フィリピン親子留学情報は別サイトに移動しましたここをクリック

小学生の英検付き添い体験談!当日の様子と注意することを詳しく解説

小学生の子供が先日英検4級を受験しました。保護者として英検の付き添いをしたのでその様子をお伝えします。

会場での親御さんの様子など、付き添い予定の方が事前に知っておくと参考になる内容を書いています。

モモシロ

子供は個人申し込みで本会場での受験でした。団体申し込みの準会場や、S-CBT受験の場合は異なる場合があります。

目次

英検の付き添いは何歳まで?

まず気になるのは、子供に付き添う場合は何歳までかということですよね。

英検公式サイトには特に年齢の制限はありませんでした。

保護者の方には、一次試験は「解答用紙の必要事項記入の代筆・補助」のために、試験開始5分前までの試験教室への入室を認めております。

英検公式サイトより

うちも小学3年生なので解答用紙の名前は自分で書けますし、果たして付き添うべきなのか迷いました。

実際に会場の様子を見ると、小学生まではほとんどの親御さんが会場内まで付き添っていました。

中学生は1人で来ている子もちらほら、といった感じでした。

当日朝:ヘルスチェックについて

コロナ対応として試験日の朝に検温をして、Webからヘルスチェックの登録をするよう求められました。

モモシロ

受験票にQRコードが記載されていました。

ヘルスチェックは子供だけではなく、同伴の保護者の分も必要です。

当日の体調や陽性者との接触があったかなどの質問に回答し、クリアすると受験が可能になります。

受験番号と名前を入れて登録し、登録画面のスクショまたは印刷した紙を会場で見せる必要があります。

英検ヘルスチェック画面
モモシロ

ヘルスチェックは自宅で済ませておくよう指示されていますが、万が一忘れてしまっても会場で紙に記入すればいいようです。

英検会場での付き添いについて

それでは実際に付き添いの保護者が英検会場に入室してから退出するまでの様子について説明します。

保護者シールが必要

会場にする際は付き添いの保護者であることを伝えてシールをもらう必要があります。

スタッフが腕に直接貼ってくれました。

お迎えの際は会場に入りませんので、シールは貼っていなくても大丈夫でした。

保護者用の席はなし

当然ですが受験者用の座席しかありませんので、親は子供が座っている側に立っている必要があります。

4級は中学生と小学生が同じくらい、プラス大人が少々といった割合で子供の受験者ばかりでした。

そのため、保護者もかなりいてずらっと立っていました。級が上がって大人の受験者が多くなると付き添いの保護者はちょっと目立つ存在になりそうだな、と思いました。

また、着席後に子供にテキストを音読させたり、問題を見ながら声を出して一緒に解いている親子もいました。これも子供の受験者が多い4級だからので気になりませんでしたが、級が上がれば迷惑行為になりかねません。

通行の邪魔にならないよう気を遣ったり、付き添いとしての行動には注意が必要だと感じました。

保護者は5分前まで同伴可能?

公式サイトには5分前まで付き添えるとありましたが、ほとんどの親御さんは子供が会場に着席してしばらくしたら退出していました。

特に年齢が高いお子さんの親御さんほど、子供の着席を確認した後すぐに出て行っていました。

今回はたまたまなのか、会場には解答用紙の入力補助が必要なほど小さなお子さんはほとんどいませんでしたので、5分前までずっといる保護者は少なそうでした。

モモシロ

うちは子供がスマホを持っていないので、ヘルスチェックの確認は私のスマホの画面を見せる必要がありました。試験管が順番に席を周り確認していたので、それを待って退出しました。

