英語のプロ集団が教えるQQキッズ➡ここをクリック>>

Switchのソフトで英検勉強!「英検スマート対策」の口コミ

当ページのリンクには広告が含まれています。

英検試験対策ができる対応したニンテンドースイッチ(Switch)のソフトが発売されました!英検5級から1級まで対応していますので、大人も子供も長く使えてかなりコスパのいい商品です。

モモシロ

机に向かわずにゲーム機で英検勉強ができるのでがいいですね。

この記事では、Nintendo Switchの英検対策ソフト「英検スマート対策」について紹介します。

結論からいうと、英検スマート対策は合計4万円以上の旺文社の英検テキストが収録されているのに、価格がその10分の1程度なのでかなりお得度が高いです。

我が家も発売日に購入し、小学生の子供が英検のために使用しました(後日英検準2級に合格!)。実際に使ってみての懸念事項など、正直な感想をお伝えします。

2次試験対策にはオンライン英会話の英検対策コースもおすすめです

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

このブログ記事を書いた人
モモシロ
目次

ニンテンドースイッチ(Switch)の英検対策ソフト「英検スマート対策」とは

ニンテンドースイッチの「英検スマート対策」は、旺文社の英検テキストをSwitchで学習できるソフトです。英検公式サイトでも紹介されていますよ。ゲーム機を使っての学習なら、勉強嫌いの子供でも嫌がらす取り組んでくれそうですよね!

モモシロ

うちは子供がメインで使用しましたがもちろん大人も使えます。子供向けというわけではありませんので、家族で使うことができますよ。

英検対策の書籍で定評のある旺文社が発行する「英検®過去全問題集」や「英検®でる順パス単」等、28 冊分のコンテンツを収録した英検対策ソフトです。
英検で出題される問題のうち「リーディング」「リスニング」に特化し、「ドリル」や「模擬検定」を通して実際の問題に触れることで実践学習に活用できる他、毎日の英語学習として語彙力を鍛えることもできます。

販売元イマジニアのニュースリリース

旺文社の人気問題集や過去問が多数収録されているのが魅力です。

英検スマート対策の基本内容は以下になります。

商品名:英検®スマート対策
対応機種:Nintendo Switch
価格:4,378円(税込)
発売予定日:2022年12月8日(木)
ジャンル:学習・トレーニング
プレイ人数:1人(セーブデータ1)
発売元:イマジニア株式会社
対象年齢:全年齢
公式サイト:https://eiken-smart.kentei.bz/

同時にプレイできるのは1名と書かれていますが、複数IDでの使用は可能です。親子・兄弟など交代で使うことができます。

ニンテンドースイッチ(Switch)「英検スマート対策」はどんな人におすすめ?

英検スマート対策は、次のような方にはとってもおすすめです。

  • 机に向かっての勉強ではなく、ゲーム感覚で英検取得を目指したい
  • リーディングとリスニングを重点的に学習したい
  • 4級、5級などからスタートして上のレベルを目指していく
  • 親子や兄弟で英検に挑戦する

そして何より、ニンテンドースイッチを持っている人、ですね。

うちにはSwitchがないので、このソフトのためだけにSwitchを購入するのもね…。

料金的な面で言うと、4級、5級などからスタートして上を目指していく場合はかなり長く使えますので、思い切って本体を購入してでも利用する価値があると思います。、親子や兄弟などで英検に挑戦する場合も、ソフト1つで対応できるのでお得になります。

要するに、利用する人数が多かったり、長期間にわたってたくさんの級を学習する場合はスイッチの購入代金を加味しても購入する意味はあるとは思いますが、結局紙のほうが使い勝手がいいと感じるかもしれないので難しいですね。

単発での受験を想定している場合、たとえば英検2級を目指していて、2級に合格したら次の級は受験しなくてもいいという人は、わざわざ本体を購入してまでソフトを使うほどのメリットはなさそうです。

2024年度から英検の問題形式が変わるので、今購入しても役立たなくなっちゃう?

