子連れ海外(フィリピン)の持ち物リスト完全版!親子留学前に必ずチェック

フィイrピン親子留学の持ち物リスト
 

親子留学や海外旅行など、子連れで海外に行くときの荷物を一覧にまとめました!

子連れ海外の基本は押さえていますので、このリストを確認しながら荷物を準備すれば間違いないでしょう。

モモシロ
フィリピン親子留学の荷物を想定しています。

全部持って行く必要はないですが個々の事情に応じて調整してください!

 

親子留学の便利グッズを楽天ルームにまとめています♪荷物準備のご参考にどうぞ。

楽天Roomバナー

 

親子留学の荷物一覧

それでは、私が実際にフィリピン親子留学をした上で作成した持ち物リストを以下に示します。

モモシロ
重要度を◎、○、△で分けています。

アプリバージョンとWebバージョンの持ち物リストを用意しました♪

他にもこんなの持って行ったら便利だったよ!と言うのがあれば追加しますので、親子留学経験のある方は是非教えてください!

 

Webバージョン

印刷してチェックリストとして使ったりするには、こちらのWebバージョンをどうぞ。

持ち物説明重要度
重要
パスポート残りの有効期間も必ず確認(フィリピンは6ヶ月以上必要)。コピーも取っておく
航空券(eチケット)フィリピンは入国時に帰国便のチケットも絶対必要
旅行保険家族分必要。英文保険証券の持参を求めている語学学校もあります。クレジットカードに付帯のものを利用する場合は適用範囲を確認。緊急連絡先も控える。
現金(日本円)現地で両替したり、語学学校での精算のためにある程度の額は必要。
念のため複数のバッグに分けて持ち込んでいます。
フィリピンペソ現地の空港などで両替可能。どうしても不安なら日本の空港での両替は最小限に(日本の空港はレートが非常に悪いです)。
クレジットカード(国際キャッシュカード)レストランや買い物でも使えるところがありますし、クレジットカードや国際キャッシュカードがあれば、大金を持ち込まなくてもATMで引き出せます。海外で利用できるものかを事前に確認し、複数枚持って行くことをおすすめします。
緊急連絡先語学学校の連絡先など到着前のトラブル時に連絡できる番号を手元に控えておく。
ホテルバウチャーホテルに宿泊する場合。
ガイドブックネットでも情報を調べられるのでなくてもOK。
SIMフリースマホ現地SIMを利用する場合はSIMフリーになっていることを確認。
モバイルルーター(レンタル)SIMフリースマホを利用せず、確実にネットにつなぎたい場合(田舎だとつながらない場合あり)
薬類(具体的にはリンク先に詳しく書いています)胃腸薬・鎮痛剤などもしものときのために一通り。詳細はリンク先をご参照ください。
食べ物類(具体的にはリンク先に詳しく書いています)
調味料類自炊するときは日本の調味料があると便利。
食料現地の食事が合わないとき、小腹が空いたとき、週末の食事用、体調不良とのきのために。
お菓子子供はレッスンの合間にスナックタイムがあります。現地で購入できますが日本からもある程度持って行くと便利。小分けになったものがおすすめ。私は日本食が恋しくなったときは「サラダせんべい」を食べると落ち着きます笑
日本からのお土産現地スタッフへのお土産は必要ありません。お世話になる家政婦さんがいる場合は日本のお菓子など簡単な物を。
日用品・衛生用品
カメラ・ビデオカメラスマホだけでよければ必須ではない。防水機能の付いた安いデジカメや使い捨てカメラもあるので、子供用に持たせておくと面白いです。充電器、予備のメモリカードをお忘れなく。リチウム電池は飛行機の受託手荷物には預けられません。
腕時計防水の安いヤツがおすすめです。小学生なら子供もあると便利。
ノートPCプライベートもレッスンでもあると何かと便利です。
現地で使用するお財布
おすすめは無印のトラベル財布
ブランド財布は避けて、使いやすいコンパクトな物を。
充電器、コード類充電器やコード類もお忘れなく。
モバイルバッテリー停電が多いのでモバイルバッテリーがあると便利ですが、飛行機の受託手荷物には預けられません。
雨具特に雨季(日本の夏休み期間)は急な雨に備えて折りたたみ傘がバッグにあると助かります。子供は薄手のレインコートを。
ドライヤー外国の電圧に対応したものかどうか要確認。重いのでうちは持って行きません(タオルドライ)。
ソーイングセット私は持って行ってません。しかし小さいハサミだけはあると何かと便利です。
ナイフ私は持って行ってませんが、部屋で果物をカットしたり剥いたりするのに持って行けばよかったと思ったことがありました。キッチンを使えるところであればいらないかも。
バスタオル、タオル類かさばらず乾きやすいものがおすすめ
懐中電灯停電が多いのであると便利
予備バッグ帰国時に荷物が増えたときのためにレスポのような薄手のバッグをスーツケースに入れています。エコバッグも何かと便利でした。
ラゲッジ
スケール
手のひらに収まるサイズのスケール。帰国の際の荷物が重量オーバーにならないように必ず持って行ってます。
マスキングテープSIMカードを外して保管したり、テープ代わりに使用するなど
レジ袋濡れ物や洗濯物を入れたり、何かと使いました
ジップ袋子供のお菓子を小分けにしたり、工作を入れたり、多目的に使えます。
紙皿・紙コップ歯磨き後のウガイや部屋で飲み物を飲むときに重宝します。
洗濯グッズ簡単に手洗いできるよう石けん(ウタマロ)や洗濯ピンチを持参しています。自分で洗濯する場合は洗濯洗剤も。
洗濯ネットお洗濯サービスを利用する際、下着が気になる方。
Kindle飛行機での時間つぶしや、自分の読書用に
ポケットティッシュ外出先トイレはトイレットペーパーがない場合あり。子供もそれぞれ持ち歩くこと。
除菌シート便座のないトイレあり。外出時の衛生対策として必要。
化粧品類お肌が弱い方は使い慣れた物を。
ムダ毛お手入れグッズ毛抜き、カミソリなどのお手入れグッズは期間が長くなると必須。
メガネ・コンタクト保存液など使用している方は日本から持参してください。
