おすすめの子供オンライン英会話「リップルキッズパーク」の教材とカリキュラムを紹介~6歳編~

こんにちは、モモシロ(@totovito)です。

我が家は6歳のりぃ子が、子ども向けオンライン英会話の「リップルキッズパーク」を利用しています。

週1回、25分ですが、毎回楽しみにしています。

 

モモシロ
それより回数が多いプランもありますが、我が家的には週1ペースくらいがちょうどいいと感じています。

 

 

今回は、使用教材とこの25分間でどのようにレッスンが進められるかについて説明します。

 

リップルキッズパークのコース

 

まずは、りぃ子がレッスンを受けているリップルキッズパークのコース内容について説明します。

画像はリップルキッズパークのサイトより引用

コース別レベル

 

リップルキッズパークでは、「通常コース」と「リップル英検コース」があります。

左の緑が「通常コース」で、市販の「Let’s Go」というテキストを使用します。

真ん中の赤で記された「リップル英検コース」では、オリジナルのテキストを使用します。

「英検」というとレベルが高いイメージですが、実用英語検定とは別のリップル独自の基準で級をわけているので、初心者でも取り組みやすいものです。

 

モモシロ

りぃ子は「通常コース」をずっと受けています。

テキストは「Let’s go 1」なのでレベル1ですね。

リップルキッズパークのレッスン内容の要望

レッスンの内容については、細かく要望を伝えることができます。

以下はりぃ子の要望です。

初心者の子であれば、最初は日本語を織り交ぜながら進めてもらった方がわかりやすいですし、実力アップを求めるなら、テキスト中心でじっくり教えてもらいたいですね。

うちは「楽しむこと」を重視しているので、ゲームや歌などを入れて欲しいという要望です。

テキストの進みは遅いですがゆっくりやっています。

 

リップルキッズパークの使用教材

「通常コース」の使用テキストは市販の「Let’s Go」というテキストを使用します。

これは、子ども向けの英語学習テキストとしては有名なもので、親子留学先の語学学校でも、このテキストを使っているところがありました。

テキストはAmazonなどで購入することもできますが、レッスン中は先生がテキストを画面で共有してくれて、カーソルで指しながら進めてくれるので手元になくても大丈夫です。

レッスン時間外に予習復習をする場合は、テキストがあるといいですね。

CD付きで2000円代とお手頃価格です。

この通常の「Let’s Go」にもフォニックスの内容は含まれているのですが、これとは別にフォニックス専用の「Let’s Go Phonics」というテキストも使用できます。

フォニックスが得意な先生を選んで、レッスンごとの要望欄にフォニックス希望と記入するとこのテキストを使用したレッスンを受けられます。

 

モモシロ

フォニックスレッスンを専門でやってくれるのは気になる~

うちも受講してみたいので、そのときはレポします♪

 

 

モモシロ
ちなみに2歳あーすけがレッスンを受けたときは、テキストさえも使わず、カードで遊びました。

 

リップルキッズパークのレッスンの流れ

 

ここまで書いてきたように、コースの内容やレッスン要望に応じて、レッスンの内容も変わってきます。

ご参考までに、「通常コース」で「レベル1」の6歳りぃ子が、25分間のレッスンがどのような流れで進められているかをご紹介します。

レッスンの流れ

りぃ子のレッスンは、毎回だいたいこのような流れになっています。

  • 最初の10分は「質問タイムや雑談」
  • その後の5~10分は「ゲームなど」
  • 残りの5~10分で「テキスト学習」

最初の10分は「質問タイムや雑談」

初めての先生の場合は、自己紹介がてら先生から質問があります。

年齢、好きな色、好きな食べ物、好きな動物など。

2回目以降の先生だと、今日は何したの?日本のお天気は?晩ご飯はもう食べた?何を食べたの?(りぃ子のレッスンの時間が、保育園から帰った後の夜になることが多いため)

などの質問があります。

そのやりとりの中で会話が弾んだときは10分をオーバーする場合もあります。

「挨拶不要なのですぐにテキスト学習に入りたい」と要望すれば、この時間も短縮できます。

 

その後の5~10分は「ゲームなど」

 

PC画面でゲームのサイトを共有し、先生と一緒にゲームをします。

プリンセスにドレスを選んでコーディネートしたり、トッピングを選んでピザを作ったり、すごろくのようなゲームをすることもあります。

 

残りの5~10分で「テキスト学習」

ゲームが一通り終わったら、ここでテキストに入ります。

うちの場合は楽しさ重視でゲームなどをやるために残り時間が少なくなり、2~3ページくらいしか進みません。

これも要望によってはテキスト中心にできます。

まだ初心者レベルなのでテキストの中身もイラストが中心で、わかりやすいです。

先生がわかりやすくリードしてくれるので、指示もちゃんと理解できているようです。

 

モモシロ
りぃ子があまりやる気がないときは、テキスト学習を省略してゲームだけにしてもらうなど、その時の状況によって柔軟に対応してもらっています。

 

リップルキッズパークのレッスンを続けてみて

6歳のりぃ子は、リップルキッズパークのレッスンを通して、英語力をつけるというよりも、「英語を使った先生とのコミュニケーション」をとても楽しんでいます。

特に、フィリピンで先生に会えたこともあり、親子留学から帰ってきてからは聞かれたことに答えるだけでなく、自分から積極的に発言する姿勢が見られるようになりました!

 

 

モモシロ

これからもモチベーション維持のために、レッスンを続けていこうと思います♪