【ABCマウス(ABCmouse)】幼児向け英語アプリの口コミ・評判【動画あり】

我が家では、子供が小さなときから英語に慣れ親しんでもらうためにインプット中心で英語のかけ流しをしてきました。

とにかく幼少期は「英語って楽しい!」と思ってもらえることを意識してきました。

 

2020年からの教育改革で、小学3年生から英語教育が始まることになりました。

幼少期に楽しく英語に触れておけば、学校の英語学習も抵抗なく入っていけるようになります。

 

この記事では、1ヶ月約1,000円で利用できるABCmouse」(ABCマウス)という幼児向け英語アプリの口コミをご紹介します。

 

ABCmouseでは、インプットとアウトプットの両方ができて、さらにフォニックスなどの「読む」スキルも取り入れられた良質な英語アプリです。

アプリによる英語学習は、スマホやタブレットですき間時間に気軽に英語に触れることができるというメリットもありますよ。

 

モモシロ
ABCmouseは対象年齢3~8歳の小さなお子さんが英語を身近に感じ、英語を外国語としてではなく日本語と同じ過程で身につけることができるアプリです!

 

※他のブログには月額500円など古い情報が掲載されているものがあります。

当ブログの情報は2020年時点の最新版です。

 

3~8歳のお子さんを持つこんな方に向けて書いてます

  • 英語音声のかけ流しにプラスして英語に触れさせたい
  • 英語教室はまだ早いかも
  • お勉強ではなく遊びの中で自然に英語を身につけさせたい
  • ABCマウスの口コミや評判を知りたい

 

\1ヶ月無料でお試しできます/

 

・楽天IDでログインできます

・1ヶ月経過前に解約すれば料金はかかりません

 

アメリカ生まれのABCマウス(ABCmouse)とは?

ABCマウス(ABCmouse)はアメリカで開発された幼児向けオンライン教材です。

日本では楽天と提携しており、日本向けに英語学習教材としてカスタマイズされています。

本家アメリカでは数々の賞を受賞している子供向け教材としてはナンバーワンアプリなんです。

 

ABCmouseの受賞内容
出典: ABCmouse

 

対象年齢は3~8歳のお子さんで、英語の基礎を築くためのアクティビティが5,000以上用意されています。

具体的には、アニメーション、読み物、ゲーム、パズル、歌などが収録されていて、子供が楽しみながら英語に触れることができます。

 

ABCマウスはスマホやタブレットにアプリをインストールするか、Webからログインすることで使用することができます。

 

ABCマウス(ABCmouse)の特徴

ABCmouseを操作する息子
これは塗り絵のアクティビティです。塗り絵遊びをしながら、数字と色を英語で覚えることができます。

 

ABCマウスはコンテンツが豊富で、今まで「コレ!」という子供向け英語アプリを見つけられなかった親御さんも満足できる教材です。

また、徐々にレベルアップしていくのでお子さんの成長を感じられますよ。

 

ここでは、他にはないABCマウスの特徴について説明していきます。

モモシロ
いずれにせよABCmouseも最初の1ヶ月は無料なので、まずは1ヶ月使い倒してみてください。

 

 

ABCmouseの特徴
  • アカウントを3つまで設定できる
  • 5,000以上の豊富なアクティビティ
  • アルファベットやフォニックスを自然に覚えられる
  • 学習の進み具合をレポートで確認できる

それぞれの特徴について、1つずつ説明していきます。

 

アカウントを3つまで設定できる

ABCマウスは1つの申し込みでアカウントを3つまで作成できます。

つまり、兄弟のいる家庭でも、1人分の契約で3人分まで使えるんです。

モモシロ
これは嬉しい!

 

我が家も2人の子供が教材の対象年齢に入っていますので、もちろんアカウントを2つ作成してそれぞれに使わせてみました。

 

スタート時のレベルを設定できるので、3歳の息子はレベル1からスタートしました。

ABCマウスに夢中の息子
3歳息子。 下がペロリと出ているのは集中している証拠です。

 

7歳の娘はレベル3からのスタートにしました。

ABCmouseで本を読む娘
ABCマウスに入っているアリエルの本を読んでいる娘。

 

➡ABCmouseのページはこちら

 

