子供がプログラミングを学習する効果: 生きる力が培われる理由

プログラミング教室
 

お子さんへの習い事にプログラミングを考えている方へ。

これからは必須と言われるプログラミング。

学校でも必須科目となりますが、ご自身がプログラミング経験がないと、お子さんに聞かれた時に教えてあげられないですよね。

そんな背景からか、プログラミング教室の人気が高まっています。

 

プログラミングを学び、実践していく過程で、生きていく上で大切な「自分で考える力」、「創造する力」、「集中力」が身につき、「達成感」や「満足感」を得ることで「自己信頼感」を育むことができますよ。

 

この記事では、ロボット教室やプログラミング教室の何が良いのか、どう役立つのかがよく分からない方に向けて、プログラミング教室について説明します。

 

こんな方に向けて書いてます

  • 子供がプログラミングを学ぶとどんないいことがあるの?
  • プログラミングなんて全然わからない、授業が始まったら子供に教えてあげられる?
  • 小学校中学年くらいから始めれば十分じゃない?

小学校の必修科目にプログラミングが導入されます

タブレット操作

2020年度から、小学校でのプログラミング教育が必修化され、その後、中学校、高校でも段階的に実施されることになりました。

NHKの教育番組でも子供向けプログラミング番組「Why!?プログラミング」の放送も開始され、子供へのプログラミング教育への注目が高まっています。

 

プログラミングでどんな力が付く?

「プログラミング」の学習を通して、論理的思考」が身につくというのはご存じですか?

つまり、プログラミングを通して筋道立てた、理路整然とした考え方ができるようになるんです。

 

LITALICOワンダーの授業見学をして、それだけではなく、子供のプログラミング教育にはさまざまなメリットがあると感じました。

 

モモシロ
プログラミングができるようになることやITスキルが身につくことだけじゃないんですね。

 

プログラミングのメリット:「自分で考える力」が身につく

子どもがひらめいている写真

 

私はSEをしていたことがあり、仕事でプログラミングの経験があります

 

プログラミングでは、目的の動きをさせるためには、正しい情報を伝え、的確な指示を出さければいけません。

少しでも間違えたり曖昧だったりすると、まったく動かなかったり、予想外の動作をしてしまいます。

このように上手く動かなかったときや失敗したときこそが、実は「考える力」を育てるチャンスなのです。

 

「どこがいけなかったかを一つ一つ辛抱強く検証していく」

 

その試行錯誤の中で、創意工夫をしたり、別の方法や解決策を考えたり、考えられる原因を想定して確認することで、正しい答えを見つけていきます。

 

プログラミングのメリット:「創造する力」を養う

子どもの創造力

プログラミングは一種の表現です。

作りたい物があったときに、

ロジックを組み立て、目的の通りに動かすためにどのようにインプットしていくか

と、頭の中で順序立てて考え、それを現実化するためにプログラミングという手段を使って表現していきます。

 

実際に動かしてみることで、さらに

こうやったらこうなった、じゃあ今度はこうしたらどうなる?

と別のアプローチから新たに手を加えていきます。

 

想像し、想定し、それを形にして動作を確認するという作業を繰り返して、完成度を高めていきくのです。

この一連の過程が、まさに「創る力」を養うのに最適な手段ですよね。

 

プログラミングのメリット:「集中力」がつく

LITALICOワンダーの体験会では、我が子の集中力にとても驚かされました。

参加した他のお子さんもみんな初めての経験だったのですが、イヤになって投げ出したり、飽きて別のことを始める子はいませんでした。

粘り強く、完成するまで諦めずに挑戦する姿にはとても驚きました。

学校での授業をじっと座って聞いていられない小学生が増えていると言われる中、これはすごいことではないでしょうか。

これは自分の力で作品を完成させたいという目標があってこそ。

ただひたすら目標に向かって作業を続ける中で、集中力は相当きたえられるのではないかと感じました。

 

プログラミングのメリット:「達成感」や「満足感」を得ることで「自己信頼感」を育む

自分でプログラムを完成させたり、ロボットを完成させること、子供が達成感を感じることができます。

自分が命令した通りに作品を動かせた感動

を味わうことができるんですね。

 

娘も、「私にもこんなことができるんだ!」ととても嬉しかったようです。

 

このような体験を積み重ねることで、自分はできるという自信につながり、自己信頼や自己肯定感が育まれていきます

 

算数の成績が上がるといったような目に見える効果はすぐには感じられないかもしれません。

でも、テスト結果では測れない、生きていく上で大事な「考える力」が身につく。

これってこれから先の長い人生での一番の財産になるのではないでしょうか。

 

プログラミング教室はどこがいい?

