フィリピン親子留学情報は別サイトに移動しましたここをクリック

小学生で英検3級のオンライン英会話マジックキーキッズアカデミーの口コミ

子供には、将来どこにいても活躍できるような生きる力をつけてほしいと思いませんか?あらゆる選択のベースとなる英語力をつけてあげることは、非常に重要です。

将来的に海外への進学/留学まで視野に入れた、小学生・幼児向け多読・英検対策のオンライン英語スクール「マジックキーキッズアカデミー」についてご紹介します。

マジックキーは小学生への英検1級指導の実績もある、子供専門で英検に特化したオンライン英会話です。このマジックキーの英語レッスンを小学生(小3)の子供が1ヶ月みっちり体験したときの口コミをご紹介します。

モモシロ

娘は4ヶ月後に英検4級を取得し、現在は中級クラスに進んでいます。

マジックキーのレッスンを楽しそうに受けている子供

実際のレッスンの様子を動画付きでご紹介しています。このブログからの紹介特典もご案内していますので、最後まで読んでくださいね。

マジックキーの公式サイト

お申し込みフォームはこちら

こんなお子さんを持つ方に読んでもらいたい
  • 英語多読に興味がある
  • 先行きが不安な今、子供には活躍の場を世界に広げて欲しい
  • 子供に英検を受験させたい
  • おうち英語で読み書きの習得に苦戦している
  • 子供に英語を読む力をつけてほしい

※このブログ記事は、マジックキーを運営しているバリュー総研合同会社からご依頼いただき執筆したPR記事です。

目次

マジックキーキッズアカデミーのご紹介

マジックキーのトップ画面

マジックキーキッズアカデミー(マジックキー)は、大人の英検指導で実績があり、多くの英検1級合格者を出したバリュー総研合同会社が新たに子供向けに始めたオンライン英会話です。基本的な情報は以下のとおりです。

レッスン時間25分
対象年齢4歳~12歳
講師国籍フィリピン人講師
教材市販テキスト
Oxford Reading Tree
使用ツールZoom
レッスン形式マンツーマン+グループレッスン
兄弟でのレッスンシェアレベルが同じであれば同時受講可能
無料体験2回(紹介制度で1ヶ月)
月額料金週2回マンツーマン 14,800円 +グループレッスン受け放題
限定30名12,800円

小学生で英検3級?マジックキーの目指すところ

幼児や小学生の英検受験の人気が年々高まっています。2019年度の小学生以下の英検志願者数は40万8,957人もいて、全体の10%ほどにもなるんです(出典:日本英語検定協会)。

マジックキーは、その英検に必要な英語力を養うためのオンライン英語スクールです。

しかし、マジックキーは英検合格自体を目的としているのではありません。10年後に子供が進路を考えたときに、海外進学も選択肢に入れられるだけの英語力を付けさせる。そのための指標として英検を設定しているのです。

具体的には小5で英検3級~準2級を目指します。

モモシロ

私が気に入ったのがここです!
英検取得はあくまで目標達成の手段で、その先に海外進学といったもっと大きな目標を視野に入れているところに惹かれました。

結果的に本人が国内進学を選んだとしても、身につけた英語力は生涯の宝となりますしね。

マジックキーの前身の英検対策スクールの実績がすごい

マジックキーはサービス自体は始まったばかりですが、英検のためのノウハウは豊富に備えています。マジックキーの前身となる大人向けオンラインの英検スクールは、毎年200名以上の英検1級合格者を輩出してきたというすごい実績があります。

そのノウハウを活かした子供向けサービスでもすでに実績があり、それをさらに改良したものがマジックキーなんです。

マジックキーの独自の特徴

では、マジックキーの独自の特徴を説明します。

  • グローバルに活躍できる手段として英検取得を想定した能力開発
  • 教材にOxford Reading Treeを使用
  • 英検1級まで指導できる講師
  • 月に1回の保護者面談

