【SPEA体験記】ハードな学校初日【4日目】

3歳と小学生(1年生)の子供を連れて、夏休みにフィリピン、ドゥマゲテの「SPEAエスピーイーエー」に3週間親子留学をしました。

 

ドゥマゲテSPEA親子留学4日目のまとめ
  • 初日はスケジュールぎっしりで結構キツイ
  • SPEAのレベルチェックテストはかなりしっかり
  • テスト結果のフィードバックは大人も子供も細かく評価
  • トイレトレーニングは難題!子供に関する先生への伝達事項は念入りすぎることはない!

4日目に行った場所

Loading map...

Loading

 

1日のスタート

学校スタートの月曜日です。

朝起きて、まずは朝ご飯をいただきます。

SPEAの食事

朝食の後ズンバタイムがあって、みんなでズンバ。

それから新しく入った家族の紹介が簡単にありました。

 

そして月曜日はお洗濯をしてくれる日なので、さっそく溜まった洗濯物をドアの外に出しておきました。

 

入学初日のスケジュール

入学した月曜日はいろいろなオリエンテーションやテスト、シティツアーがあります。

初日なので徐行運転かと思いきやめっちゃきつかった!

スケジュール的には次の通り。

 

  • 7:00 朝ごはん
  • 7:55 ズンバ→新入生の簡単な紹介
  • 8:00 レベルチェックテスト
  • 10:00 オリエンテーション
  • 11:00 バディティーチャーとの面談
  • 11:50 ウェルカムセレモニー→昼食
  • 13:00 シティツアー&両替&買い出し
  • 16:00 テスト結果フィードバック→清算

 

ここまで息つく暇もなくバタバタ。

テストは2時間近くかけてかなりしっかりやりました。

リスニングテストから始まり、先生と1対1のスピーキング、ライティング、リーディング、文法など。

久しぶりに頭を使ったのでかなりぐったりしました。

 

りぃ子もあーすけも、それぞれレベルテストを受けました。

ちらっと様子を見かけたのですが、かなりしっかりやっていた印象です。

子供は先生が一緒に遊びながらですが、子供にここまできっちりとしたレベルチェックをしたのはこの学校が初めてでした。

 

ぐったりする間もなく、時間にそってスケジュールをこなし、お昼ご飯を食べた後は車でシティーツアーに出発です。

 

ドゥマゲテ観光

同じ週に入学したご家族と一緒に、ドゥマゲテの街を車で案内してもらいました。

ところが、雨が降ったりやんだりであまりお天気が良くなくて。。。

子連れで車を乗り降りするのも老体にはこたえました。。。

 

あーすけも疲れてぐずるのをあやしながらだったのでなんだかしんどくって、小さい子供は学校でお留守番させてくれたらいいのにと思いました。

 

Dumaguateのサインボード

まずは観光地っぽいところへ。

海沿いにある「Dumaguate」と書かれたサインボード

ドゥマゲテに来たらここで写真撮らないとという感じですね。

 

ここも途中で雨がポツポツ降ってきて早めに引き上げました。

 

ベルタワー

こちらもドゥマゲテのシンボルであるベルタワー。

スペインの統治下にあった時代の見張り台として立てられた塔だそうです。

先生がわざわざパノラマで撮影してくれました。

 

この隣に教会もあったんだけど、雨が降ってきたので寄りませんでした。

 

両替&リープラザで買い出し

最後に、ダウンタウンの中心にあるリープラザという大きなショッピングモールに行き、生活に必要な物の買い出しをしました。

 

その前に、隣のビルで現金の両替、ATMでペソの引き出し。

 

20000ペソ引き出そうとしたらエラーになってしまいました。

セブでは20000ペソでも大丈夫だったんだけどな。

カードやATMの種類によって上限が違うのかな。

 

飲み物とか、小学校のスナックタイムのお菓子とか。

あとはりぃ子の小学校で水曜日にお祭りがあるそうなので、そこで必要な紙コップや紙皿を購入。

 

りぃ子の好きなお菓子もありました。

鷲のマークの大正製薬、リポDも見つけた!

日本のよりデカイ!

 

レベルチェックテストのフィードバック

学校に戻ったら、テスト結果のフィードバックがありました。

私の分と子供2人の分。

子供に対してもしっかりテストして詳細に評価されてたので驚きました。

 

今まで行った別の2校では、一応子供もレベルチェックテストがあったんです。

でも、こんな細かいフィードバックはなかったですね。

 

私のテスト結果はさておき、りぃ子は案の定読み書きのスコアがあまり良くなかったです。

明日からはそこら辺を重点的にやってもらえるようお願いすることにします。

 

あーすけのトイレトレーニングで問題発生

 

今日のオリエンテーションやレベルチェックテストとは子供と別々だったので、その間子供は先生とキッズルームで過ごしました。

 

今回の懸念事項はあーすけがトイレトレーニング中だというたことです。

日本にいるときから、「おしっこはピーだよ、うんちはプーだよ、おトイレ行きたいときは先生に言おうね、トイレトイレ!でもいいからね」と言い聞かせていました。

 

朝の時点でバタバタな中、直接先生に話をしたいので、あーすけがトイレトレーニング中でサポートが必要なことを口頭で伝えました。

伝えた、はずなんですが・・・。

 

あーすけはトイレ行きたいと自分で伝えてトイレに行けたようです。

しかし、ウンチをした時にお尻を拭いてもらえなかったんです。

 

シティツアーの途中でパンツにウンチが付いていることに気がつきました。

本人に聞いたら先生がお尻を拭いてくれず自分で拭いたと。

それでお尻の穴が痛くなっちゃったと買い物中に痛い痛いと騒ぎ始めました。

3歳の言うことなので事実はわかりませんが、トイレに連れて行ってくれただけなのか、トイレ中に見守っていてくれたか、それもわかりません。

 

この件は後で日本人スタッフの方に報告したところ、先生にも伝えてもらえることになりした。

フィリピンでは紙でお尻を拭かないからわからなかったのではと言われ、ここで文化の違いを再認識。

 

確かに、「お尻を拭いてください」とは言わなかった。

伝えたつもりだったけどそこまで言わなくちゃいけなかったのかもしれません。

 

本人にはかわいそうなことをしたけど、私も自分のことで精一杯で、あーすけのトイレのケアが十分じゃなかったと反省しました。

 

明日以降はお尻ふきなど荷物をしっかり準備してメモ書きなど残しておくことにします。

 

この一件の後、SPEAの方でトイレトレーニング中のお子さんに対して配慮するような対策がされたとご報告を受けております。

 

SPEAの初日、何とか終了

初日は思った以上にかなりバタバタでした。

あーすけも疲れた様子です。

私も軽い日射病なのか頭痛が…。

 

今日は雨が降ったりお天気が良くなかったので、朝出した洗濯物は返ってきませんでした。

 

りぃ子だけは元気で、仲良くなった女の子の姉妹とずっと遊んでました。

その子たちが夕食後宿題をすることになっているおかげで、りぃ子も持参した宿題をすんなりやってくれました。

 

疲れはてた私は、日本から持ってきたリボビタンDをさっそくゴクリ。

フィリピン版リポDも買い込んだしね。

 

さて、明日はりぃ子は現地の小学校初日です。

どうなるかな。

\モモシロはSPEAの留学代理店です!/

無料留学相談はお問い合わせフォームまたはLINEからご連絡ください。

 

セブ島・フィリピン親子留学、マイルで子連れ旅行についてもっと知りたい?

友だち追加

LINEでブログ更新情報をお知らせします。親子留学の無料相談もこちらからどうぞ。