2024年から英検3級以上の出題形式が変わりますが、大きな変更はライティングの出題数が増えることです。英検スマート対策にはライティングは含まれていませんのでライティングの変更に関しては影響はありません。

また、英検準2級以上は語彙問題・長文問題の設問数が削減されますが、これも設問の数が変わるだけなので影響はないと考えていいでしょう。

英検対策コースあり!子供でも基礎から学べるオンライン英会話

ニンテンドースイッチ(Switch)の英検スマート対策の収録テキスト

Switchの英検ソフトに収録されているテキスト一覧
引用元:販売元イマジニアのニュースリリース

英検スマート対策には旺文社の市販テキストが収録されています。以下の各シリーズで1級~5級すべて網羅されています。ソフトの料金4000円程度なのに、これだけたくさんの英検テキストが収録されているとは驚きです。

英検過去6回全問題集1級2970円
準1級2310円
2級1760円
準2級1650円
3級1540円
4級1430円
5級1320円
英検でる順パス単語1級1980円
準1級1815円
2級1485円
準2級1375円
3級1265円
4級1155円
5級1100円
英検集中ゼミ1級2310円
準1級1815円
2級1595円
準2級1430円
3級1320円
4級1210円
5級990円
英検予想問題ドリル1級2200円
準1級1760円
2級1540円
準2級1375円
3級1265円
4級1155円
5級990円
※ライティング・スピーキング問題は収録されていません
モモシロ

一部収録されていない内容もある(後述)とはいえ、定価でテキストを購入すると全部で4万4410円相当になりますのでかなりお得ですよね!

複数の級を使うことでお得感はどんどんアップします。評判の高い旺文社の英文テキストを各級で4冊みっちり学習できるのもいいですね。

ニンテンドースイッチ(Switch)「英検スマート対策」ソフトのよいところ

実際に大人の私と子供が英検スマート対策を使ってみてよいと思ったのは以下のとおりです。

  • 取り組みが記録される
  • リスニング対策が便利
  • 気軽に取り組める

ひとつずつ説明します。

取り組みが記録される

英検スマート対策では、取り組み状況や進捗が記録されます。

こちらは実際の画面です。

各分野でどこまで進んだかがわかるのはいいですね。ただし、成績情報は記録されません。

リスニング対策が便利

市販のテキストですとリスニング問題にはCDが付いていたり、音声をダウンロードできたりします。ただCDをプレイヤーにセットしたり、音源をデータ化するのは結構面倒くさいですよね。

英検スマート対策だと、解答中に画面右上にあるスピーカーのアイコンをタップするかRボタンを押すだけで音声を再生することができます。解説ページでもその場ですぐ再生できるので簡単でした

英検5級のリスニング問題

移動中や外出先でもイヤフォンを使ってリスニングの学習ができます。CDだと面倒なリスニング音を再生する手間が省けるのは大きなメリットだと思いました。

モモシロ

リスニングが苦手でしっかりやりこみたい方には最適です。

また、リスニング問題だけでなく英単語カードでもスピーカーのアイコンがあります。アイコンを押すとその場で発音を確認できるのですごく便利だと思いました。

英検5級の英単語カード
モモシロ

紙のテキストと同じように赤いフィルムを動かして訳の部分が隠せるのが面白いです。

机に向かわずとも気軽に取り組める

大人でも子供でも、机に長時間座って学習をするのは苦痛なことがありますよね。Switchですと気軽に取り組めますし、子供も抵抗なくやってくれています。

「毎日英トレ」というセクションは、ランダムに出題される問題を短時間で解くことができます。1回の問題数は、5分程度で終わるものと15分程度のものから選ぶことができます。

やる気がないときや時間がないときに英トレだけでもやるようにするなど、コツコツ積み重ねるのに有効です。

スイッチの英検ソフトの画面
モモシロ

毎日英トレを継続し、余裕がある時は苦手分野を集中してやるなど使い分けができますね。

また、スイッチだと持ち歩きもできますから、ちょっとした待ち時間に気軽に取り組めます。学習に取り組むまでのハードルが低いので、継続しやすいのではないかと思いました。

英検対策コースあり!子供でも基礎から学べるオンライン英会話

ニンテンドースイッチ(Switch)「英検スマート対策」ソフトで気になったところ

実際に使ってみて気になった点についても挙げてみます。

  • スピーキング・ライティング対策はできない
  • 読み仮名なし
  • 紙じゃないと解きにくい問題がある
  • 1問回答するごとに採点されてしまう
  • 点数は履歴として残らない

スピーキング・ライティング対策はできない

「英検スマート対策」に収録されているのはリーディングとリスニングだけです。3級から加わる「ライティング」や2次試験の「スピーキング」の対策は別にしなくてはいけません。