グローバルに活躍できる手段として英検取得を想定した能力開発

マジックキーのキャッチコピーは「世界ランキングTOP100校への留学を目指す天才キッズプロジェクト」。

これを聞いたとき、えっうちの子はそんな大それたこと、、、と思ってしまいました。しかし、面談でお話を伺ってわかったんですが、正しい指導と学習方法で小学生までに英語力を一定レベルまで上げておくことで、子供の将来の可能性を広げてあげることができるんです。

進学先が日本から世界に、一気に広がるんです。その時に必須になってくるのが英語の4技能。しゃべれるだけではダメで、英検はそのためにも重要な指針となります。

高校生までに英検準1級~1級を取れていれば、国内大学の受験でもかなり有利になりますよね。海外進学を目指すかどうかは別として、そのための取り組みをすることに何らデメリットはないということですね。

モモシロ

ここまで視野に入れているオンライン英語スクールはそうそうないですよね!

英語多読のORT(ORC)を教材に使用

Oxford Reading Treeを画面共有したレッスン

マジックキーのオンラインレッスンは読むことをメインにしており、「Oxford Reading Tree(ORT)」という子供向け英語絵本を教材として使用しています。

おうち英語を実践している方なら必ずや耳にしているであろうORTを簡単にご紹介します。

オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)とは?

・イギリスの約80%以上の小学校で採用されている「国語」の教科書。
・かわいいキャラクター達が登場するユーモアあふれる「オチ」がある短いお話が200話以上あり、すべてネイティブの子供たちが使う自然な英語でつづられています。
・10段階にレベル分けされ、頻繁に使う表現が繰り返し登場するため、英語学習用としても最適。
・物語はおもに主人公のキッパー少年とその家族や友達の日常生活を描いているので、まるで日本にいながらイギリスの家庭にホームステイしている気分も味わえます。

引用元:Oxford University Pressの公式サイト

英語の多読と言えばORTというくらい有名です。お話にオチがあって、ストーリーとしてもとっても面白くてうちの子供も大好きです。

我が家もある程度の年齢になったら自分で本を読めるようになって欲しいと思っていたのでORTももちろん持っています。でもシリーズを全部揃えるとかなりのお値段になるんですよね。

モモシロ

こう言っちゃなんですが、薄っぺらいのに高いんですよね。
英語の多読教材としては優れているんですが…。

なので我が家は購入したのはレベル2止まりで、時々図書館で借りたりしていました。読み聞かせをしていたのもたまにだけ…。

でも、子供の年齢が上がるにつれ、英語学習を進めていく上で「英文を読めない」ということがネックになってきたんです。小さい頃からいろいろな教材や英語レッスンでフォニックスはもちろん学んできましたので、簡単な単語であれば読めます。

しかし、単語を読めることと文章をつなげてかたまりで読めるということは別なんですね。文章としてなめらかに読めるようになるには良質な書籍をたくさん読む必要があるんですが、私がなかなか付き合ってあげられません。これが我が家のおうち英語の壁になっていました。

マジックキーのレッスン内でこのORTシリーズをたくさん読めるとなると、すごくいいじゃないですか!

だけど、多読には週に2回のレッスンだけでは足りないと思いませんか?大丈夫です!

マジックキーの利用者は、ORTシリーズ全冊を含む1,000冊以上の本が収録されているOxford Reading Club(ORC)というアプリを常時使用できるんです!

週2回のマンツーマンレッスン以外にも、家で毎日いくらでもORTの本を読むことができます。

このアプリは本当に優れていて、本の音声を読み上げてくれるのはもちろんですが、アメリカ英語とイギリス英語を切り替えたり読み上げスピードを調整したり単語や内容の理解度をチェックするクイズが入っていたりと、親にとってはめちゃめちゃ助かる機能がもりだくさんなんですよ。

ORCの紹介動画はこちらを参考になさってください。

目次
閉じる