フィリピン親子留学情報は別サイトに移動しましたここをクリック

【0歳~2歳】赤ちゃんへの英語絵本読み聞かせを始めたい方へ|CD付きがおすすめ

赤ちゃんへの英語絵本の読み聞かせは、おうち英語の第一歩。

でも、英語や発音に自信がなくて、自分が読んであげてもいいのか悩みませんか?

赤ちゃん向けの英語の絵本が分からない方へ、おすすめの英語絵本や読み聞かせの方法をご紹介します。

モモシロ

赤ちゃんへの読み聞かせは親子の大事なコミュニケーション時間。
良質な英語絵本を何度も繰り返し読んであげて欲しいです。

こんな方に読んで欲しい

  • まだ赤ちゃんだけど英語育児に興味がある
  • 親子で英語絵本を楽しみたい
  • 英語に触れさせたいがDVDや動画はまだ見せたくない
目次

赤ちゃんに英語絵本を読み聞かせるとこんなメリットがあります!

子供には早い時期から英語に触れさせたいけど、小さなうちはアプリやテレビ、動画はできるだけ見せたくないと考えている方は多いのではないでしょうか。そんな場合に最適なのが英語のかけ流しと英語絵本の読み聞かせ。特に絵本は心を育み親子の関係を深めるのにも最適です。

私は子供が赤ちゃんのときは、日本語英語かぎらずたくさんの良書と呼ばれる絵本を読み聞かせしてきました。言葉でのコミュニケーションができなくても、子供と心を通わせられる温かい思い出として心に残っています。

日本語の絵本がメインでしたが、その中に英語の本も入れ、何度も何度も読みました。

赤ちゃんだから覚えていないかな、と半ば自己満足で楽しんでいたんですが、少し大きくなると

  • この本を読んでくれと自分から持ってくる
  • 大好きだった本だよ、と覚えていてくれる
  • 兄弟ができたときに読んでくれる

といった反応が見られてとても嬉しかったです。

赤ちゃんへの英語絵本読み聞かせは親も心が満たされる幸せな時間です。 CD付きの本もありますし、英語が苦手だからと尻込みせず楽しく始めていただきたいです。

モモシロ

赤ちゃん向けの絵本は英語も簡単なものが多いですし、英語が苦手な方でも読み聞かせしやすいですよ。

おすすめの英語絵本と赤ちゃんに英語絵本を選ぶポイント

私はたくさんの本を1、2回読むよりも、同じ本を繰り返し読み聞かせてきました。子供も親も暗記してしまうくらい読むと、日常生活で同じようなシーンが出てきたときにその台詞を言ってみたりなど、しっかりと言葉と状況が定着していることを感じました。

そのためには、冊数は少なくても子供も親も気に入る良質な本を揃えることが大切です

また、日本語の本については、自治体や図書館などで年齢ごとのおすすめリストなどが配られたり、情報は豊富にあります。ネットでも英語の本はそこまで情報はなかったので、私は自力で英語絵本を探していました。

私が子供と楽しむための本を探して選んだ方法や、おすすめの英語絵本をご紹介します。

親子の愛情を描いた本を選ぶ

私は読み聞かせを通して、子供への愛を伝えたいという気持ちがありました。子供によさそうな本かどうかということはいったん置いておき、自分が心を動かされ、あなたを愛しているというメッセージが込められた本として選んだのは以下の絵本です。

一緒に読みながら、最後の「I love you」のところを子供に向けて伝えると、とても嬉しそうにしていました。親も心が満たされる一冊です。

次は、ハグをテーマにした本。読みながら子供をぎゅーっと抱きしめるのが楽しくて、何度も何度も読みました。

厳しく叱りすぎて子供が淋しくなってしまったとき、仲直りしたいとき、大きくなった今でもこの本を持ってきます。

我が家では仲直りのきっかけの本として今でも活躍しています。

反応のいい絵本を選ぶ(しかけ絵本)

英語がわからなくても楽しめるしかけ絵本はとてもおすすめです。

こちらは日本語絵本としても定番の腹ぺこ青虫。仕掛け絵本としても秀逸です。英語版でも是非楽しんでみてください。

こちらは日本語タイトル「コロちゃんはどこ?」です。

英語だと犬の名前は「スポット」になるんですね。

スポットのお母さんがいなくなったスポットを見つけるために、家の中を探し回ります。親の視点としては、in、underなど場所を示す前置詞のバリエーションも豊富なのが気に入っていました。

スポットシリーズは他にもたくさんでています。

日本語で良かった本の英語版を探す

日本語になっている英語の絵本で、よかった物は英語版をネットで探したりしました。

私が日本語で読んで気に入って、後から英語版を購入した本もあります。

こちらは内容としては赤ちゃん向きというより子育て中のお母さんに響く本です。この本は、児童館に置いてあり思わず泣いてしまいました。。

また、図書館に行くと日本の有名な作家さんの絵本が英訳されているものも置いていました。たとえばこちら。

日本語タイトルはご存じの「きんぎょがにげた」。

すでに日本語で読んでいる本でも、改めて英語で読むことで違いを楽しむことができます。英語だとこんな表現になるんだ!と親も学びになりました。

Oxford Reading Treeもおすすめ

上でご紹介した英語絵本に加えて、我が家では2歳くらいからはOxford Reading Tree(ORT)のレベル1~2を読み聞かせしていました。

子供が小学生となった現在、マジックキーでOxford Reading Treeを自力で読み進めていますが、最初のすんなり入っていけたのではないかと思います。

モモシロ

現在はリーダーアプリを使用していますが、幼児期は紙のORTで読み聞かせをしていました。

ORTも英語多読の入口としておすすめします。

英語絵本のデメリット

子供の赤ちゃん時代は、絵本は親子の貴重なコミュニケーションとして欠かせないものでした

この本は英語の本、この本は日本語の本と意識することなく本棚には混ぜて置いていました。そのことが、子供が英語絵本も抵抗なく受け入れられるようになった1つの理由かもしれません。