プログラミング教室・ロボット教室の人気は急上昇中ですので、学校もどんどん増えています。

その中でも、厳選したプログラミングスクールをご紹介します。

自宅の近くに教室がない場合や、送迎が難しい場合は、タブレットや通信教育もおすすめです。

 

おすすめのプログラミング教室

  • IT×ものづくり教室【LITALICOワンダー】(教室は関東地区のみ)

娘が年長で体験授業を受けました。

すぐに答えを教えるのではなく自分で創意工夫を促す方針がとても気に入りました。

 

体験記はこちらの記事をご覧ください。

ワニ

プログラミング教室「LITALICOワンダー」おすすめの理由と体験授業の評判

 

  • ヒューマンキッズサイエンスのロボット教室&プログラミング教室(全国展開)

全国に多数の教室を抱えるヒューマンキッズサイエンス。

ご自宅の近くにもあるかもしれません。

自宅学習でおすすめの講座・教材

すぐ飽きて動き回る下の子を連れての送迎がネックの我が家。

自宅で学習ができるのはとても魅力的です。

自宅で学習ができるプログラミング講座を集めてみました。

 

  • スマイルゼミ小学生コース(タブレット学習)

タブレット学習で人気のスマイルゼミですが、実はプログラミングも学べるってご存じでしたか?

小学生コースでは、国語・算数・英語と言った教科に加えて、1年生からプログラミングが学べますので、気軽にプログラミングを体験させるには最適です。

プログラミング教室に通うとなるとお値段もそれなりにしますが、スマイルゼミはプログラミング用の追加料金がないのが嬉しいですね。

 

スマイルゼミへのお得な入会方法は、以下のブログで紹介されているので要チェックです!

【キャンペーンコード特典&裏技あり】スマイルゼミにクーポンでお得に入会する方法

 

 

  • Z会のプログラミング教室(通信教育)

Z会のプログラミング教室は、自宅でレゴとテキストを使って学習を進めます。

学齢に沿った取り組みやすさを考えて、「基礎編」「標準編」「発展編」の3段階の教材が用意されています。

通信教育のデメリットとしては、そばに先生がついていていつでも質問できるわけではないため、小さいいうちは親がサポートする必要があります。

 

  • DSCHOOL(オンライン講座)

最近話題になっているのがオンラインで学習をすすめられるDSCHOOLです。

個別でのオンライン指導サービスも始まったため、自宅学習で子供がつまずいてしまうというデメリットも回避することができますよ。

しかも!

DSCHOOLにはプログラミングと英語を同時に学ぶことができるコースもあるんです。

こちらは値段もお手頃です。

 

オンラインで14日間の無料体験が受けられるので、試してみたいですね。

 

プログラミングを体験してみよう

学校でも必須科目となるプログラミング。

いざ学校で始まったときにお子さんがつまずいてしまわないよう少しでも慣れておくといいのではないでしょうか。

また、親御さんが自分では教えてあげられないという不安もありますよね。

そこはやっぱりプログラミングのプロに教えてもらうのが一番です。

まずは資料請求や体験講座を受けてみてください。

●息子がぐんぐん英語を吸収した幼児のおすすめ英語アプリは楽天 ABCmouse
ABCマウスの詳細レビューはこちら

●サンプル動画がおすすめの英語DVD「ミライコイングリッシュ
ミライコイングリッシュの詳細記事はこちら

セブ島・フィリピン親子留学、マイルで子連れ旅行についてもっと知りたい?

友だち追加

LINEでブログ更新情報をお知らせします。親子留学の無料相談もこちらからどうぞ。