【失敗談】ANAのマイルでフィリピン航空の特典航空券をゲット【注意点】(セブ・マニラ)

飛行機

こんにちは、モモシロ(@totovito)です。

セブ島への親子留学で、大人1人と子供2人のフィリピン航空の航空券を、ANAのマイルを利用して取りました

必要マイルはシーズンに関係なく往復で1人あたり20000マイル(周遊やフィリピンの国内線乗換があると23000マイル)でした。

サーチャージなどの諸費用は、1人1万円程度の負担で済みました。

普段は陸マイラーとして「ANA アメックス」でコツコツマイルを貯めているので、このANAのマイルを利用できたのはとても助かりました!

 

 

でも、ANAの特典航空券でフィリピン航空の特典航空券を取得する、これが私にとってなかなか大変でした~。。。

 

モモシロ
フィリピン航空はANAと提携しているけどスターアライアンスには加盟していないんです。

なのでいろいろと独特でなにかとつまずきました。

私と同じ失敗をしないよう、このときの教訓をシェアします。

 

予約の変更やキャンセルを何度かしつつ、両方の航空会社に何度も問い合わせているうちにやっとコツを掴んだ感じです。

いくつか注意点があるので私みたいな失敗をしないよう気をつけてくださいね。

 

飛行機

日本からフィリピン・セブへの行き方と飛行機情報

2018年8月15日

 

ANA経由でフィリピンの特典航空券を取得するときの9つの注意点

 

フィリピン航空自体にも「マブハイマイル」という独自のマイレージプログラムがありますが、日本在住であれば飛行機の搭乗以外でマイルを貯めることは難しいです。

今回は、ANAのマイルを貯めている人が、そのマイルを使用して提携のフィリピン航空のチケットを取得するケースについて説明します。

 

フィリピン航空の特典航空券を申し込む場合の注意点は、以下の9つです。

  1. Web申込み不可で電話のみ
  2. キャンセル待ちできない
  3. ANAの便との組み合わせは不可
  4. 予約の変更は可能だがルートは変えられない
  5. オペレーターさんがフィリピンの地域に不慣れ
  6. オペレーターさんによって空き状況が変わる?
  7. 詳細を直接確認できない
  8. キャンセルすると二度と予約できなくなる?
  9. オンラインチェックインできない?

 

Web申込み不可で電話のみ

 

ANAのマイルで特典航空券を予約する場合は、フィリピン航空に限ってはウェブで手続きをすることができません

ANAの問い合わせ窓口に電話をして、フィリピン航空券を予約する旨を伝えて航空券を予約してもらいます。

(通常、電話予約の場合は1人5,400円の発券手数料がかかりますが、フィリピン航空はウェブでの予約ができないため無料になっています。)

空き状況をウェブで確認することもできません

 

希望の日付と便に空きがあるかどうかは電話して確認してみないとわからないので結構面倒です。

候補のパターンをいくつか考えておいてから電話しないと、再度かけ直すことになってしまいます。

 

キャンセル待ちはできない

 

電話のみでの対応だからか、予約が空いていない便のキャンセル待ちはできません。

利用したい便に空きがない場合は日程や予定を変更して空いている便を取るか、日を置いて何度も電話して空きがないか確認するしかないのです。

ANAの特典航空券ですとキャンセル待ちはできるので、その点は不便ですよね。。。

 

ANAの便との組み合わせは不可

 

予約は往復で取ることになりますが、片方をANA便にすることはできません。

またANA側のコードシェア便をフィリピン航空便として予約することもできません。

 

予約の変更は可能だがルートは変えられない

 

他のANAの特典航空券と同様に、予約は何度でも変更することはできますが、発着地やルートを変更することはできません。

ただし、成田空港から羽田空港への変更は可能です。

これを知らなかった私はマニラ経由だった予定をセブ行きに変えようとしたのですが、できないと言われてしまいました。

そのときは、一度予約をキャンセルしてから新たに取り直さなくてはいけません(キャンセル料が必要です)。

 

オペレーターさんがフィリピンの地域に不慣れ

 