英検会場に保護者控え室はなし

以前は試験会場に用意されていた保護者控え室は今はありませんので、会場で待つことができません。

試験が終わるまで別の場所で待機をする必要があります。

一度退出した後は会場には入れませんので、子供と会場の外で待ち合わせ場所を決めておく必要があります。

保護者のお迎えについて

試験終了後の解散時間は会場などによってばらつきはありそうですが、うちの子の場合は試験終了予定時間の10分後くらいに出てきました。

試験終了後、回答用紙の回収・確認後解散になりましたが、子供に聞いたところ密を避けるため一斉解散ではなく列ごとに外に出るように指示があったそうです。

子供に英検を受けさせる場合の注意事項

最後に、実際に子供が英検を受験して感じた注意事項は以下になります。

  • 回答用紙の記名を練習しておく
  • HB鉛筆になれておく
  • 回答用紙に記入させておく
  • 持参したほうがいいもの

回答用紙の記名を練習しておく

うちはマークシート用紙への回答の記入に気を取られていて名前記入の部分に気が回っておらず、数日前に気がつきました

自宅番号の下4桁の記入欄があったり、生年月日を元号で入れるなど、慣れないと分からない部分があるので事前に必ず確認しましょう!

親が補助できることになっていますが、小学3年生だったので自分でやらせることにして事前に練習しました。

英検の公式サイトから各級のマークシートをダウンロードできます。

英検回答用紙

ダウンロードページ

受験票が届いたら、受験地番号はここ、個人番号(受験番号)はここに書いてマークするなど、一緒に照らし合わせて練習しました。

モモシロ

実際に記入させてみたら平成での生まれ年が間違えていました。

HB鉛筆になれておく

回答用紙のマークシートはHBが指定されていました。子供が小学校では2Bの鉛筆が指定されているのでHBになれておらず、これも事前に練習しました。

そして失敗したと思ったことがあります。英検用に子供にHB鉛筆を購入したのですが、かわいい鉛筆がいいと言われてキャラクターのものを選んだんです。

しかしこれが六角鉛筆ではなくて丸い鉛筆でした。転がりやすく机から落ちてしまうんじゃないかと心配になってしまいました。

モモシロ

買う前に気がつくべきでした…。

子供がこの鉛筆で受けると言い張ったので、家にある六角鉛筆も混ぜて机に置くように説得しました。

回答用紙に記入させておく

合否発表までは2週間ほどかかりますが、英検は翌日にはネット上で回答が発表されます。子供に問題用紙の回答に丸を付けておくよう伝えておくと自己採点することができます。

練習のときから問題用紙に丸を付けさせるようにしておくといいです。

番号をメモしておくとマークシートの記入のズレに気がつきやすいですしすぐ修正できます。

持参した方がいいもの

持ち物については英検の受験票に書いてありますが、それ以外に持っていくといいと思ったものを書いておきます。

おさらいのテキスト

入場開始してから実際に試験が始まるまでにかなり時間があります。おトイレにいったりなどの時間を加味しても待ち時間があります。

机のものをしまうように指示があるまでの時間は、ほぼみなさん英検のテキストを読んでいました。

子供には文法についてまとまられたテキストを持たせましたが、他にやることがないのでじっくり読んでいました。

小さい子は座布団

英検の公式サイトにも「必要に応じて座布団などを持参すると良い」と書いてありました。

うちは必要ないかなと思ったのですが、実際に着席したときにイスが低くテーブルが高いと言い出しました。

受験に影響があるほどではなく、本人も大丈夫とのことでしたが、どんな会場か分からなくて心配な場合は、念のために高さ調整のクッションなどを持参するといいと思いました。

必要なければ親が持って出ればいいですしね。

モモシロ

帰る際に忘れないように子供にいっておく必要がありますけどね。

子供の初めての英検受験は親もドキドキするものですね。

試験が始まったら親ができることはありませんが、本人が力を発揮できるようできる範囲でサポートしていきましょう。

多読で英検の力を付けるなら

子供はオンライン英会話のマジックキーで英検のリーディングパートに必要な語彙力・文法力・読解力を身につけました!月1回の学習相談やORC利用料も含まれています。

目次
閉じる