バスグッズシャワーが使いにくいことが多いので、ボディスポンジなどバスグッズは使い慣れたもののほうが安心です。シャンプーなどは現地調達可能
スリッパ使い捨てスリッパがあればルームシューズとして
ボロタオルトイレとシャワールームがつながっているのが一般的です。足が濡れるのがイヤであれば、足拭きマット用に捨ててもいいタオルを持って行きましょう。
歯ブラシ・糸ようじ子供用のヘッドが小さい歯ブラシは現地で探すのが難しいです。歯磨き粉は味が口に合わない場合も、、、
マスク子供用のサイズのマスクはなかなか見つかりません。
虫除けグッズ・虫刺され軟膏一通り持って行った方がいいです
爪切り忘れたら誰か持ってます。
綿棒忘れたら誰か持ってます。
ワセリン怪我や保湿などで少量あるといいです。
絆創膏外で走り回るので擦り傷多し。忘れたら誰か持ってます。
ブラシ・髪ゴムなど私はブラシを忘れて数日手ぐしで過ごしました
生理用品重ならなくても狂うことがあるので必ず。海やプールの予定と重なってしまったときのためにタンポンも。
冷えピタ発熱時に。うちは100均の繰り返し使えるジェルタイプの保冷剤を持って行ってます。
トイレの臭い消し寮が共有のトイレの場合は必須
トイレットペーパー現地調達可能なので荷物に余裕があれば1個程度。
ボックスティッシュ現地調達可能なので荷物に余裕があれば1個程度。
勉強道具
筆記用具・ノート必要最低限。ボールペンは飛行機の手荷物に必ず。
文法書・参考書英語初心者は文法の基礎を確認するのにあると便利
イヤホンリスニングなどのレッスンで使用する場合があります
電子辞書あれば便利ですがわざわざ購入しなくてもいいです。持っていない場合はスマホのオフラインで利用可能な辞書(和英・英和)を入れておくと便利です。
クリアファイルプリントなどをたくさんもらうのでまとめるため
マリングッズ(具体的にはリンク先に詳しくあります)
水着、浮き輪、ラッシュガード類マリンアクティビティを予定している場合は必須
ライフジャケット幼児はちょうど合うサイズのレンタルがない場合があるので浮き輪で代用。空気を入れて膨らませるタイプのライフジャケットを現地購入したので、以降はそれを持参しています。
ビーサン現地でも購入できますが履き慣れた物が便利
水中メガネ(ビニールタイプののぞきメガネ)シュノーケリングするときに水に慣れていない子供には便利です。
日焼け止め海やプールでは必須ですし、外歩きのときもあったほうがいいです
酔い止めボートは揺れる場合もあります。不安な場合は事前に服用を。
マリンシューズビーサンでもOKです
防水ケーススマホ・財布など濡らしたくないものを入れて持ち歩くのにいいです。
防水バッグタオル類など大きめの濡らしたくないものを入れて持ち歩くのにいいです。シャワールームでも使えます。
子供用品
子供用のプラスティック類の皿、コップ、カトラリー外食時の取り分け用に、幼児くらいまではあると便利
子供用ハンガーハンガーは寮にたいていあります。子供用の小さいサイズがあると便利。
タンブラーウォーターサーバーの水を持ち歩くために。現地調達できますが壊れやすかったりちょっと高いです。
子供の文房具ノート、鉛筆・消しゴム・色鉛筆・クレヨンなど。移動時の時間つぶしに塗り絵やシールがあってもよし。
折り紙・レターセット子供がお友達にプレゼントしたり、お手紙を書くのに使いました。
ウォーターガイド洗面所にセットしておくと小さい子供でも届きやすい
衣類
着替えそれぞれ5組程度(幼児はもっとあると安心)。外で走り回って汚れるので、捨てるつもりでヨレヨレのでOK。
下着お洗濯をお願いする場合は高級ランジェリーは避ける。丈夫で乾きやすいユニクロのブラトップとかでOK
上着乗り物やレストラン内は異様にエアコンが効いて寒いことがあります。バッグに薄手の上着かストールなどを入れておきましょう。
パジャマ我が家はパジャマは持って行かず、Tシャツ短パンを寝間着に流用しています
帽子絶対必要です。マリンアクティビティのときは、風で飛ばされにくく首の後ろに布があるマリン用帽子が便利
サングラス日差しが強いので必要であれば
靴下現地ではほぼ裸足&サンダルで過ごしますが、室内の子供向けプレイエリアでは靴下着用必須です(大人も)。バッグに人数分入れておきましょう。
ちょっとフォーマルな服服装はラフなものでOKですが、レストラン用に用意しておくと良い。たまに突然パーティなどが…。と言ってもワンピース1枚とかでOKです。子供もちょっとよそ行きの服を1セット。
ベビーグッズ
オムツある程度持って行ってなくなったら現地購入
おむつ替えシートおむつ替えの台があるところもあるが稀。衛生上持って行った方がいいです。
お尻拭き現地のお尻拭きは匂いが付いていたり、使い勝手が悪く、お尻が赤くなってしまったお子さんも。。。
粉ミルクある程度持って行ってなくなったら現地購入
哺乳瓶現地購入可能ですが1つくらいは。。。除菌系の洗剤などは持参したほうがいいです。
離乳食重いですがある程度はあったほうが安心ですね。離乳食前のお子さんだったら、離乳食開始を留学後に遅らせるのも1つの手ですね。
食事グッズ(エプロン、食事用ハサミ使い慣れた物があったほうが慣れない場所でのストレスが減ります
母子手帳重要部分をコピー
お気に入りのおもちゃや絵本慣れない環境で機嫌が悪くなったり寝付きが悪かったりするかもしれません。失くしたらほぼ出てこないので大切な物は日本に置いていきましょう。
【参考までに】私が個人的に欠かさず持っていているもの
Evernote重要書類や緊急連絡先などの情報はぜんぶEvernoteに入れていっています。飛行機での入国審査用書類などもこれを見ながら記入。念のため留学期間のみオフラインでも利用できるプラン(プラス以上)にしています。
自分へのご褒美どうしても疲れてしまうときもあります。元気が出る自分用グッズを。私はマッサージオイルとリポビタンD笑
お肌サプリお気に入りのお肌用サプリ(コレはどこに行っても手放せない!)
アミノ酸サプリアミノ酸パウダー(これを飲むと疲れにくい笑)
普段あまり読めないのでKindleにたくさん入れていきますがほとんど読めません涙
手帳考えを整理するのに必ず持って行ってます

