今なら2レッスン分追加!プロ集団が教えるQQキッズ➡ここをクリック

DMM英会話とネイティブキャンプの違いを比較!子供におすすめなのはどちら?

このブログ記事では共通点が多いDMM英会話とネイティブキャンプの比較をします。どちらも定額料金で毎日受けられるという点では同じですが、それぞれの違いと子供に受けさせる場合の注意点を解説します。

モモシロ

ある程度会話ができるお子さんで、DMM英会話とネイティブキャンプのどちらがいいかを検討している方は、このブログ記事が参考になります。

幼児・小学生別おすすめランキング!

我が子が25社以上利用した上で本当におすすめできる12社を厳選!

おすすめの子供オンライン英会話12社の紹介

目次

DMM英会話とネイティブキャンプの比較

ここでは、DMM英会話とネイティブキャンプとの基本情報を比較しています。

コースについては、子供向けのコースや子供でも受けられそうな物をピックアップしています。

DMM英会話ネイティブキャンプ
対象年齢3歳以上3歳~12歳(キッズコース)
レッスン時間25分25分
講師世界各国の講師、オプションで
日本人・ネイティブの指定も可能
世界各国の講師、ネイティブ講師、
日本人講師
子供が受けられるコース会話
ビギナー向けEnglish for Kids
Let’s Go(市販テキスト)
Side by Side(市販テキスト)

英検対策
スピーキング
はじめての英語
Let’s Go
Let’s Go Phonics

Side by Side(市販テキスト)
英検対策(二次のみ)
料金スタンダードプラン:
1日1回で6,480円~1日3回で15,180円
ネイティブプラン:
1日1回で16,590円~1日3回で47,360円
6,480円(回数無制限)
ファミリープラン1,980円
予約15分前まで不要
予約レッスンは追加料金
兄弟・家族シェアファミリープランあり
公式サイト詳細を見る詳細を見る

大きな違いはネイティブキャンプは回数無制限で受けられることとファミリープランがあることです。

1日1回受けるのであればDMM英会話と料金は同じ6,480円ですが、2回以上になると断然ネイティブキャンプが安くなります。ネイティブキャンプ緒ファミリープランは、1,980円で家族1人が無制限で受講できるようになります。

1日に2回以上受講したい方や、家族で受講したい方はネイティブキャンプがいいですね。

夕方以降など利用が集中する時間帯はネイティブ講師の指名はかなり難しいですが、平日日中などに利用できる場合はネイティブ講師のレッスンも追加料金なしで受けられます

また、おもしろいのはキャラクター講師がいること。Teddy先生というキャラクターからレッスンを受けることができ、子供・大人問わず大人気なんです。

ネイティブキャンプTeddy先生

子供がテディ先生のレッスンを受講したときの体験記はこちらをご覧ください

ネイティブキャンプの公式サイト

ネイティブキャンプのメリット・デメリット

DMM英会話と比較した場合のネイティブキャンプのメリットとデメリットをご説明します。

メリットはこちらです。

DMM英会話と比較したネイティブキャンプのメリット
  • レッスン回数無制限
  • 2人目以降が安くなる
  • 予約不要でいつでも受講できる
  • ネイティブも追加料金なし

ネイティブキャンプのメリットはなんと言っても料金一律で無制限でレッスンを受けられることです。1日2回以上受けることもできます。

また、1,980円のファミリープランを契約すれば、家族を1名追加できるのでさらに安くなります。兄弟や家族でたくさん受けたい場合にはネイティブキャンプは料金的にもかなりお得になります。

また、事前予約をしなくても、スタンバイ中の講師とすぐにレッスンを始められるのも、1万2,000人以上の講師を抱えているからこそですね。また、ネイティブ講師も予約なしで追加料金がかからず受けられますが、正直ネイティブ講師は争奪戦が激しいので予約なしだとかなり難しいです。

また、印象としてDMM英会話の子供向け講師より、ネイティブキャンプの子供向け講師のほうが子供対応がうまいと感じました。もしかしたら、子供対応の先生の基準がDMM英会話より厳しいのかもしれません。

