プロフィール

親子写真

はじめまして、モモシロと申します。

東京在住、アラフォー、フリーランスでIT翻訳の仕事をしつつ、ブログを書いています。

2歳と6歳を連れて2018年9月にセブ島親子留学をし、2019年1月にフィリピン・ドゥマゲテへの親子留学を計画しています。

 

モモシロのプロフィール

 

茨城県出身

大学は外国語(英語)学部でした。

 

職歴

 

職歴はざっくり言うと、

大学を卒業後、外資系IT企業のSE→派遣などで翻訳系の仕事→外資系調査会社で校正→フリーランス翻訳者

正社員として働いたのは2社、たまたまどちらも外資系でした。

また、業界は異なりますが、ずっとITに関係する仕事をしています。

 

家族構成

 

保育園児のりぃ子♀(2012年生まれ)とあーすけ♂(2016年生まれ)、そして黒猫1匹と暮らしています。

夫は単身赴任ですが週末はだいたい帰ってくるので平日ワンオペ状態です

 

趣味

 

  • 食べることが大好き

家族全員食いしん坊のため、ホテルのビュッフェや食べ放題系に良く行きます。

焼き肉、お寿司、イタリアン、エスニック料理も大好き

お料理も好きですが最近は手をかけたものを作るより、いかに効率良く時短で用意するかを重視しています 😉

 

  • 旅行

週末に近場の温泉に行くのが大好き。家族が増えてからは沖縄に良く行っています。

今はお休みしていますが、出産前はダイビングが大好きで、色んな所に潜りにいっていました。

経験本数は200本ほど。

その中でもフィリピンには6回行きました!

毎回数日程度の滞在でしたが、フィリピンは私にとって親しみのある国です。

新婚旅行はモルディブのミリヒ島。

 

モルディブ

 

一番思い出に残っているのは夫と2人で行ったモンゴル

 

モンゴル

 

ウランバートル郊外のゾーンモッドの草原で、実際に遊牧生活をしている本物の遊牧民ファミリーのゲルで、1週間ホームステイをしました。

電気も水道もない生活(そんな中遊牧民のおじさんも携帯電話を持っていたのが不思議でした

ゲルにはトイレがなく青空トイレを経験したり、生業として飼育している貴重な羊を振る舞っていただいたり、モンゴルの家族の素朴な人柄に触れとても楽しい旅でした。

いつか子供達も連れて行きたいです

 

子供の英語教育について

 

第一子りぃ子が赤ちゃんのときは、英語の耳を作ってあげたくて、でも動画を見せるのには抵抗があったのでアルクのエンジェルコースをずっとかけ流ししていました(今でも寝かし付けで流しています)。

その後、8ヶ月くらいでフリーランスの翻訳の仕事を再開しました。

保育園にはすぐには入れなかったため、家でりぃ子を見ながら仕事をしていました。

ベビーシッターさんには時々来ていただいていましたが、仕事のためにそれまで一切見せていなかったテレビを見せ続けることに。

そのことに罪悪感を感じ、どうせ映像を見せるなら、身につく英語の教材にしようとディズニーの英語教材を購入しました。

 

ディズニーの英語教材って実際のところどうなの?挫折しない?利用5年目の私の感想

2018.08.28

それからゆるーく楽しく、親子で英語に接してきています。

幼少期でいわゆる「英語の耳」の下地は作ってあげられたと思います。
かなわないのは発音の良さ!
これが小さい頃から英語に触れさせたメリットですね。ネイティブっぽくてかっこいいんです。

 

ブログを始めた理由

 

フィリピン親子留学の情報発信

 

フィリピン留学を決意してから、自分なりにネットで情報収集をしました。

語学学校のサイトやそこに「利用者の声」のページはあっても、

個人のブログはあまり見つけられませんでした。

本当はネガティブな感想を含めた「生の声」を聞きたかったのにそれがなかった。

語学学校のページにも、小さい子供連れだと気になる疑問など、意外と肝心なことが書かれていなくて苦労しました。

(疑問点は直接問い合わせましたが、いちいち確認しなくてはなりませんでした)

今後、私と同じように子連れ留学に興味を持った方(特に赤ちゃんや小さなお子さん連れの方)に、利用者としての、フィリピン親子留学についての具体的な情報を提供しようと思ったのがブログを始めるきっかけでした。

 

育児で疲れしまっているお母さんに向けたメッセージ配信

 

育児につまずき、仕事も壁にぶつかり、ひいひいともがきながらも楽しく生活しています

自分自身が上の子の子育てで壁にぶつかっていたこともあり、留学の計画や一時キャンセルが自分の内面を見つめ直す機会になりました。

ちょうど「嫌われる勇気」という本を読んだことも大きな転機になりました。

 

 

私がいかに子供を自分の思うようにコントロールしていたか、外の世界の母親はこうすべきであるという理想の母親像に縛られて自分を苦しくしていたかに気がつきました。

それ以来、子育てや自分自身を見つめ直し、まだまだ試行錯誤中ですが肩の力を抜いて今を楽しむことを心がけています。

この自分の経験を記すことで、

お母さんたちはもっと自由になっていい、楽になっていい、そのままで十分素晴らしいんだということを伝えて行きたいと思いました。

そして、子供のためだけではなく、お母さん自身が自分を楽しむ手段の1つとして、「フィリピン親子留学」をもっと知ってもらいたいしもっと広げていきたいと思っています。

(転機となった留学キャンセルの経緯などについては以下の記事を読んでください!!!)

フィリピン留学決定までの紆余曲折①フィリピン親子留学を決意するまで

2018.05.28

フィリピン留学決定までの紆余曲折②留学のキャンセルを決めた理由と反省点

2018.05.29

フィリピン留学決定までの紆余曲折③キャンセル後に優先したことと語学学校の再決定

2018.06.03

 

このブログで伝えたいこと

 

  • 子供がいたって不自由なわけじゃない
  • 回りの母親と比べて落ち込まなくていいし、ママ友なんていなくていい
  • 子供に罪悪感を感じなくていい
  • 夫に認めてもらうことに情熱を注がなくていい
  • 育休中だからこそできることがある♪