買い出しに便利なアプリバージョン

こちらはアプリバージョンです。

買い出しの際スマホで確認できるよう、簡易アプリでリストを作りました。

モモシロ
ホーム画面に登録してお買い物の際にご活用ください!

 

ベビーグッズが大量にある場合

私が初めてフィリピンに親子留学をしたときは下の子が2歳でした。

0~1歳の赤ちゃんだとオムツなど現地で購入できるものも・ミルク・離乳食など、さらに荷物は増えてしまいますよね。

 

Kredo Kidsは現地でベビーグッズのレンタルができます。

有料となりますが、Kredo Kidsはベビーカーやベビーチェアなど大きな物を始め、あると便利なベビーグッズをレンタルしてくれます。

以下にその一例を載せますね。

ベビーカー、ベッドガード、ベビーサークル、ベビーバス、ベビーチェア、ジョイントマット、追加バスタオル、追加タオル、追加ブランケット、洗い替え用シーツ枕カバーセット、ベビー便座、
ミニテーブル&チェアセット

 

大量にある場合は送ることもできます

それ以外の学校の方や、レンタル品以外でどうしても日本の物を使いたいという場合は、日本からフィリピンに荷物を送ることができます。

送料が結構かかりますし、日数もかかるので日にちに余裕を持って手配してください。

 

モモシロ

私が留学したときにお会いした生徒さんも事前にベビーバスや離乳食を送っていた方がいました。

Amazonで注文したものを直接海外に送ってもらうこともできるようです。

 

具体的な方法については、以下のはなおさんのブログ記事が参考になります。

【日本からフィリピンへ】宅急便を手軽に送る4つの方法をまとめました

 

フィリピンに荷物を送る場合は、くれぐれも送り先の語学学校に許可を取ってからにしてくださいね。

 

親子留学の便利グッズを楽天ルームにまとめています♪荷物準備のご参考にどうぞ。

楽天Roomバナー

 

●息子がぐんぐん英語を吸収した幼児のおすすめ英語アプリは楽天 ABCmouse
ABCマウスの詳細レビューはこちら

●サンプル動画がおすすめの英語DVD「ミライコイングリッシュ
ミライコイングリッシュの詳細記事はこちら

セブ島・フィリピン親子留学、マイルで子連れ旅行についてもっと知りたい?

友だち追加

LINEでブログ更新情報をお知らせします。親子留学の無料相談もこちらからどうぞ。