親子留学

親子留学決定まで

フィリピン留学決定までの紆余曲折③キャンセル後に優先したことと語学学校の再決定

フィリピンの田舎に親子留学を決めましたが一度計画をキャンセルしました。考えを整理し、新しい学校を決定しました。自分一人ではないということが今までの海外とは違う点。留学に求めることを再度自分自身に問いかけ、当初の目的を変更し、新しい学校を選ぶことになるまでの心の動きを書いていきます。

親子留学決定まで

フィリピン留学決定までの紆余曲折②留学のキャンセルを決めた理由と反省点

母子3人でのフィリピン親子留学を決意しましたが、その後、色々と問題が出てきました。年長の娘が行くのを嫌がり、仕事の予定が入り、どうしていいかわからなくなりました。計画の時点でいろいろな無理をしていたようです。一度キャンセルすることになった経緯と反省点を記します。

親子留学決定まで

フィリピン留学決定までの紆余曲折①フィリピン親子留学を決意するまで

フィリピン親子留学を決意するまで。ワンオペ、育児と仕事と家事の両立ができずモヤモヤ。常に疲れて余裕がなく、子どもを叱ってしまい自己嫌悪の日々。そんな中、独身時代に良く行っていたフィリピンで夏休みを子ども2人と過ごすことを思いつきました。大自然の中で過ごし、日本とは違う環境で視野を広げてもらいたいと思いました。