5,000以上の豊富で楽しいアクティビティ

ABCマウスにはアルファベットや単語を覚えるための基礎的なコンテンツから、動物の育成ゲーム、英語の本など、子供を飽きさせないコンテンツが豊富に入っています。

また、1つのレッスンをクリアするとご褒美チケットがもらえて、そのチケットで自分のアバターにお洋服を買ったり、お部屋のインテリアを揃えたり、新しくペットを買うことができます。

 

こちらは息子が飼っているネコです。

ABCmouseで買える動物

エサをあげたり洗ってあげたりといったお世話をすることで、ペットの満足度が上がります。

たまごっちのようにマメお世話しないと死んでしまうということはなく、満足度が下がるだけなのでご安心ください。

 

さらに、「Learn」という項目があるように、子供がお勉強することでペットの満足度が向上するようになっているのが面白いですね。

 

モモシロ
アクティビティの内容については後ほど詳しく説明します。

 

➡ABCmouseのページはこちら

 

楽しく学びながらアルファベットやフォニックスを覚えられる

私が特に良いと思ったのは、アルファベットや簡単な単語を自然に覚えられるようになっていることです。

かけ流しによる音だけのインプットから一歩進むことができます。

 

3歳の息子がはまったのは塗り絵!

好きな色を選ぶと英語で色の名前が読み上げられます。

 

塗り絵はかなりたくさん用意されています。

ABCmouseの塗り絵

 

次に夢中になったのがパズル。

数と物の名前を概念的に覚えられるようになっていますね。

 

ABCmouseで遊べるパズル

 

7歳の娘は本を結構読んでいます。

ABCマウスで読める本にはアナ雪などディズニーのものも充実しているので、これが気に入っているようです。

ABCmousoeで利用できる本

 

それ以外にも、ご褒美チケットを貯めて自分のアバターにお洋服を買って着せ替えたり、お部屋のインテリアを変えて楽しんでいました。

ABCmouseのマイルーム

 

さらに、フォニックスやサイトワードといった自分で英語を読んだり書いたりできるようになる第一歩として必須のテクニックが採用されています。

 

こちらはサイトワードの画面です。

ABCmouseのサイトワード

 

英語のゲームで遊んで、「面白かった」で終わるのではなく、英語の基礎がしっかりと身につくのがいいですね!

➡ABCmouseのページはこちら

 

学習の進み具合をレポートで確認できる

ABCマウスでは、管理画面から子供の学習状況に関するレポートを確認することができます。

こちらは実際のレポート画面です。

3歳の息子は学習よりもゲームの時間が多いようですね。

まだ3歳なのでこんなものかな、と思います。

 

➡ABCmouseのページはこちら

 

3歳息子がABCマウス(ABCmouse)を使っている動画

映像があったほうがわかりやすいと思いますので、3歳の息子がABCマウスを使っている動画をご紹介しますね。

 

これは、あいさつの単語とその写真を組み合わせるゲームです。

最初は適当に選んでいるように見えますが、繰り返し操作するうちに単語の意味を自然と理解できるようになっているのがいいですね。

 

写真を使っているので、英語をいったん日本語に置き換えるのではなく、英語を直感的に吸収できます

単語も耳と目からの両方のインプットで自然と覚えていきます

最後は、ご褒美のチケットがもらえて喜んでいます笑

 

 

モモシロ

タッチ操作で直感的に使えるので、3歳でも1人で楽しめます。

最初は使い方のサポートをしましたが、慣れると勝手に進めていました。

➡ABCmouseのページはこちら

 

 

ABCマウス(ABCmouse)を体験!

それでは、ABCマウスの具体的な構成をご説明します。

 

スタート画面

まずはこちらが最初の画面です。

ABCmouseのホーム画面

 

「ラーニングパス(My Learning Path)」、「クラスルーム(Classroom)」、「マップ(Map)」、「Basics(ベーシック)」、「Things To Do(やること)」からそれぞれのメニューに飛ぶことができます。

 

ラーニングパス

スタート画面から「ラーニングパス」に入ると、このようなすごろくのような画面になります。

ABCmouseのLearning Path画面

この画面では、ゲームや飼育などを除く純粋な「英語学習」の進み具合が分かります。

1つのレッスンを修了すると次のステップに進むことができるんです。

進捗が100%になると、次のレベルに進むことができます。

➡ABCmouseのページはこちら

 

クラスルーム

こちらはスタート画面から「クラスルーム」に入ったときの画面になります。

ABCmouseのクラスルーム

欧米の学校の一般的な教室が再現されています。

上に並んでいるメニューや、教室内の本棚、コンピュータ、水槽などをタッチすると、それぞれのメニューに入ることができます。

 