しかし、英語絵本には日本語の絵本にはないデメリットがあります。

  • 日本語の本より高くなる(特にCD付き)
  • 発音に自信がないので読み聞かせできない
  • 自分で良質な英語絵本を選ぶのが難しい

このような理由で、日本語の絵本よりちょっとハードルが高くなりますよね。

英語耳を作ってあげたいからキレイな発音の英語を聞かせてあげたい。だけど自分は読み聞かせに自信がない、という場合はCD付きの本が便利です。

発音を気にするよりも親の声で一緒に本を読んで欲しいなと個人的には思いますが、CDを繰り返し流すことで親も自然とフレーズを覚えることもできます。しかし、CD付きとなると本の値段も上がります。

図書館で借りるのも手ですが、赤ちゃんですと破ってしまうのが怖くて自由に触らせられないのも難点です。

また、この記事の前半部分でおすすめの英語絵本と、英語絵本を選ぶポイントを紹介しましたが、正直自分で一冊ずつ絵本を揃えていくのって時間も労力もかかりますよね

そこでおすすめしたいのが厳選された良質な本を送ってくれる、英語絵本の配本サービスなんです。

赤ちゃんとの生活に英語絵本を気軽に取り入れるには

赤ちゃんに英語絵本に親しんで欲しい、でも自分で本を探したり購入したりするのは大変、という方におすすめするのがBaby EnglishLabo(BEL)という英語絵本の配本サービスです。

英語絵本と歌遊びでおやこのスキンシップ【Baby English Labo】

0歳~2歳向けBaby English Labo(BEL)の紹介

BELでは、0歳~2歳のお子さん向けに厳選された英語絵本を月1回送ってくれるんです。私の紹介した「コロちゃんはどこ?」の英語版も含まれていますよ。

もちろん読み聞かせのCD付きですが、CDに収録されているのは読み聞かせ音声だけではないんです!

英語の歌やお話、手遊びの音声も収録されています。

モモシロ

音声を流しながら一緒に手遊びができるのはいいですね。

具体的には以下のセットになっています。

  • 英語絵本
  • CD音声(読み聞かせ、お話、歌など)
  • ガイドブック

さらに、次のようなサービスを利用できます。

  • Webサイトのマイページでユーザー同志の交流や情報交換
  • マイページでCDの音声や手遊び動画を再生
  • メールマガジン配信
  • 質問は何度でもできる
モモシロ

CDの音源をスマホに取り込む作業もないのは楽ちんですね。

本も持ち歩きがしやすい小さめのサイズという配慮も嬉しいです。

そして私がいいと思ったのは親のためのガイドブック!発達心理学や教育心理学の専門家、研究者が、発達段階に合わせた英語子育てに関するわかりやすいアドバイスをしてくれています。

中身はこんな感じです。

英語手遊びや英語での赤ちゃんの声がけなんかも紹介されていてすごくいいです!また、手遊びの解説動画もスマホで見ることができます。

6ヶ月にわたって月に1回送られてきます。

1ヶ月当たりの料金は月額4400円。CD付きの英語絵本は通常2000円以上しますから、これに豊富なコンテンツが付いてこの値段はなかなかいいのではないでしょうか。

英語絵本と歌遊びでおやこのスキンシップ【Baby English Labo】

\セゾンカード・UCカード決済で17%キャッシュバック/

最後に:英語絵本で親子時間を楽しもう

私の子供はもう赤ちゃんではなくなってしまいましたが、絵本を通して子どもと一緒の大切な時間を過ごすことができました。幼稚園や小学校に行き始めてしまうと、時計に合わせて早く早くと急かしてしまうことばかり。

あの赤ちゃん時代は、貴重な親子時間だったなと今振り返って思います。

お母さんも慣れないお世話で大変なこともありますが、ちょっと一息ついて親子での絵本や手遊びに、ちょっとだけ英語を取り入れてみてはいかがでしょうか。

今は便利な英語本の読み聞かせアプリもありますが赤ちゃんのうちはまだ抵抗がありますよね。この時期だからこそ、ぜひ紙の本に親しませてあげてください。紙の絵本には、親子で一緒に眺め、直接触れる良さがあります。

モモシロ

子供が舐めたり、破いたりしたものをテープで補修したり。
ボロボロになった絵本も時間が経つと味わい深いものです。

おうちでゆっくり、親子時間を楽しんでください。

おすすめの英語絵本配本サービスはBaby EnglishLaboです。

\セゾンカード・UCカード決済で17%キャッシュバック/

目次
閉じる