電話で対応するのはANAのオペレーターです。

そもそもANAはフィリピンに関してはマニラ便しかないので、それ以外の地域には馴染みがありません。

「セブ」や「マニラ」であれば問題ありませんが、私が「タグビララン」と「ドゥマゲテ(ドゥマゲッティ)」の便を予約したときは、「た、タグ?タグラ???」、「ドマゲ?何ですか?」と聞き返されてしまいました。

空港名を口頭で伝えるのは予想外に大変だということがわかりました。

 

 

モモシロ

最近ではオペレーターさんとのやり取りも慣れてきたので、一発で伝わらないときは「DGT」(ドゥマゲテ)、「TAG」(タグビララン)など、アルファベットの短縮名で伝えるようにしています。

その方がすぐに通じますよ。

 

 

オペレーターさんによって空き状況が変わる?

 

私は自分と子供2人の3人で予約をしたのですが、空き状況を確認したときに最初は空きがないと言われ、その直後に再度電話して別のオペレータさんに確認してもらったところ、空いていると言われたことがあります。

たまたまキャンセルが出たのかと思っていたのですが、何度か取り直しやキャンセルなどをするうちに、対応した人によって結果が変わるような気がしていました。

 

その後、空きがないと言われた後に「ちょっと待ってください」と言われ、「再度検索したら空いてました」と伝えられたことがあります。

その際に受けた説明によると、「3人で検索をすると空きがなかったが、2人と1人で別々に検索したら空いていた」そうなのです!!!!

 

モモシロ
この方法で検索してくれないオペレーターさんがほとんどなので、空きがないと言われたときは念のために1人と2人で検索してください、と伝えています。

 

そんなわけで確認にすごく時間がかかります。

空き状況を調べるだけで待たされます。

 

モモシロ
1回の電話でかなりの時間を要するので、覚悟して電話してください!

 

詳細を直接確認できない

 

予約の際に座席の指定はできたのですが、座席の変更についてはフィリピン航空に直接問い合わせてくださいと言われてしまいました。

また、キッズミールについてもリクエストベースで受け付けるが確約できないとのこと。

機体の種類や座席のレイアウトについても、ANA側では把握していないようでした。

 

このようにちょっと込み入った質問やリクエストをすると、他社のことなのでフィリピン航空に連絡をと言われてしまうことが多く、一度の電話で解決できず不安になりました。

フィリピン航空に電話すると今度はANAに聞けと言われ「たらい回し」状態。

両方の窓口に何度も連絡しました。

 

問い合わせも手続きも、すべてネット経由で完結できれば楽だったのですが、全部電話でずいぶん時間がかかってしまいました。

 

キャンセルすると二度と予約できなくなる?

 

一度予約した航空券を事情により変更ではなくキャンセルして取り直しました。

このとき、往路・復路の片方だけ往路だけ変更する場合でも、今確保できている席も、いったんキャンセルすることで二度と取れなくなる可能性があるという説明を受けました。

一度発券されたてしまった枠は、キャンセルすると再予約不可になる可能性が考えられるそうです。

しかも、再度予約できるかどうかは、事前に確認できず、実際に操作してみないとわからないと。

ここら辺の仕組みは、質問すると他社のシステムだからたぶんそうなるというなんとも曖昧な説明でした。

 

モモシロ

なんだかややこしいですよね。

私の認識だと、今現に自分が押さえている枠なので、キャンセル待ちの人に渡ってしまうということなんでしょうかね。

 

イチかバチかでやってみる気にはなれなかったので結局同じ枠で予約し直すのは断念しました。

 

オンラインチェックインできない?

