【SPEA体験記】3人でドゥマゲテを探索&親子マッサージ【17日目】

クエゾンパーク

3歳と小学生(1年生)の子供を連れて、夏休みにフィリピン、ドゥマゲテの「SPEAエスピーイーエー」に3週間親子留学をしました。

ドゥマゲテSPEA親子留学17日目のまとめ
  • フィリピン版ドンキホーテの「ユニトップ」で衣装探し
  • トライシクルに乗るときは頭上に注意!
  • ドゥマゲテの人気店ランタウは私的にはイマイチ
  • 私3回目、親子で2回目のマッサージへ
  • シティモールのキッズプレイエリアは広くないけど小さい子は十分楽しめる

17日目に行った場所

Loading map...

Loading

  • ユニトップ(フィリピン版ドンキホーテ)
  • トップスアンドボトムス(閉まっていたので素通り)
  • クエゾンパーク(公園)
  • ランタウ(有名レストラン)
  • ナチュラオジリンスパ(スパ)
  • シティモールの文具売り場・Infinitea・キッズプレイエリア・フードコート

 

日曜日の朝

朝起きてとなりを見たら昨日散髪したあーすけが寝てて、見慣れてないので新鮮。

我が子ながらかわいいなあとしばしぼーっと見てしまった。

日々やることに追われている日本では、子供の寝顔をじっくり見る余裕もなかなかなくて、こういうのも嬉しい。

昨日買ったウベのおまんじゅう(ピアヤ)をトースターで温め、りぃ子のリクエストでレトルトのお粥やインスタントの納豆汁と一緒に朝食。

ピアヤ

変な組み合わせだけどまあいいでしょう。

ピアヤは美味しかったらお土産に追加購入しようと試しに買ってみた物。

おいしいんだけど、ちょっと崩れやすいかな。

日本に持って帰ったらボロボロになってしまいそうです。

 

パーティーの衣装探し…断念

私たちが卒業する今週金曜日にSPEAの創立記念パーティがあるそうなんです。

先週の木曜日くらいにドレスコードの発表があって、黒か白を着てきて欲しいとのこと。

フォーマルな服もパンプスも持ってないし、黒や白の服もないので3人分買わなくてはいけません。

 

先生に聞いたらダウンタウンの「ユニトップ」と「トップスアンドボトムス」の2軒が安い服売ってるよ、とのこと。

ゆっくり朝食を食べてから、トライシクルでユニトップに向かいました。

ユニトップの外観

ユニトップはフィリピン番ドンキホーテみたいな感じ。

入口でリュックを預けるように言われて預けました。

(フィリピンではショッピングモールに入る時など荷物チェックがあり、大きな荷物は預けるよう言われます)。

 

お店自体はいろんなものがあって見て回るのは楽しいですが、今回は子供を連れて目的の服を探さなければなりません。

ユニトップの店内 ユニトップの店内

ここやだと帰りたがるあーすけをなだめ、逃げ回るあーすけをりぃ子に託し、急いで店を周り探し回りました。

子供服はたくさんあってもTシャツとかばかりでフォーマルっぽい服は見つかりません。

おもちゃ買ってあげるからと言い聞かせてもそろそろ限界。

自分の服を探す余裕すらなく、諦めました。

 

店を出て預けたリュックを受け取ると、ドロみたいな汚れがついてて汚くなってる!

手ではらっても取れない!

普段は、まあこういうところがフィリピンだよねと流せることが、この時は無性に腹がたちました。

 

なんで楽しい休日の時間を割いて気の進まないパーティのために欲しくない服を子供にしんどい思いをさせながら探さなくてはいけないのか!

念のためもう一軒、トップスアンドボトムスに行ってみたけどこちらは閉まってました。

 

多分こういう衣装探しも含めて楽しみましょうというスタンスなんだと思いますが、今回は無理してまで参加しなくていいやと早々にパーティー欠席を決意。

夜遅くまでのパーティで子供がぐずりそうだし、うちは荷造りもしなくてはいけないし。

 

子供向け遊具があるクエゾンパークの前を通り、りぃ子が遊びたいと言うのでちょっとだけ立ち寄りましたが暑くてすぐに退散。

クエゾンパーク
クエゾンパーク。ここで青空マッサージを受けられたりします。

 

ランタウで昼食

暑い中を歩き回って疲れました。

気持ちを切り替えてお昼ご飯に行くことにしました。

子供に合わせると外食はファーストフードやフードコートばかりなので、今日はちょっといいレストランでランチしようねと言ってました。

ブリバードという海沿いの通りにある行ってみたかった有名店「ランタウ」へ。

ここはドゥマゲテの2大有名店の1つで、シーフードがおいしいと聞いていました。

 

ところがトライシクルに乗り込む時に思いっきり切り頭をぶつけてしまうという。

トライシクルによっては、天井部分に鉄のバーみたいな突起物があるのがあるんです。

トライシクルドライバーさんが陽気なおじさんだったからノリに合わせて笑ってたけど、その後しばらくはずんずん頭が痛くて痛くて・・・ダメージ大きかったです。

 

トライシクルに乗るときはくれぐれも頭上に注意してくださいね!

