したけど、これ、私平常心で付き合えないよ

 

  • 23時前 単身赴任の夫が帰宅!
    おおっと!あーすけ、笑顔を見せた~。
    パパとお風呂入る?と聞いたら入るというのでささっとシャワーしてくれた。
    すんごい助かった~。あんなに寝なかったのに、シャワー後ニコニコして就寝。夫ありがとう!
  • 家族が寝静まった後仕事再開。25時頃就寝。この時点の作業進捗、目標の80%ほど。一日作業に集中できたのが大きかった!

 

【土曜日】連休の追い上げスタート

 

  • 5時頃起床、家族が起きるまで仕事をして、起きたら夫に子供を託してワークスペースへ行って追い上げ作業。
  • 11時過ぎ、夫が美容院に行くので作業を終了して子供をバトンタッチ。
  • 22時半、家族で1日すごし夜の寝かし付け終了。現在に至る。この時点の作業進捗、目標の80%ほど。

 

こんな感じで、看病に追われつつも仕事を進めた怒濤の1週間でした。

連休中、夜間の作業をしたら来週の納品に間に合いそうです。

(ただし、来週子供が元気に登園するのが前提ですが

 

1週間乗り切っての感想

 

しかし子供の体調不良って親の私も何でこんなに消耗するんでしょうね。

辛そうな様子を見守るだけで心配で仕方がないし、この熱がいつまで続くのだろうか、何か大きな病気だろうか、もしかして入院になってしまったらどうしよう、と不安が広がっていくからでしょうね。

今回は熱が上がったり下がったりを繰り返したので、そのたびに一喜一憂したこともあるかもしれません。

看病の負担に加え、一度受けた仕事はどんなことがあってもやり通さなければいけないという状況もキツかったです。

あーすけも最近丈夫になってきたので、2日くらい休めば登園できるのかなあと考えた、最初の時点の読みが甘かったのが反省点です。

 

上の子のりぃ子にも淋しい思いをさせましたが、協力してくれて助かりました。

あーすけも辛かったと思いますがよく頑張りました!

 

3日間で4回も診察を受け、お口あ~~~んが怖くて毎回泣いてしまいました。

イヤだったよね、でもお薬もらうために見てもらおうね、と言ったら良く理解しているようでした。

今後についても、子供は熱を出すものですからこういうこともあると覚悟し、その時点でできるベストの方法を考えてやっていくしかないですね。

 

これからもこういう状況は発生すると思いますので、自分も共倒れにならないように気をつけながら、病児保育などいろいろな策を用意しておくことが重要です。

このハードな日々を何とか乗り切れたのは、愛用の養命酒と疲労回復のために飲み始めサプリのおかげもあるかもしれません。

普段からの体調管理、本当に大事だと思い知りました。

 

モモシロ
あとはダンササイズもちょっとは役に立ったかな笑

これからもダンササイズは続けていきます~♪

アラフォーにドンピシャなTRFダンスDVDで夜な夜なダンササイズ♪

 

子供の体調不良に事前に備えよう

 

私は両親遠方、夫単身赴任のため、何かあったときには育児を外部のサービスに頼らないと仕事を続けられません。

また、周囲に頼れる人がいる場合も、急な場合にはお願いできない場合もあります。

病児保育施設も満員で入れないことも可能性としてありますので、複数のサービスに登録しておくと安心です。

普段ベビーシッターサービスを利用していない場合も事前に登録しておき、元気な時に試しに利用して、使い勝手を確認しておくことをお奨めします

 

病児保育におすすめのベビーシッターサービス

 

今回お世話になったサービスです。

病児・病後保育に対応しています。登録当日でも可能な限り病児保育対応のシッターさんを探してくれるので本当に助かりました。

入会金0円のコースもあります。

ベビーシッターさんの全体的なレベルが非常に高く安心しておまかせできます。

急な依頼でも極力探してもらえます。

登録制で月の初回の利用料は無料。

当日朝8時までの依頼はシッターさんの手配を約束してくれます。

利用料は高いですが絶対に仕事を休めない人にはすごく頼りになる存在です。

個人のベビーシッターマッチングサービス。病児・病後保育対応の方に絞って検索することができます。

急だと来てくれる方を見つけにくいかもしれませんが、そんな時は自分から募集をかけることもできます。

コチラの紹介リンクからクーポンコード「kids_0870205664」で登録すると、初回利用が引きになります