【フィリピン ドゥマゲテSPEA親子留学体験記】子供の体調不安、焦らず慌てずゆっくりと【11日目】

3回に渡るフィリピン親子留学をきっかけに、子育てを楽しめるようになったモモシロ(@totovito)です。
 

3歳と7歳小1の子供を連れて、2019年7月~8月にフィリピン、ドゥマゲテの「SPEAエスピーイーエー」に3週間親子留学をしました。

※この日はそれほど特別なことはしてないので、学校の情報などを求めている方はスキップして次の日にお進みください。➡12日目の体験記へ

ドゥマゲテSPEA親子留学11日目のまとめ
  • 担当講師は1週ごとに変更
  • 講師のアサインはリクエストを出すことも可能

2週目スタート

今日から新しいご家族も加わって新しい週のスタートです。

1週間の月曜日、ハードだったなあ。

今週はゆっくりスタートできそうです。

 

担当の先生もだいぶかわりました。

私、てっきりバディティーチャーは固定かと思ってたんですが違うんですね。

別の先生に代わってました。

先週のバディティーチャーは気が合って楽しかったので残念。

 

前の週の最終日に、先生の評価やコメントを書きます。

ボキャブラリーの先生は継続してほしいとリクエストしてそのまま継続になりました。

レッスン内容は先生と相談してリーディングに変更することにました。

ボキャブラリーちょっとつまらなかったので…。

 

あーすけ 体調不安とぐずぐず

心配していたあーすけのお腹の具合ですが、完全に下痢になりました。

やっぱりフィリピンに来ると下痢・腹痛はつきものだと思ったほうがいいかも。

はっきりとした原因はわかりません。

フルーツの食べ好きかもしれないし、どこかで飲んだ水かもしれない。

 

だけど、機嫌はそれほど悪くないしご飯もしっかり食べました。

 

ビオフェルミンを飲ませ、今日は1日おむつにすることにして先生にもしっかり説明しました。

 

体調がよくないからかグズグズになってしまい、2コマ目は「お腹が痛い」、「ママのところに行く」と言ったらしく、途中から教室に来て私の隣に座ってレッスンを受けました。

3コマ目が始まる前、今度はAちゃんのところに行くとぐずり始めました。

Aちゃんは今小学校(サイモン)に行っているよ、というとあーすけもサイモン行く、サイモン行く!とギャン泣き。

 

サイモンはおむつの子は行けないんだよ、と言うとあーちゃんおむつもう履かない!パンツ履く!と言い出しました。

しまった・・・。

変なこと言わなければ良かった。

 

仕方ないのでおむつの上にパンツを履かせると、すっかりサイモンに行くつもりになっています・・・。

レッスン時間になったので先生と一緒に外を散歩させようとしたのだけど私の手を握って離しません。

なんとか説得して教室に戻り、2コマ目と同じように私の隣の席でレッスンを受けさせることにしました。

 

先生に抱っこしてもらって過ごしていたあーすけ。

途中でふと見ると、先生の腕で寝てしまっていました。

体調も良くないし、疲れがたまっているんだね。

あんまり心配しすぎてもしょうがないし、今日は無理しないようにして過ごそうね。

 

でも午前中のレッスン中は排便はなく、お腹は少し落ち着いたみたい。

3コマ目終わったらAちゃんも学校から帰ってきたので一緒にお昼ごはんを食べました。

3年生だけどいつもあーすけに付き合って面倒を見てくれてすごくいい子。

だけどAちゃんは今週で帰っちゃうんだよね。

来週からAちゃんいけないけど、あーすけどうなっちゃうんだろう?

Aちゃんロスにならないかな。。。

 

午後はAちゃんもいるので、キッズルームで落ち着いてレッスンを受けられました。

日中は2回停電。

やっぱり停電多いね。

夜になって排便し、ゆるいもののちょっと回復したかな。

もう少し気をつけて様子をみることにします。

お兄ちゃん達に遊んでもらうあーすけ。よかったね。

 

レッスンの後、学校の敷地内で飼われている動物を見に行きました。