 

そんなこんなでランタウに到着。

予約なしでも入れましたが、エアコンなしの席に案内されました。

ちょっと暑かった。

シーフードが美味しいと聞いていたけど、結局子供の好みに合わせるとメニューの選択肢があまりないことに気がつきました。

ハマグリのスープかおいしいと聞いていたけど子供は飲まなそうなので断念…

 

あまり品数も頼めないし、他にも誘って複数家族で来ればよかったのかな。

 

かなり時間がかかると聞いていたけど、そもそも呼んでも注文をなかなか取りに来ない。

やっと注文しても飲み物が来るまでに15分くらい…

カラマンシージュース
頼んだのは我が家では定番のカラマンシージュース

料理は30分くらいで来たけど間違えて隣の席に置かれてたり。

料理はまあ美味しかったです。

ランタウの料理

ルンピア(春巻き)、エビ、ガーリックライス、何かの焼き魚などを注文。

一応ドゥマゲテの一流店という位置付けの割にはサービス的にもどうかなと思いました。

評判のいいお店ですが 私としてはうーんというところ。

お店の敷地内に遊具があって子供が遊べるようになっているんだけど、日中は暑くて子供が長く遊ぶのは無理そうでした。

ランタウ内のプレイエリア
ランタウ内のプレイエリア

 

まあトライシクルに頭ぶつけて辛かったし、衣装探しで疲弊してたし、また別の機会に来たら印象変わるかもしれませんね。

でもアメックスが使えたのはさすがだと思いました(VisaとMasterしか使えないところも多い)。

 

子連れマッサージ再び

ご飯を食べてる間、りぃ子もあーすけもまたマッサージに行きたいと言い出しました。

調べてみたらこの前私だけが行ったナチュラスパは今いるランタウから直線で500メートルくらいでした。

今から3人で行っていい?とテキストメッセージ送ってみたら、数秒でOKとの返事。

 

歩いて行こうかと思ったけど、レストランの前で待ってたお兄さんが20ペソで行ってくれるというのでトライシクルに乗ったらあっという間に到着。

ナチュラオリジンスパの外観

ここはキッズマッサージというメニューはないものの、子供もOKとのこと。

私は60分の全身マッサージを受けました。

 

子供らは同じメニューを30分ずつでお願いしました。

子供は隣の部屋でマッサージを受けたんだけど、終わったら私のところに来ました。

あーすけがママーおわった?とやたら話しかけてきたり、ベッドの周りを走り回ったりしてて落ち着かず…

 

でも私の担当の女性が施術しながら子供の相手もしてくれて、途中トイレに行きたいというあーすけをトイレに連れて行ってくれたりしました。

私も1歳の息子がいるのよーという話になり、旦那が逃げたので私が頑張って働かなくちゃいけないのよ~と。

子供もお世話になったことだしチップを渡しました。

オリジンナチュラスパの受付

トライシクルに頭をぶつけて、首と肩が痛かったのですが、このマッサージで体が軽くなりました!

疲れてきたらマッサージで鋭気を養ってる感じだな。

子供の分も合わせて1000円ちょっと。

 

シティモールのキッズプレイエリアへ

SPEAに帰る前にりぃ子の希望でシティモールに立ち寄りました。

文房具売り場に、紙コップにビーズ詰め放題というコーナーがあって、それを買って欲しいとずっと言われてたのです。

ビーズ売り場

すりきりまで入れてレジに持ってったら、いきなり勝手にごそっと抜かれてふちから2cmくらいにされた。

置いてあったサンプルはすりきりだったのに。

まあ仕方ない。

 

あとはポテト屋さんのポテト。

これもずっと食べたい食べたいと言われてたので購入。

ポテト

 

私もアイスティーが飲みたくてinfinitea(ブリバード沿いに本店あり)でアイスティーを購入。

Infinitea

しかしちょっと失敗しました。

 

ポテトで小腹を満たしてから、シティモール内の子供の遊び場に行きました。

シティモールのキッズプレイエリア

ここで30分だけ遊びました。

30分90ペソ。

キッズプレイエリアの料金表
正確な料金はコチラ

やっぱりここも靴下着用必須で、5歳までは大人の付き添い必要。

あまり広くないけど、小さい午後楽しむには十分かな。

りぃ子は早速同じ年くらいの女の子に話しかけて一緒に遊んでいました。

日本では、公園などで他の子に自分から話しかけて一緒に遊ぶということはあまりないんです。

フィリピンではいつもあまりに自然に他の子と友達になっているので、なんて言って話しかけているのか聞いてみました。

すると、友達になりたい子がいたら「Let’s play!」とか「Be my friend!」と言うんだって。

そうすると大抵「OK!」とか「Sure!」って応えてくれるそう。

 

むむむ、、、、なかなかやるな!

 

あーすけは1人で黙々と…。

 

夕食はジョリビーをテイクアウト。

ランタウで食べきれずにお持ち帰りしたおかずもあったのでそれで夕食を済ませました。

 

今日行ったマッサージの話を他のご家族にしたら明日行きたいとのこと。

テキストメッセージ送って赤ちゃん連れなので大丈夫か聞いたらまた即レスでノープロブレムとのこと!

日本のスパだと落ち着いて過ごすための大人の場所なので、お子様連れはご遠慮くださいとかなんとか言われるよね。

フィリピンのどこへ行っても子供ウェルカムなところが好き。

 

お友達へのアクセサリー作り

夕食後、りぃ子はビーズでアクセサリーを作り始めました。

サイモン(現地校)も今週最後なので、仲良くなったお友達(アップルとチョンチョン)にあげるんだって。

SPEAも新しい家族が4組来たので、また賑やかになるかな。

\モモシロはSPEAの留学代理店です!/

無料留学相談はお問い合わせフォームまたはLINEからご連絡ください。

セブ島・フィリピン親子留学、マイルで子連れ旅行についてもっと知りたい?

友だち追加

LINEでブログ更新情報をお知らせします。親子留学の無料相談もこちらからどうぞ。