こちらが担任教師のジョーンズ先生。

ABCmouseクラスルームのジョーンズ先生

ジョーンズ先生があらゆるシーンでいろいろなことを教えてくれます。

もちろん英語ですが、最初はかなりゆっくり話してくれていました。

 

こちらが一緒に学習を進めるクラスメートたちです。

ABCmouseクラスルームの生徒達

それぞれの子供に名前が付いていて、いつも同じメンバーになっています。

アニメーションでは、この先生と子供達と一緒に学んでいきます。

 

息子もクラスメートの名前も覚えてしまい、靴を履くときに「Nicoがおっとっとってなっちゃったねえ」と話していました。

➡ABCmouseのページはこちら

 

マップ

スタート画面から「マップ」に入ると、このような画面になります。

画面の中心にある「School」は「クラスルーム」にいくなど、先ほど説明したスタート画面と共通のメニューがいくつかあります。

 

ここでは、「Library(ライブラリ)」、「Shopping(ショッピング)」、「Farm(農場)」、について説明します。

 

ライブラリ(図書館)

まずはライブラリです。

ここではかなりたくさんの本を読むことができます。

ディズニー系の本も充実しています。

 

ボタンを読むとネイティブの音声で読み上げてくれるので、文字が読めなくても大丈夫です。

親が英語の本を読み聞かせするのはしんどいときもあるのでこれは助かりますね。

音声を流しながら一緒に見て楽しむこともできます。

 

こちらはライブラリのカテゴリ別の画面です。

お話だけでなく、「ナショナルジオグラフィック」などの自然科学物や動物に関する本など、分野が多岐に渡っています。

英語の本を買うと結構な金額になりますので、これだけでもABCマウスを利用する価値がありますよ。

 

➡ABCmouseのページはこちら

 

ショッピング

アクティビティが終わるたびにもらえるチケットを集めてお買い物に使うことができます。

ペットショップ、お洋服屋さん、家具屋さん、おもちゃ屋さんなどがあります。

映画館では動画を見ることができます。

 

こちらはお洋服屋さん。

持っているチケットで好きなお洋服を買うことができます。

息子の服の趣味・・・💦

ABCmouseでアバターの服を買う画面

 

農場

次は、農場です。

最初の画面から農場にいる動物を選ぶことができますが、今回は羊を選んでみます。

 

羊さんがたくさんいる画面に移動しました。

ここでは羊の声を聴いたり、羊に関する説明を聞くことができます。

羊の本を読んだり…、

 

羊のパズルもあります。

 

羊の塗り絵も用意されていますよ。

 

ちなみにマップから「Zoo(動物園)」に行っても、同じようにそれぞれの動物のページに飛ぶことができます。

 

モモシロ

この農場シリーズと動物園シリーズは、我が子はあまり使ってませんでした…。

それよりもペットを育てる方が楽しかったみたいです。

動物だけじゃなく、乗り物、虫など、子供が興味を持ちそうなことを幅広く充実させてくれるともっといいなと思いました。

 

➡ABCmouseのページはこちら

 

子供が夢中!ABCマウスでペットのお世話

こちらはアバターのアイコンを押すと表示されるユーザ画面です。

ABCmouseのペット

主にペットのお世話ができるところですね。

ユーザ登録の時点で、子供が好きな魚とハムスターを選べます。

 

チケットを貯めると、そのチケットでハムスターを増やしたり、このようにハムスターのオモチャを増やしたり、小屋を拡張させることができるんですが、我が家の子供2人は結構はまってました。

ABCmouseで飼育できるハムスター

こんな風にパイプをつなげてハムスターが通れる道を作るんです。

これは下の子のケージなのでシンプルですが、お姉ちゃんはかなりパイプを増やしていました。

 

画面をタッチするとエサや水をあげることができます。

このハムスター飼育のページに関しては、英語学習の要素はあまりなかったのが残念ですが、ABCマウスをやる動機になるならまあいいか、という感じです。

 

 

ABCマウス(ABCmouse)の良いところ

ABCマウス(ABCmouse)の特徴をもう一度挙げますね。

 

ABCmouseの特徴
  • アカウントを3つまで設定できる
  • 5,000以上の豊富なアクティビティ
  • アルファベットやフォニックスを自然に覚えられる
  • 学習の進み具合をレポートで確認できる

 