次は、DMM英会話と比較したネイティブキャンプのデメリットです。

DMM英会話と比較したネイティブキャンプのデメリット
  • 講師をじっくり選べない
  • 予約には追加コインが必要

ネイティブキャンプでは予約なしでレッスンを受けられますが、その代わりすぐにレッスンに入るボタンを押さないと他の人がレッスンを始めてしまう可能性があります。

そのためスピード勝負となり、講師のプロフィールをじっくり確認したり、子供に合っているかなどを確認してから選ぶことは難しいです。

子供が気にいった講師から受けさせたい場合や、ネイティブ講師を指定したい場合は、追加コインを支払って予約をする必要があります。

この先生じゃなきゃダメ!という場合はその都度予約料金がかかるので、料金的にはそれほど安くならないですね。

お得情報
新規登録で5000円分のコインプレゼント(5/31まで)

\ 7日間無料トライアルが受けられる /

DMM英会話のメリット・デメリット

次は、ネイティブキャンプと比較した場合のDMM英会話のメリットとデメリットをご説明します。

まずはメリットから。

ネイティブキャンプと比較したDMM英会話のメリット
  • 15分前まで予約できて30分前までキャンセルOK
  • ネイティブ講師の数が多い

ネイティブキャンプとは違い、事前にレッスン予約をしての受講となります。ですので希望の講師を選び、その講師の開いている時間帯に予約をするということができます。

予約も15分前まで可能で、30分前まで無料でキャンセルすることができますので、子供の機嫌に合わせて対応することができます。

また、追加料金とはなりますが、ネイティブ講師や日本人講師を予約することができます。在籍しているネイティブ講師の数はネイティブキャンプより多いため、ネイティブが予約しやすいです。

デメリットは以下になります。

ネイティブキャンプと比較したDMM英会話デメリット
  • 講師のレベルにばらつきがある
  • 予約数に制限がある
  • 1日2回以上受ける場合は高くなる

ネイティブキャンプよりも講師のレベルのばらつきが大きいように感じました。また、予約ができると言っても、たとえば1日1回プランの場合は、事実上1つしか予約できません。その1つの予約を消化してからでないと次の予約ができないので、先の予定が立てにくいのが難点でした。

プランについては受講回数が増えれると高くなります。回数無制限のネイティブキャンプと比較すると、1日2回以上受ける場合はだいぶ高くなってしまう印象です。

DMM英会話お得情報
3日以内の入会で初月スタンダードプランが50%オフ

DMM英会話とネイティブキャンプを両方体験した感想

我が家では子供にDMM英会話とネイティブキャンプの両方を体験させてみました。

DMM英会話はさらに1ヶ月の有料契約をしたのですが、満足できる講師はほとんど見つからず、残念ながらあまり有効活用できなかったんです。

その時の様子はこちらの体験記事に書いています。

一方、ネイティブキャンプはDMM英会話と同様に世界中の講師が在籍していて、こちらも講師のレベルにばらつきはありますが、我が家が受講したときはDMM英会話のような大きな不満は感じませんでした。

たまたまレベルの低い講師に当たらなかった可能性もありますが、子供本人もDMM英会話よりネイティブキャンプの先生の方が良かったと言っていました

ただし、初心者向きではないことには代わりはありません。

初心者の子供向けのコースもあり、先生が良ければネイティブキャンプもいいと思いますが、そもそも予約が追加料金になってしまいます。

やはり、会話のレッスンを中心にたくさん数を受けさせたい子向きだと感じました。ある程度英語ができれば、どんな先生でも会話を進めることができるからです。

子供のオンライン英会話はDMM英会話よりネイティブキャンプがおすすめ!ただし…

子供向けに限って言えば、DMM英会話よりネイティブキャンプがおすすめです。

子供用のレベルチェックがあるなど、キッズ向けに力を入れています

DMMのスタンダートプラン(1日1回)と同料金にもかかわらず、回数無制限でレッスンを受けることができますので1日に何回も受けたい方には最適です。また、追加料金にはなりますが、ファミリープランを契約すると2人目以降さらに格安で受けられるのもとても魅力です。

モモシロ

親子や兄弟でたくさんオンライン英会話に取り組みたい場合は断然ネイティブキャンプです。

お得情報
新規登録で5000円分のコインプレゼント(5/31まで)

\ 7日間無料トライアルが受けられる /

DMM英会話かネイティブキャンプかで検討している場合も、一度体験レッスンを受けてみてください。

子供向けオンライン英会話スクールおすすめ12選はこちらです。

目次へ戻る
トップ
目次
閉じる