 

ANA経由で予約した場合はオンラインチェックインに対応していないようです。

出発の前日にフィリピン航空のページからオンラインチェックインをしようとしたらエラー。。。

子連れだし、バタバタするし、少しでも楽にチェックインしたかったのですが残念。

余裕を持って到着するようにするしかないみたいですね。

 

私の失敗談

 

旅のプラン

 

このように、一度予約した航空券のルートの変更ができないことも、気軽に取り直しができないことも知らなかったため、結局いったん予約をキャンセルしてから新たに取り直すことになってしまいました。

そのためにキャンセル料が1人3000マイルx3 で9000マイルかかってしまったのはちょっと痛かったです。

 

確認事項についてはANAとフィリピン航空でたらい回し状態になりながら、何度も何度も電話しなくてはいけませんでした。

 

そして、上記以外にも私が失敗したことがもう1つあります。

それは、3人の航空券をバラバラに取ってしまったということです。

空き状況を確認するために予約センターに電話したところ、残りの席がわずかだということがわかり、焦った私はまずは2人分だけ先に予約してしまいました。

この時は、まだ3人分のマイルが手元になくて、ちょっと足りない分をかき集めているところでした。

 

モモシロ
マイルが集まったら残りの1人を追加で予約すればいいや、その時点で空きがなければ別の方法で1人分だけ購入すればいいし。

 

と軽く考えてしまったのですがコレが間違いでした。

子供と一緒のときは、全員分一緒に取らないと結構ややこしいことになってしまいます。

1人で搭乗できない年齢の子供の分は、航空券の単独購入ができないからです。

 

たとえば、エクスペディアなどの格安航空券のサイトに確認したところ、子供の分だけの購入は不可でした。

旅行代理店に問い合わせたところ、確保済みのチケットの予約番号を伝えることで子供だけでも購入することは可能と言われました。

 

ただ、その場合だと結果的に割高になってしまいますし、それぞれの購入ルートが違うと座席の指定や変更が生じた際など、後々やっかいなことになりそうです。

焦るあまり早まって2人分だけ先に予約してしまったのは大きな失敗でした。

 

モモシロ

幸いにも残りの1人分が溜まった時点で空きがあったので、なんとか全員マイルで購入できましたがちょっと危なかったです。

(予約番号は分かれました)

この後はこういう予約のしかたは避けます。。。(反省)

 

フィリピン航空の良いところ

 

いろいろ厄介なことを書いてきましたが、むしろフィリピン航空にはメリットもあり、私は今までのフィリピン旅行はずっとフィリピン航空を利用してきました。

日本のキャリアのようなサービスレベルを求めるとがっかりしてしまうかもしれませんが、大きな不満を感じたことはないです。

(確かに機体は少し狭いし、座席にモニターが付いていない便もありますが。。。)

 

重量制限が厳しくない

エコノミーでも預けられる荷物は1人あたり23kgx2個です。

他のフィリピン行き航空会社は荷物1つまでのところが多いので、かなり余裕があります。

ダイビング器材の持参のない普通の旅行であれば十分です。

チェックイン時に予想外の超過料金を払う心配がないのはいいですね。

 

フィリピン行きや国内線が豊富

日本国内からセブへの直行便があるのは、LCC以外はフィリピン航空のみです。

ANA、JALでセブに行こうとするとマニラで乗り変えなくてはいけません。

また、マニラからフィリピンの別の場所に移動する必要がある場合もフィリピン国内の便が豊富なので、同じフィリピン航空会社を利用することができます。

そうすると、万が一遅延などで乗り継ぎできなかった場合も保証してもらえます

遅延が日常茶飯事のフィリピンでは、これは結構安心です。

また、フィリピン国内線は国際線よりも重量制限が厳しい(10キロまでなど)のですが、乗り継ぎであれば国内線にも国際線の重量制限が適用されます。

マニラからさらに別の場所に移動する場合などは、同じフィリピン航空で統一してチケットを取ることでメリットがありますよ。

※どちらも続きのチケットになっている必要があります。

 

モモシロ

ANAのマイルを使ってフィリピン航空券を予約できるのはとっても便利!

ちょっと注意が必要な点はありますが航空券の値段を押さえられるし、遅延などトラブルの場合も対応がしっかりしているという安心感もあります。

私は次回以降もこの方法で航空券を取れるよう、がんばってマイルを貯めています。

ANAマイルを使える人はこの方法を検討してみてください!!!

 

飛行機

日本からフィリピン・セブへの行き方と飛行機情報

2018年8月15日