ここまでの説明でわかるとおり、子どもにとってはあまりお勉強をいているという感じはなく、

ゲーム感覚で楽しんでいるようです。

遊びながら英語の基礎をしっかりと身につけられるというのが、ABCマウスの一番の特徴ですね。

➡ABCmouseのページはこちら

 

ABCマウス(ABCmouse)の懸念事項と対策

ここからは、ABCマウス(ABCmouse)に関しての疑問と懸念事項について、実際に利用した私がお答えします。

 

幼児ママ
子供にアプリを長時間使わせるのは不安…。

子供が楽しんで取り組めるのはいいけど、長時間アプリを使い続けるのは心配ですよね。

夢中になっていると途中で辞めさせるのも大変です。

ABCアプリでは1日に利用できる時間の制限をすることができます。

 

ABCmouseで設定できる時間制限

このようにユーザーごとに15分単位で制限時間を設定することができます。

 

決められた時間を経過すると画面がロックされ、解除するには計算の答えを入れなくてはいけません。

ABCmouseの画面ロック

ただこのように計算が簡単すぎるので、7歳の娘には簡単に解除できてしまうと思います。

これがちょっと残念な点です。

 

幼児ママ
無料の英語アプリでも十分では…?

無料でも楽しめるアプリはたくさんありますが、とにかくABCマウスの特徴は圧倒的なコンテンツ量!

お子さんが飽きることなく続けられます。

さらに、学習カリキュラムは幼児教育の専門家が設計しているため、楽しく続き英語の基礎がしっかり身に付く内容になっています。

特にライブラリに収録されている読み上げ機能付きの本の量はすばらしいです。

 

幼児ママ
兄弟で取り合いになるかも…。

実際に試してみたのですが、1つのアカウントでログインして、別々のユーザーが同時に使うことができました!

つまり、スマホ2台、スマホとタブレット、スマホとPCなど、デバイスが2台以上あれば同時に使うことができますよ。

 

幼児ママ
まだ小さいから使いこなせないかも…。

ゲームなども小さい子でも使いこなせるようなデザインになっています。

我が家の3歳の息子は、最初は側にいて一緒に使い方を覚えましたが、その後は自分で使えるようになりました。

 

たとえば、パズルゲームではパズルのピースをドラッグアンドドロップする必要があるのですが、そのような操作が難しい場合はパズルのレベルを低く設定することができます。

その場合、ダブルタップするだけでピースが正しい場所に飛んでいきますよ。

 

モモシロ
ただし、PCを使う場合はマウス操作が難しい場合があるので、スクリーンタッチ操作ができるPCをおすすめします。

また、チケットを使ってお買い物をするなどはちょっと難しいので、一緒に操作する必要があります。

➡ABCmouseのページはこちら

 

ABCマウス(ABCmouse)の料金

ABCマウス(ABCmouse)には2種類の料金体系があります。

1年プラン 1年 12,800 円
(1ヶ月あたり1,067円)
1ヶ月プラン 1,780 円

1年プランの方がかなり割安になりますが、まずは1ヶ月無料で試してみて、長く続けられそうか確認するのもいいですね。

 

ABCマウス(ABCmouse)の口コミ・評判

ABCマウスを利用した他の方の感想も気になりますね。

SNS上の口コミを集めてみました!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

まこ(@mako.crystal)がシェアした投稿

 

重い(動作が遅い)との声がちらほらありました。

うちでは使っていて特に重いと感じたり、画面が固まることはありませんでした。

PCをメインで使っていたからかもしれません。

 

余談ですが検索していたら結構海外のアカウントがヒットしました。

やっぱり海外でも人気なんですね!

 

 

結論:ABCマウス(ABCmouse)はお値段の価値あり!

ABCマウス(ABCmouse)は海外で実績のある英語教材です。

遊びながら英語を学ぶことができます。

 

対象年齢は3~8歳ですが、使ってみたところもう少し上の年齢の子でも楽しめるのではないかと思いました。

移動中や外出先でも手軽に使えるのが魅力です。

お子さんが小さなうちから英語に触れさせたいというご家庭におすすめです。

 

\1ヶ月無料でお試しできます/

・楽天IDでログインできます

・1ヶ月経過前に解約すれば料金はかかりません

親子留学、マイルで旅行にがある人とつながりたい!

友だち追加

LINEでブログ更新情報をお知らせします。親子留学の無料相談もこちらからどうぞ。