読み仮名なし

実際の英検の試験問題には子供でも読めるよう読み仮名が振ってあります(3級まで)。しかし、このソフトでは問題や解説文には読み仮名はありませんでした。

4級の問題。日本語の文が出てくる場合は子供が漢字を読めない場合があります。

大人だったらまったく問題ありませんが、低年齢でまだ漢字をそれほど読めない子供が使う場合は注意が必要ですね。

モモシロ

大人が読み上げてあげるしかないですね。

紙じゃないと解きにくい問題がある

一部、紙ではなくてスイッチの限られた画面上だと問題を解きにくいと感じるものもありました。

たとえば、長文問題は画面をスクロールしないと全文を見ることができません。全体を見るためにはスクロールして下まで下げたり上に戻ったりしなくてはいけなくて多少不便でした。

英検準2級の長文問題。スクロールしないと下まで読めません。

また、紙と違って線を引きながら読むこともできませんし、最初に設問をひと通り確認した後に文章を読むということもできません。

さらに、子供がまだ操作に慣れていないせいか、問題の解答中に誤って次に進むボタンを押してしまうというミスが連発しました。

単語練習や穴埋め問題では気にならなかったのですが、長文問題とSwitchの相性はあまりよくなさそうです。

モモシロ

結局子供は解きやすい単語ばかりやっています。

また、4級と5級の語順を入れ替える問題も、画面上では解きにくそうでした。

5級の語順入れ替え問題

これも、頭の中で文章を考えるのではなく、紙の上で実際に空欄部分に該当する単語の番号を書いてみたりしたほうがやりやすい問題です。

1問回答するごとに採点されてしまう

問題を1問解くと、その場で正解・不正解が表示されます。模擬試験形式であっても1問ごとに正解・不正解が出てしまうんです。

長文読解など、複数の問題があるものは最初の問題が難しい場合にひとまず保留にして次に進み、あとから戻って解くということもありますよね。また、時間が余ったら見直したりもします。

英検スマート対策ソフトでは、出題順に回答しなくてはいけず、戻って直すことはできません。あくまでドリルという位置づけで考えるべきかもしれませんが、模擬試験や過去問では試験同様に取り組ませたいため、臨場感がなく残念に感じました。

点数は履歴として残らない

一部のメニューはカレンダーに取り組んだ日が記録されるのですが、正解率などの成績は記録されません。ドリルを終了するときに、その取り組んだ問題率と正解率は表示されますが記録としては残らないんです。そのため、どれくらい正解率が上がったを後から振り返って確認することはできません。

【口コミ】ニンテンドースイッチの英検スマート対策を実際に使ってみた様子

英検スマート対策を使った子供の様子をお伝えします。

正直言って、期待していたほどの食いつきではありませんでした。最初のうちは自分から積極的に使っていたのですが、2週間ほどでマンネリ化してしまったようです。

現在は声をかければやるものの、自分から積極的に取り組むことはあまりなくなっています。

まあ、いわゆる遊び系のゲームのような、やめられなくなるほどの食いつきや中毒性はないのは仕方ないのかもしれませんね。

それでも、声をかければ嫌がらずにやっています。英検勉強に取りかかるまでの時間が短くなり、勉強のハードルはぐっと下がりました。

モモシロ

ソファに寝っ転がりながらやったりしています。

そして、我が家では状況に応じてテレビに接続した状態で子供にプレイにしてもらっています。こうすることで親が家事をしながらも、子供の取り組みを確認できるので重宝しています。

「英検スマート対策」ソフトがおすすめの人

英検スマート対策をおすすめできるのは、次のような方です。

  • 机に向かっての勉強ではなく、ゲーム感覚で英検取得を目指したい
  • リーディングとリスニングを重点的に学習したい
  • 4級、5級などからスタートして上を目指していく
  • 親子や兄弟で英検に挑戦する

実際に使ってみて気になる点もいくつかありましたが、全体の感想としてはコスパが非常にいいソフトです!自宅で学習するなら市販テキストを何冊も買うよりも安いですし、苦手分野の問題を徹底的に解くといった使い方もできます。

気になった方は以下から購入できますので使ってみてくださいね。

2次試験対策にはオンライン英会話の英検対策コースもおすすめです

英検に必要な読解力を付けるなら英語多読レッスンがおすすめです

目次